カール・ギレンボリ伯爵(スウェーデン語: Carl Gyllenborg1679年3月7日 - 1746年12月9日)は、スウェーデンの政治家、作家。

カール・ギレンボリ
Carl Gyllenborg.JPG
ローレンツ・パシュによる肖像画
個人情報
生誕 (1679-03-07) 1679年3月7日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
死没 1746年12月9日(1746-12-09)(67歳)
スウェーデンの旗 スウェーデンウプサラ

生涯編集

ヤーコプ・ギレンボリスウェーデン語版伯爵の息子としてストックホルムで生まれた。

政治編集

大北方戦争のポーランド戦線で従軍した後、駐ロンドン公使になり、ジャコバイトサラ・ライト英語版と結婚した。1715年には全権公使に任命されたが、1717年にステュアート家の復位陰謀に加担したとして5か月間投獄された[1]。1723年にスウェーデンの国務大臣に任命され、1738年にはKanslipresidentに任命された(実質的には首相と外相の職務をこなした)。

彼は在職している間にハッタナ党英語版を結党した。しかしハット党は対露戦争をおこして大敗、ヴィボルグを失った[1]

学問編集

1711年、王立協会フェローに選出された[2]

ルンド大学学長(1728年)、ウプサラ大学学長(1739年)を歴任、著述家と美術のパトロンになり、詩をいくつか書いたとともにスウェーデン初の喜劇Den svenska Sprätthöken(1740年)を書いた。ほかにも『スウェーデンからの軍勢の支援を受け、国王陛下の領土で反乱を起こす計画に関する[...]手紙』(Letters . . . Relating to a Design to Raise a Rebellion on His Majesty's Dominions, to be Supported by a Force from Sweden)が1717年にフランス語と英語で出版された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c   Gilman, D. C.; Thurston, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "Gyllenborg, Karl" . New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead.
  2. ^ Fellow details”. Royal Society. 2017年1月22日閲覧。