メインメニューを開く

カリッド・ヤファイKhalid Yafaiアラビア語: خالد يافعي‎、男性、1989年6月11日 - )は、イギリスプロボクサーバーミンガム出身。現WBA世界スーパーフライ級王者。エディー・ハーンのマッチルーム・スポルト所属。

カリッド・ヤファイ
Khalid Yafai 2015.png
基本情報
本名 カリッド・ヤファイ
通称 Kal
階級 スーパーフライ級
身長 163cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1989-06-11) 1989年6月11日(30歳)
出身地 バーミンガム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 25
KO勝ち 15
敗け 0
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 ボクシング
ヨーロッパアマチュアボクシング選手権
2010年モスクワ フライ級

来歴編集

アマチュア時代編集

憧れはナジーム・ハメド [1]

2005年に2005・ジュニア・スポーツ・オブ・ザ・イヤーを受賞した[2]

2008年中華人民共和国北京で開催された北京オリンピックにフライ級(51kg)で出場し1回戦で敗退した[3]

2009年イタリアミラノで開催された2009年世界ボクシング選手権大会にフライ級(51kg)で出場し準々決勝で敗退した[4]

2012年にプロに転向した。

プロ時代編集

2012年7月7日、シェフィールドモーターポイント・アリーナでプロデビュー(2回終了時棄権)。

2014年5月21日、リーズファースト・ディレクト・アリーナでヤクブ・カリームとコモンウェルスイギリス連邦スーパーフライ級王座決定戦を行い、3回30秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年9月20日、ウェンブリー・アリーナでヘラルド・モリーナとIBFインターコンチネンタルスーパーフライ級王座決定戦を行い、2回1分50秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年11月15日、ダブリン3アリーナでエバース・ブリセロと対戦し12回3-0(119-106、118-105、120-104)の判定勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した[5]

2015年10月17日、バーミンガムのバークレイカード・アリーナでBBBofC英国スーパーフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が120-107、119-108)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2016年3月5日、バーミンガムのゲンティング・アリーナでディクソン・フローレスとWBAインターコンチネンタルスーパーフライ級王座決定戦を行い、初回1分49秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

2016年12月10日、マンチェスター・アリーナでWBA世界スーパーフライ級王者のルイス・コンセプシオンと対戦する予定だったが、前日計量でコンセプシオンがスーパーフライ級の規定体重である115ポンドを2.4ポンド(1.08kg)超過し王座を剥奪された為、コンセプシオンが勝てば王座は空位となりヤファイが勝てば新王者となる条件で試合は行われ、12回3-0(2者が120-108、117-110)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7][8][9]2017年1月8日、WBAの2016年12月度の月間優秀選手賞に選出された[10][11]

2017年5月13日、バーミンガムバークレイカード・アリーナで元日本フライ級王者でWBA世界スーパーフライ級10位の村中優と対戦し、12回3-0(118-108、119-107×2)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[12][13][14]

2017年6月17日、WBAの2017年5月度の月間優秀選手賞に選出された[15][16][17]

2017年10月28日、カーディフプリンシパリティ・スタジアムで元日本スーパーフライ級王者でWBA世界スーパーフライ級1位の石田匠と対戦し、12回3-0(118-110、116-112×2)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[18][19]

2018年5月26日、カリフォルニア州フレズノセーブ・マート・センターにて、WBA世界スーパーフライ級10位でWBCラテンアメリカバンタム級王者のデビッド・カルモナと対戦し、3度目の防衛を目指す予定だったが、カルモナが25日に行われた前日計量において、スーパーフライ級の規定体重である115ポンドを3.6ポンド(1.63kg)体重超過した為、一旦は王座が懸けられないノンタイトル戦に変更されると発表があるも[20][21]、防衛戦として行われカルモナが7回終了時に棄権した為、3度目の防衛に成功した[22][23][24]

獲得タイトル編集

  • コモンウェルスイギリス連邦スーパーフライ級王座
  • IBFインターコンチネンタルスーパーフライ級王座
  • BBBofC英国スーパーフライ級王座
  • WBAインターコンチネンタルスーパーフライ級
  • WBA世界スーパーフライ級王座(防衛3)

脚注編集

  1. ^ Beijing Olympics: British Boxing's 2008 class The Telegraph 2008年8月7日
  2. ^ Sports Awards 2005 BBC 2005年12月5日
  3. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2018年6月30日閲覧。
  4. ^ 15.World Championships - Milan, Italy - September 1-12 2009”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2018年6月30日閲覧。
  5. ^ Heiland knocks out Macklin in Dublin, Ireland Fightnews.com 2014年11月15日
  6. ^ Kal Yafai beats Dixon Flores in first round to secure WBA super-flyweight title shot BBC 2016年3月6日
  7. ^ Quigg stops Cayetano; Yafai beats Concepcion to claim WBA superfly belt Fightnews.com 2016年11月10日
  8. ^ Yafai Defeats Concepcion to Win Vacant WBA Title WBA公式サイト 2016年12月11日
  9. ^ ジョシュアがクチリコ戦へ、ヤファイWBA・SF級王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月11日
  10. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年1月8日
  11. ^ WBA&IBF最新ランキング、井上尚&八重樫TV情報 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月9日
  12. ^ Yafai beats Muranaka, retains WBA superfly title Fightnews.com 2017年5月13日
  13. ^ Yafai gave Muranaka a lesson and is still WBA Super Flyweight Champion WBA公式サイト 2017年5月14日
  14. ^ 村中優の王座獲得ならず、ヤファイに大差判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月14日
  15. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年6月17日
  16. ^ May WBA ranking published WBA公式サイト 2017年6月19日
  17. ^ 黒田と小浦がWBAランク入り、再戦指示の村田は1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月20日
  18. ^ Yafai retains WBA superfly belt Fightnews.com 2017年10月28日
  19. ^ 石田匠の奪取ならず ヤファイに0-3判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月29日
  20. ^ アンカハスがV5戦 ヤファイvsカルモナは無冠戦に Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月26日
  21. ^ Weigh-in: Ancajas-Sultan set, Carmona heavy for Yafai bout”. Bad Left Hook (2018年5月24日). 2018年6月26日閲覧。
  22. ^ Yafai stops Carmona, retains WBA 115lb title FightNews.com 2018年5月26日
  23. ^ Kal Yafai Drops, Stops David Carmona in Seven Rounds BoxingScene.com 2018年5月26日
  24. ^ アンカハスがIBF・SF級V5 同胞スルタンに大差判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月27日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ルイス・コンセプシオン
WBA世界スーパーフライ級王者

2016年12月10日 – 現在

次王者
N/A