カレル・ドールマン (統合支援艦)

カレル・ドールマン英語: HNLMS Karel Doorman)は、オランダ海軍の統合支援艦(Joint Logistiek Ondersteuningsschip: JLOS)。揚陸艦補給艦を兼務するものである[1]

カレル・ドールマン
HNLMS Karel Doorman, Starboard Bow, 04.09.2017.jpg
基本情報
建造所 ガラツィ 造船所, ルーマニア
艦種 統合支援艦(JLOS)
艦歴
発注 2009年
起工 2011年6月7日
進水 2012年10月17日
就役 2015年4月29日
要目
満載排水量 28,250 t
全長 204.7 m
最大幅 30.4 m
吃水 7.8 m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
主機 ・ディーゼル主発電機×4基
・ディーゼル非常発電機×1基
推進 スクリュープロペラ×2軸
出力 30,575馬力
速力 18ノット
航続距離 10,000海里 (15kt巡航時)
乗員 個艦乗員175名
兵装ゴールキーパー 30mmCIWS×2基
・マーリン 30mm機銃×2基
・HITROLE 12.7mmRWS×4基
7.62mm機銃×6挺
搭載艇 LCVP×2隻
搭載機NH90ヘリコプター×6機
または
CH-47ヘリコプター×2機
レーダー IM-400統合センサー・システム
テンプレートを表示

能力編集

補給機能編集

貨物庫1,000 m2、弾薬庫730 m2を確保し、貨油は8,700 m3を搭載可能である[2]。また一日あたり125 m3の造水能力を備えている[1]

洋上移送装置としては、上部構造物直後に門型ポスト1基を設置している[2]

病院船機能も充実しており、手術室2室とX線撮影装置のほか、MRI装置も搭載される[2]

輸送揚陸機能編集

2,350 m2の車両甲板を設置しており、100トンの耐荷重を備えたランプによってRO-RO機能を発揮できる[2]

固有の搭載艇として、ダビットに2隻のLCVPを搭載しているほか、艦尾の係留スペースや力量40トンのクレーンを用いて機動揚陸艇(LCM)への物資の搬出・搬入も可能である[1]

航空運用機能編集

後甲板はヘリコプター甲板とされており、長さ80×幅30 m、発着スポット2個を設定している。またハンガーは1,060 m2を確保した[2]

NH90ヘリコプター6機を搭載可能であり、またCH-47の運用にも対応している[2]

電子装備編集

センサーは、ホラント級哨戒艦でも採用されたIM-400統合センサー・システムが搭載される。これは下記の各種センサー等を統合している[3]

参考文献編集

  1. ^ a b c 大塚好古「注目の新型揚陸艦 (特集 世界の揚陸艦)」『世界の艦船』第792号、海人社、2014年2月、 88-93頁、 NAID 40019927939
  2. ^ a b c d e f Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 481. ISBN 978-1591149545. 
  3. ^ Thales Nederland B.V.. “IM 400 (PDF)” (英語). 2013年2月17日閲覧。
  4. ^ Thales Nederland B.V.. “SEA MASTER 400 (PDF)” (英語). 2013年2月17日閲覧。
  5. ^ Thales Nederland B.V.. “SEA WATCHER 100 (PDF)” (英語). 2013年2月17日閲覧。

関連項目編集

  ウィキメディア・コモンズには、カレル・ドールマン (統合支援艦)に関するカテゴリがあります。