ステュアート朝

スコットランド起源の王朝(1371年 - 1714年)
ステュアート家から転送)

ステュアート朝Stuart dynasty または Stewart dynasty)は、1371年から1714年まで続いたスコットランド起源の王朝1603年以後はイングランド国王を兼ねて同君連合体制となり、1707年グレートブリテン王国イギリス)を成立させた。「ステュアート」は、スコットランド語宮宰Steward of Scotland)に由来する。メアリー女王のとき綴りをStewartからStuartに改めた。

スコットランド王朝時代編集

存在が知られているステュアート家の最も古い祖先はフランスのブルターニュ地方のブリトン人小貴族フラールド(Flaald, ? - 1099年)で、孫のフラールド2世がヘンリー1世に従ってイングランドに移住した。その孫のウォルター・フィッツアラン(? - 1177年)は、イングランドの無政府時代モードを支持し、その叔父であるアサル家のスコットランド王デイヴィッド1世に仕えて王室執事長(Lord High Steward)に任命された。この地位は世襲され、ステュアートが家名となる。第6代執事長のウォルター・ステュアートがブルース家のロバート1世(母方の祖母マーガレットが第3代執事長ウォルター・ステュアートの娘である)の娘マージョリーと結婚したことによって、スコットランド王室に連なった。

1371年デイヴィッド2世が没してブルース家が断絶すると、ウォルターとマージョリーの息子ロバートがロバート2世として即位し、ステュアート朝が始まり、以降、ロバート3世からジェームズ6世まで、続いて計8人がスコットランド王として統治した。多くの王が幼少にして即位したこともあり、有力貴族間の政争や貴族との対立に巻き込まれ、王が殺害・連行される事態が相次いだ。対外的には、イングランドとはおおむね険悪な関係で、同盟国フランスを巻き込んでしばしば戦いがおこった。

王冠連合編集

イングランドからテューダー家ヘンリー7世の娘マーガレットジェームズ4世に嫁してジェームズ5世が生まれ、ステュアート家はイングランドの王位継承権を得た(ただし、ジェームズ4世の祖父ジェームズ2世はヘンリー7世の大おばジョーン・ボーフォートの子であり、すでにイングランド王家との血のつながりはあった)。

イングランドでエリザベス1世が即位すると、スコットランド女王メアリー(ジェームズ5世の長女)はエリザベスが庶出であるとしてイングランド王位を要求し、スコットランドとイングランドの関係は悪化した。嫡子のいなかったエリザベス1世の死後、メアリーの息子であるスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランド王位にも就き、アン女王の時代にグレートブリテン王国として統合されるまで、両国は共通の王と独自の政府・議会を持つ同君連合体制をとった。これをイギリス史では王冠連合 (Union of the Crownsと呼ぶ。

ジェームズ1世とその子チャールズ1世は、王権神授説を唱えて国王の絶対性を説き、議会と対立した。清教徒革命イングランド内戦)が起こるとチャールズ1世は処刑され、イングランドでは王制が廃止された。チャールズ2世王政復古を果たすが、ジェームズ7世/2世名誉革命カトリック王として追放された。後、ジャコバイトがジェームズ7世/2世やその長男の家系による王位の奪還を目指したものの、彼らが正式に王としてイングランド、スコットランドに迎えられることはなかった。イングランドとスコットランドの王位はチャールズ1世の孫に当たるウィリアム3世、およびジェームズ7世/2世の2人の娘によって継承され、アン女王の死後はジェームズ1世の曾孫に当たるブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯(ハノーファー選帝侯)ゲオルク・ルートヴィヒがグレートブリテンジョージ1世として迎えられてハノーヴァー朝が成立した。

なお、ピューリタン革命期にイングランドでは王のいない空位時代があったが、スコットランドでは王太子のチャールズ2世がただちに即位して空位時代はなかったとされる。

ステュアート家関連年表編集

歴代国王編集

スコットランド国王編集

スコットランドおよびイングランド国王編集

ジャコバイトの王編集

系図編集

スコットランド:ジェームズ6世まで編集

 
 
 
 
ウォルター1世・フィッツアラン
初代王室執事長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アラン・フィッツウォルター
第2代王室執事長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウォルター2世・ステュアート
第3代王室執事長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレグザンダー・ステュアート
第4代王室執事長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ・ステュアート
第5代王室執事長
 
ジョン・ステュアート・オブ・ボンキル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウォルター3世・ステュアート
第6代王室執事長
 
ステュアート・オブ・ダーンリー家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート2世
(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート3世
(2)
 
ロバート
オールバニ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デイヴィッド
ロスシー公
 
ジェームズ1世
(3)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ2世
(4)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ3世
(5)
 
アレグザンダー
オールバニ公
 
メアリー
ハミルトン卿夫人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ4世
(6)
 
ジョン
オールバニ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ5世
(7)
 
マーガレット・ダグラス
レノックス伯夫人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ
マリ伯
 
メアリー1世
(8)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ6世
(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

同君連合から合同まで編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェームズ6世
(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・フレデリック
 
エリザベス
プファルツ選帝侯妃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ1世
(10)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト
ハノーファー選帝侯
 
ゾフィー
 
チャールズ2世
(11)
 
メアリー・ヘンリエッタ
オラニエ公夫人
 
ジェームズ2世/7世
(12)
 
ヘンリー
グロスター公
 
ヘンリエッタ・アン
オルレアン公夫人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョージ1世
 
 
 
ジェームズ・スコット
モンマス公
 
ウィリアム3世/2世
(13)
 
メアリー2世
(13)
 
アン
(14)
 
ジェームズ
ジャコバイト王位請求者
 
ルイーザ・マリア・テレーザ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハノーヴァー朝へ王統移動
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ
ジャコバイト王位請求者
 
ヘンリー
ジャコバイト王位請求者
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ステュアート朝に関するカテゴリがあります。