エリク・アンダース

エリク・アンダースEryk Anders1987年4月12日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家フィリピンクラーク空軍基地出身。ファイト・レディMMA所属。元LFAミドル級王者。

エリク・アンダース
基本情報
本名 エリク・アンダース
(Eryk Anders)
通称 ヤー・ボーイ(Ya Boi)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1987-04-12) 1987年4月12日(34歳)
出身地 フィリピンの旗 フィリピン
ルソン島クラーク空軍基地[1]
所属 スパルタン・フィットネス
→ファイト・レディMMA
身長 185cm
体重 84kg
リーチ 191cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
バックボーン キックボクシング
ブラジリアン柔術 (茶帯)
総合格闘技戦績
総試合数 19
勝ち 14
KO勝ち 8
一本勝ち 1
判定勝ち 5
敗け 5
無効試合 1
テンプレートを表示

来歴編集

母親がアメリカ空軍で働いていたため、フィリピンクラーク空軍基地で生まれた[1]。少年時代は日本やアメリカの各州を転々とする生活を送ったが、高校生になるとテキサス州サンアントニオに移り住み、アメリカンフットボールに打ち込んだ[1]

高校卒業後はカレッジフットボールの強豪校アラバマ大学に進学し、ラインバッカーとして活躍[2]2009年BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームでは、7タックルと1サック、ファンブルフォースを奪い、勝利に貢献した[2]。大学卒業後、NFLクリーブランド・ブラウンズと契約して入団した。

2011年から総合格闘技のトレーニングを始め、2021年にアマチュアデビュー。アマチュアで13勝3敗1分けの戦績を残す。2015年にプロデビューを果たした[2]

Bellator編集

2016年10月21日、Bellator 162でブライアン・ホワイトと対戦。試合開始直後に左フックでダウンを奪い、わずか23秒でTKO勝ちを収めた。

LFA編集

2017年6月23日、LFA 14の初代ミドル級王座決定戦でブレンダン・アレンと対戦し、3-0の判定勝ち。王座獲得に成功した。

UFC編集

2017年7月22日、UFC on FOX 25でハファエル・ナタウと対戦。アレッシオ・デ・キリコの負傷欠場により、試合前週に急遽UFC初参戦が決まったが[3]、1Rに左ストレートでKO勝ちを収めた。

2018年2月3日、UFC Fight Night: Machida vs. Andersでミドル級ランキング13位のリョート・マチダと対戦し、1-2の5R判定負け。キャリア初黒星を喫した。

2018年8月25日、UFC Fight Night: Gaethje vs. Vickでティム・ウィリアムズと対戦し、3R終了間際に左ハイキックでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年9月22日、UFC Fight Night: Santos vs. Andersチアゴ・サントスと対戦。側頭部に肘打ちをもらい続け、3R終了時にアンダースが立ち上がれなかったため、レフェリーストップによるTKO負け。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年12月8日、UFC 231でミドル級ランキング14位のイライアス・テオドロウと対戦し、1-2の判定負け。

2019年6月29日、UFC on ESPN: Ngannou vs. dos Santosでヴィニシウス・モレイラと対戦し、左ストレートでダウンを奪い、パウンドで1RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績編集

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 8 1 5 0 0 1
5 1 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ダレン・スチュワート 5分3R終了 判定3-0 UFC 263: Adesanya vs. Vettori 2 2021年6月12日
ダレン・スチュワート 1R 4:37 ノーコンテスト(アンダースの反則の膝蹴り) UFC Fight Night: Edwards vs. Muhammad 2021年3月13日
× クリストフ・ヨトゥコ 5分3R終了 判定0-3 UFC on ESPN 8: Overeem vs. Harris 2020年5月16日
ジェラルド・マーシャート 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Joanna vs. Waterson 2019年10月12日
ヴィニシウス・モレイラ 1R 1:18 KO(左ストレート→パウンド) UFC on ESPN 3: Ngannou vs. dos Santos 2019年6月29日
× カリル・ラウントリー・ジュニア 5分3R終了 判定0-3 UFC 236: Holloway vs. Poirier 2 2019年4月13日
× イライアス・テオドロウ 5分3R終了 判定1-2 UFC 231: Holloway vs. Ortega 2018年12月8日
× チアゴ・サントス 3R 5:00 TKO(レフェリーストップ) UFC Fight Night: Santos vs. Anders 2018年9月22日
ティム・ウィリアムズ 3R 4:42 KO(左ハイキック) UFC Fight Night: Gaethje vs. Vick 2018年8月25日
× リョート・マチダ 5分5R 判定1-2 UFC Fight Night: Machida vs. Anders 2018年2月3日
マルクス・ペレス 5分3R 判定3-0 UFC Fight Night: Swanson vs. Ortega 2017年12月9日
ハファエル・ナタウ 1R 2:54 KO(左ストレート) UFC on FOX 25: Weidman vs. Gastelum 2017年7月22日
ブレンダン・アレン 5分5R 判定3-0 LFA 14: Allen vs. Anders
【LFAミドル級初代王座決定戦】
2017年6月23日
ジョン・カーク 1R 1:35 TKO(パウンド) LFA 6: Junior vs. Rodriguez 2017年3月10日
ブライアン・ホワイト 1R 0:23 TKO(左フック→パウンド) Bellator 162: Shlemenko vs. Grove 2016年10月21日
ジェシー・グラン 1R 3:18 TKO(パンチ連打) Valor Fights 37: Grun vs. Anders 2016年8月27日
デカイレ・サンダース 1R 0:33 リアネイキドチョーク V3 Fights: Sanders vs. Anders 2016年6月18日
ギャリック・ジェームズ 3R 4:07 TKO(パウンド) Strike Hard Productions 42 2016年5月14日
デマーカス・シャープ 5分3R 判定3-0 Southern Explosion 1 2015年10月10日
ジョシュ・ラズベリー 1R 0:40 TKO(左フック→パウンド) Strike Hard Productions 40 2015年8月22日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注編集

  1. ^ a b c Fight Path: Football at Alabama helped shape Eryk Anders' budding MMA career”. MMAjunkie (2013年10月31日). 2018年6月20日閲覧。(英語)
  2. ^ a b c エリク・アンダース”. UFC. 2018年6月20日閲覧。
  3. ^ Alessio Di Chirico out at UFC on FOX 25; LFA champ Eryk Anders to debut vs. Rafael Natal”. MMAjunkie (2017年7月13日). 2018年6月20日閲覧。(英語)

関連項目編集

外部リンク編集