カール・フリードリヒ・クリスティアン・ファッシュ

カール・フリードリヒ・クリスティアン・ファッシュ(Carl Friedrich Christian Fasch, 1736年11月18日 - 1800年8月3日)は、ドイツ作曲家ハープシコード奏者。

カール・フリードリヒ・クリスティアン・ファッシュ
Carl Friedrich Christian Fasch
Carl-Friedrich-Christian-Fasch.jpeg
基本情報
生誕 1736年11月28日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ツェルプスト侯国英語版 ツェルプスト
死没 (1800-08-03) 1800年8月3日(63歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
ジャンル クラシック
職業 作曲家ハープシコード奏者
ファッシュ 胸像

生涯編集

ファッシュはツェルプスト英語版[注 1]で、作曲家のヨハン・フリードリヒ・ファッシュの息子として生まれた。教育は主に父から施された。1756年プロイセンフリードリヒ2世の宮中に仕えるようになり、そこで宮廷ハープシコード奏者をしていたC.P.E.バッハの代理となった。1767年にバッハが宮廷を去りハンブルクへと向かってからは、ファッシュがその後を引き継いだ[1]。彼は1791年ベルリン・ジングアカデミーを設立している[2]。この合唱団の演奏会では、ファッシュは大バッハや他のバロック時代の巨匠の音楽を推進し、また同時代の音楽も取り上げた。1796年にはベートーヴェンがアカデミーを訪問している。また、ファッシュはジングアカデミーのために多くの作品を作曲した。彼の「16声のミサ曲」はオルガンの通奏低音のみを伴った技巧的なミサ曲であり、18世紀終盤における合唱曲の傑作である[3]

ファッシュは1800年ベルリンで帰らぬ人となった。彼の墓地はハレシェス・トア駅[注 2]の南にあるイェルサレム教会[注 3]とドイツ教会[注 4]の第1墓地にプロテスタントの様式で残されている。彼の亡き後、アカデミーの指導者はカール・フリードリヒ・ツェルターに受け継がれた。

脚注編集

注釈

  1. ^ 訳注:ドイツ、ザクセン=アンハルト州の町。2007年の行政刷新までアンハルト=ツェルプスト郡の中心都市だった。
  2. ^ 訳注:ベルリン地下鉄の駅。(Hallesches Tor
  3. ^ 訳注:ベルリン、フリードリヒスハイン=クロイツベルク区の教会。様々な宗派に改宗されてきだが、1945年アメリカ陸軍航空軍の空爆で破壊された。(Jerusalem Church
  4. ^ 訳注:1708年完成、ベルリンの教会。イェルサレム教会の集会教区に属していた。(Deutscher Dom

出典

  1. ^ Barr, Raymond. "Fasch, Carl Friedrich Christian." In Grove Music Online.
  2. ^ Brown, A. Peter; Weber, William (June 1993). “Review of "The Rise of Musical Classics in Eighteenth-Century England: A Study in Canon, Ritual, and Ideology" by William Weber.”. The American Historical Review (American Historical Association) 98 (3): 871–872. doi:10.2307/2167608. JSTOR 2167608. 
  3. ^ Kelly, Ryan Michael. "Carl Friedrich Christian Fasch and His Mass for Sixteen Voices with Performance Edition." D.M.A. diss. Michigan State University, 2012..
  • Pulver, Jeffrey (September 1, 1912). “Music at the Court of Frederick the Great”. The Musical Times (Ann Arbor, Mich.: UMI) 53 (835): 600. doi:10.2307/907651. ISBN 0-8357-2330-5. JSTOR 907651. 

外部リンク編集