カリル・ラウントリー・ジュニア

カリル・ラウントリー・ジュニアKhalil Rountree Jr.1990年2月26日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州ロサンゼルス出身。タイガームエタイ/シンジケートMMA所属。UFC世界ライトヘビー級ランキング8位

カリル・ラウントリー・ジュニア
2016年
本名 カリル・イブン・ラウントリー・ジュニア
(Khalil Ibn Rountree Jr.)
生年月日 (1990-02-26) 1990年2月26日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
通称 ザ・ウォー・ホース
(The War Horse)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 185 cm (6 ft 1 in)
体重 93 kg (205 lb)
階級 ミドル級
ライトヘビー級
リーチ 194 cm (76 in)
スタイル 総合格闘技
スタンス サウスポー
拠点 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
チーム タイガームエタイ
シンジケートMMA
現役期間 2010年 -
総合格闘技記録
試合数19
勝利13
ノックアウト9
判定4
敗戦5
ノックアウト2
タップアウト1
判定2
無効試合1
アマチュア総合格闘技記録
試合数7
勝利6
ノックアウト1
タップアウト1
敗戦1
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG
テンプレートを表示

来歴

編集

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ育つ。父親はボーイズIIメンのツアーマネージャーであり、ラウントリーが2歳の時に強盗犯に射殺されている。青年時代は不摂生で体重が300ポンド(136kg)まで増加したが、テレビでリアリティ番組The Ultimate Fighter」を観て総合格闘技に興味を持ち、ダイエットのためにヴァンダレイ・シウバが主宰するヴァンジ・ファイトチームで総合格闘技のトレーニングを始めた。2011年にアマチュア総合格闘技デビューし、2014年にプロ総合格闘技デビュー。

The Ultimate Fighter

編集

2016年5月、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン23に参加し、ヨアナ・イェンジェイチック率いるチーム・ヨアナに所属。ライトヘビー級トーナメント1回戦でモハメド・デリースと対戦し、2RTKO勝ち。準々決勝でコーリー・ヘンドリックスと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本負けを喫したが、ヘンドリックスが首の怪我で準決勝から辞退したためラウントリーが代役に抜擢された。準決勝でジョシュ・スタンブリーと対戦し、1RTKO勝ちを収め決勝進出を果たした。

2016年7月8日、The Ultimate Fighter 23 Finaleのライトヘビー級トーナメント決勝でアンドリュー・サンチェスと対戦し、0-3の判定負け。

2018年7月6日、UFC 226で元GLORY世界ライトヘビー級王者グーカン・サキ対戦し、左ストレートでダウンを奪いパウンドで1RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[1]

2019年、ムエタイのスキルを磨くためにタイタイガームエタイに移籍した。

2022年3月12日、UFC Fight Night: Santos vs. Ankalaevでカール・ロバーソンと対戦し、右フックで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[2]

2022年10月29日、UFC Fight Night: Kattar vs. Allenでライトヘビー級ランキング13位のダスティン・ジャコビーと対戦し、2-1の判定勝ち[3]

2023年8月12日、UFC on ESPN: Luque vs. dos Anjosクリス・ドーカスと対戦し、左ストレートでダウンを奪いパウンドで1RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2023年12月9日、UFC Fight Night: Song vs. Gutiérrezでライトヘビー級ランキング8位のアンソニー・スミスと対戦し、右アッパーと左フックのコンビネーションで3RTKO勝ち。2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2024年6月29日、UFC 303でライトヘビー級ランキング3位の元UFC世界ライトヘビー級王者ジャマール・ヒルと対戦予定であったが、ラウントリーが禁止薬物デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)が混合されたサプリメントを誤って摂取したとUFCのアスリート・ヘルス・パフォーマンス・上級本部長ジェフ・ノヴィツキーに申告したため試合が中止となった。その後検査が行われ、5月4日に採取されたサンプルからDHEAの代謝物である5α-アンドロステンジオール5β-アンドロステンジオールアンドロステロンの陽性反応が検出された。UFCは「ラウントリーはコンバットスポーツ・アンチ・ドーピング(CSAD、UFCの社内アンチ・ドーピング・プログラム)にサプリメントの配送記録を提出し、サプリメントを受け取ったのは5月4日のサンプルを提出するわずか2日前の5月2日だった」と声明を発表し、またサプリメント会社のブランド・マーケティング・ディレクターが、ラウントリーにDHEAの混合サプリメントを事前の同意なしに送っていたことが明らかになり、サプリメント会社のオーナーは「このミスは当社の重大な見落としだった」と謝罪した。その後、CSADはラウントリーにサンプル採取日の5月4日から7月4日まで2カ月間の出場停止処分を科した[6]

戦績

編集

総合格闘技

編集
総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 9 0 4 0 0 1
5 2 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アンソニー・スミス 3R 0:56 TKO(左フック) UFC Fight Night: Song vs. Gutiérrez 2023年12月9日
クリス・ドーカス 1R 2:40 TKO(左ストレート→パウンド) UFC on ESPN 51: Luque vs. dos Anjos 2023年8月12日
ダスティン・ジャコビー 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Kattar vs. Allen 2022年10月29日
カール・ロバーソン 2R 0:25 TKO(右フック) UFC Fight Night: Santos vs. Ankalaev 2022年3月12日
モデスタス・ブカウスカス 2R 2:30 TKO(右関節蹴り) UFC Fight Night: Brunson vs. Till 2021年9月4日
× マルチン・プラフニオ 5分3R終了 判定0-3 UFC 257: Poirier vs. McGregor 2 2021年1月24日
× イオン・クテラバ 1R 2:35 TKO(グラウンドの肘打ち) UFC Fight Night: Hermansson vs. Cannonier 2019年9月28日
エリク・アンダース 5分3R終了 判定3-0 UFC 236: Holloway vs. Poirier 2 2019年4月13日
× ジョニー・ウォーカー 1R 1:57 KO(右肘打ち) UFC Fight Night: Magny vs. Ponzinibbio 2018年11月17日
グーカン・サキ 1R 1:36 TKO(左ストレート→パウンド) UFC 226: Miocic vs. Cormier 2018年7月7日
ミハル・オレクシェイチュク ノーコンテスト(オレクシェイチュクの薬物検査失格) UFC 219: Cyborg vs. Holm 2017年12月30日
ポール・クレイグ 1R 4:56 KO(左アッパー→パウンド) UFC Fight Night: Nelson vs. Ponzinibbio 2017年7月16日
ダニエル・ジョリー 1R 0:52 KO(膝蹴り) UFC Fight Night: Bermudez vs. Korean Zombie 2017年2月4日
× タイソン・ペドロ 3R 4:07 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Whittaker vs. Brunson 2016年11月26日
× アンドリュー・サンチェス 5分3R終了 判定0-3 The Ultimate Fighter 23 Finale
【ライトヘビー級トーナメント決勝】
2016年7月8日
ジャスティン・ポレンディ 1R 1:42 KO(パンチ) RFA 33 2015年12月11日
キャメロン・オルソン 5分3R終了 判定3-0 RFA 25 2015年4月10日
ブレイク・トループ 1R 0:39 KO(パンチ) RFA 21 2014年12月5日
リビングストン・ルコウ 5分3R終了 判定3-0 RFA 15 2014年6月6日

表彰

編集
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト (4回)

脚注

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集