メインメニューを開く

カルロ・ランバルディCarlo Rambaldi, 1925年9月15日 - 2012年8月10日[1])は、イタリア出身の視覚効果アーティストである。『エイリアン』(1979年)や『E.T.』(1982年)に参加し、アカデミー視覚効果賞を獲得した[2][3]

カルロ・ランバルディ
Carlo Rambaldi
Carlo Rambaldi
2010年
生年月日 (1925-09-15) 1925年9月15日
没年月日 (2012-08-10) 2012年8月10日(86歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 エミリア=ロマーニャ州ヴィガラーノ・マイナルダ
死没地 イタリアの旗 イタリア カラブリア州ラメーツィア・テルメ
活動内容 SFXVFX
テンプレートを表示

経歴編集

イタリア王国エミリア=ロマーニャ州ヴィガラーノ・マイナルダで生まれる。

視覚効果として参加した作品は『豪勇ペルシウス大反撃』(1963年)、『フランケンシュタイン80』(1972年)、『サスペリアPART2』(1975年)、『キングコング』(1976年)、『未知との遭遇』(1977年)、『吸血こうもり/ナイトウィング英語版』(1979年)、『エイリアン』(1979年)、『ポゼッション』(1981年)、『E.T.』(1982年)、『デューン/砂の惑星』(1984年)、『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』(1984年)、『キングコング2』(1986年)、『キャメロン英語版』(1988年)、『REX 恐竜物語』(1993年)など30作品以上に及ぶ。『E.T.』(1982年)と『エイリアン』(1979年)ではアカデミー視覚効果賞[2][3]、『キングコング』(1976年)ではアカデミー特別業績賞を受賞した[4]。息子の名前は、ヴィットリオ・ランバルディ。

2012年8月10日にカラブリア州ラメーツィア・テルメで亡くなった[5]

参考文献編集

外部リンク編集