メインメニューを開く

来歴編集

トゥーレ協会編集

ハラーは第一次世界大戦期にはトゥーレ協会の一員として、『フェルキッシャー・ベオバハター』のスポーツ・ジャーナリストを務めていた[1]。1918年3月に「よき講和のための労働者委員会」を設立した[2]。1918年10月、協会員のルドルフ・フォン・ゼボッテンドルフドイツ語版から、思想を労働者に広めるために11月、Politischer Arbeiter-Zirke(労働者政治サークル[2]、政治的労働者のサークル)を設立する任務を受け、同じく協会員のアントン・ドレクスラーと共に設立した[2][1][3]。サークルでは反ユダヤ主義民族主義を掲げ定期的な会合が開かれた[1]。ハラーはサークルを小規模な政治グループとして維持することを望んでいたが、これに対しドレクスラーはサークルを政党化することを主張した[1]

ドイツ労働者党編集

1918年12月、ドレクスラーは政党設立を提案し、最終的にハラー、ディートリヒ・エッカートゴットフリート・フェーダーも加わり、1919年1月5日にドイツ労働者党を結成した。結成時の党員は総勢24人で、ハラーは党議長に就任するが名誉職に過ぎず、実質的な権限は副議長のドレクスラーが握っていた[4][5]。初めはトゥーレ協会の指示に従って党を運営していたが、1919年9月に入党したアドルフ・ヒトラーは党勢を拡大することを主張し、ハラーは「誇大妄想」と批判してヒトラーと対立し始めた。

1920年初頭、ヒトラーはトゥーレ協会の指示から離れ党の綱領を策定することを求めるが、ハラーは綱領策定に反対しトゥーレ協会の指示を受けることを主張したため、1月5日にヒトラーとドレクスラーによって党を追放された[6]。ハラーの追放後、ドレクスラーが議長に就任し、フェーダーと共にヒトラーに協力して綱領を策定し、2月24日にミュンヘンビアホールホフブロイハウスで開催された党大会において25カ条綱領を発表し、党名も国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に改称された[7]。トゥーレ協会はナチ党の勢力拡大と共に影響力を失い、ナチ党の権力掌握後の1937年に解散した。

党追放後は目立った政治活動を行うこともなく、1926年9月5日にミュンヘンで死去した。

脚注編集

  1. ^ a b c d Kershaw 2008, p. 82.
  2. ^ a b c カーショー上巻,p.165.
  3. ^ Paul Hoser: Münchner Beobachter. In: Historisches Lexikon Bayerns
  4. ^ Kershaw 2008, pp. 82, 83.
  5. ^ Vgl. Ian Kershaw: Hitler. 1889–1936. Stuttgart 1998, S. 184.
  6. ^ Shirer, The Rise and Fall of the Third Reich, p. 36
  7. ^ Shirer, The Rise and Fall of the Third Reich, p. 37

参考文献編集

  • Goodrick-Clarke, Nicholas. 1985. The Occult Roots of Nazism: The Ariosophists of Austria and Germany 1890-1935. Wellingborough, England: The Aquarian Press. ISBN 0-85030-402-4.
  • Kershaw, Ian (2008). Hitler: A Biography. New York: W. W. Norton & Company. ISBN 978-0-393-06757-6. 
  • イアン・カーショー『ヒトラー(上)1889-1936 傲慢』石田勇治監修、川喜田敦子訳、白水社、2016年1月20日。ISBN 978-4560084489
  • Roger Repplinger: Karl Harrer. Wie die NSDAP den Gründer der DAP aus dem Gedächtnis löschte. In: Zeitschrift für Geschichtswissenschaft. 62 (2014), S. 997–1012.

関連項目編集