メインメニューを開く

ガスパール=ギュスターヴ・コリオリ

ガスパール=ギュスターヴ・コリオリ(Gaspard-Gustave Coriolis 1792年5月21日 - 1843年9月19日)は、 フランス生まれの物理学者数学者天文学者。回転座標系における慣性力の一種であるコリオリの力(転向力)を提唱した。力学における仕事運動エネルギーの概念を形成。1816年にエコール・ポリテクニークの講師となる。そこで摩擦や水力学の実験を行っていた。1829年にはエコール・サントラル・パリの教授となる。回転座標系における回転体の運動方程式を導いた論文を1831年に科学アカデミーに提出した。コリオリの力は彼の名にちなんで名づけられた。また、ナビエ・ストークス方程式から、コリオリ数と呼ばれる運動量補正係数を導出した。1836年には「一階線型常微分方程式を積分する機械装置」を設計したが、これは微分解析を機械化した最初の事例として知られる[1]。51歳でパリにて死去。

ガスパール=ギュスターヴ・コリオリ
Gaspard-Gustave de Coriolis.jpg
生誕 1792年5月21日
フランス王国の旗 フランス王国 パリ
死没 (1843-09-19) 1843年9月19日(51歳没)
フランスの旗 フランス王国 パリ
研究分野 物理学数学天文学
研究機関 エコール・ポリテクニーク
主な業績 コリオリの力
プロジェクト:人物伝

脚注編集

関連項目編集