メインメニューを開く

コーカサス山脈(コーカサスさんみゃく)は、黒海からカスピ海まで東西に走る山脈である。ロシア語からカフカース山脈ともよばれる。ロシアでは大カフカース山脈Большой Кавказ)と呼び、南の小カフカース山脈Малый Кавказ)と区別している。

コーカサス山脈
Kaukasus.jpg
コーカサス山脈の衛星写真
左は黒海、右はカスピ海
所在地 ロシアの旗 ロシア
ジョージア (国)の旗 ジョージア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
アルメニアの旗 アルメニア
位置 北緯42度30分0秒 東経45度0分0秒 / 北緯42.50000度 東経45.00000度 / 42.50000; 45.00000座標: 北緯42度30分0秒 東経45度0分0秒 / 北緯42.50000度 東経45.00000度 / 42.50000; 45.00000
最高峰 エルブルス山 (5,642m)
延長 1,200km
160km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ギリシア神話では、コーカサスは世界を支える柱のうちの一つでゼウスプロメーテウスを鎖で繋いだ場所でもある。

アラビアプレートが北上した結果、作られた造山帯である。

大コーカサス(カフカース)山脈編集

ウラル山脈、カスピ海とともにアジアヨーロッパの境をなす。山脈の北は北コーカサス地方とよばれロシア連邦領、南は南コーカサス地方とよばれジョージアアゼルバイジャンの領土である。西側にヨーロッパ最高峰エルブルス山(5,642m)やカズベク山(5,033m)などの高峰が集まる。アルプス・ヒマラヤ造山帯に含まれる新期造山帯である。

小コーカサス(カフカース)山脈編集

アルメニア北部を通る山脈で、カピジク山(3,904m)が最高峰。ただし、やや南にあるアラガツ山(4,090m)やアララト山(5,165m)も小コーカサスに含めることがある。

コーカサス山脈と周辺の有名な山編集

以下の山は国境問題などで名称や国名が変わる可能性がある。

名前 標高 (m) プロミネンス (m) 備考
エルブルス山 5,642 4,741 ロシア ヨーロッパ最高峰
ディフタウ 5,205 2,002 ロシア
シュハラ山 5,201 1,365 ジョージア/ロシア
Koshtan-Tau 5,152 822 ロシア
Janga (Dzhangi-Tau) 5,059 300 ジョージア/ロシア
カズベク山 5,047 2,353 ジョージア
Pushkin 5,033 110 ジョージア/ロシア
Katyn-Tau 4,979 240 ジョージア/ロシア
Kukurtlu Dome 4,978 18 ロシア
Gistola 4,860 320 ジョージア
Shota Rustaveli 4,860 c.50 ジョージア/ロシア
Tetnuldi 4,858 672 ジョージア
Dzhimara (Jimari) 4,780 840 ジョージア/ロシア
Ushba 4,710 1,143 ジョージア
Dumala-Tau 4,682 332 ロシア
Gora Uilpata 4,649 1300 ロシア
Tikhtengen 4,618 768 ジョージア/ロシア
Ailama 4,547 1,067 ジョージア
Tiutiun-Tau 4,540 380 ロシア
Jailik 4,533 926 ロシア
Salinan 4,508 621 ロシア
Tebulosmta 4,499 2,145 ジョージア/ロシア
バザルデュジ山 4,466 2,454 アゼルバイジャン アゼルバイジャン最高峰
Gora Shan 4,451 1,775 ロシア / ジョージア
Tepli 4,431 1,144 ロシア
Diklo 4,285 843 ジョージア
Mount Shahdagh 4,243 1,102 アゼルバイジャン
Gora Addala Shukgelmezr 4,152 1,792 ロシア
Gora Dyultydag 4,127 1,834 ロシア
アラガツ山 4,090 2,143 アルメニア 成層火山
Tskhouk-KarckarもしくはQarqar 3000 - - 火山。最後の噴火は3000 BC
PorakもしくはAxarbaxar 2800 - - 火山。最後の噴火は778 BC
Böyük İşıqlı 3552 - - 火山。
  • アララト山 -コーカサス山脈の南にある『旧約聖書』でノアの箱舟がたどり着いたという山。国境問題・宗教問題を抱える。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集