ガブリエル=フランソワ・ドワイアン

ガブリエル=フランソワ・ドワイアン(Gabriel-François Doyen、1726年5月20日 - 1806年3月13日)はフランスの画家である。

略歴編集

パリで王室のタピシエ(tapissier)の息子に生まれた。宮廷画家のシャルル=アンドレ・ヴァン・ローの工房で働いた。1748年にローマ賞を受賞し、ローマに留学し、17世紀の盛期バロックのイタリアの画家たち、ドメニキーノピエトロ・ダ・コルトーナルカ・ジョルダーノたちの作品に学んだ。

1755年にパリに戻り、サロンに出展し名声を得た。1759年に王立絵画彫刻アカデミーの会員に選ばれ1767年に教授に任じられた。ドワイアンの指導を受けた画家にはギヨーム・ギヨン=ルティエールピエール=アンリ・ド・ヴァランシエンヌエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランらがいる。

フランス革命の混乱から逃れるために、以前からの招待を受けていたロシア皇帝、エカチェリーナ2世の勧めに従って、1791年にサンクトペテルブルクに移り、宮殿に住み、皇帝から報酬を受け取った。エカチェリーナ2世が亡くなった後もパーヴェル1世によって支援された。サンクトペテルブルクの冬宮殿やエルミタージュの宮殿の装飾画を描き、1798年から1801年までサンクトペテルブルク芸術アカデミーの教授を務めた。1806年にサンクトペテルブルクで亡くなった。

作品編集

参考文献編集

  • Marc Sandoz, Gabriel François Doyen, 1726 - 1806, Paris, Quatre chemins Editart, 1975.
  • Martine Herold, « À propos du Miracle des Ardens de Gabriel-François Doyen (1726-1806) », La Revue du Louvre, 1968, 2, p. 65-72.
  • Bénézit (ISBN 9780199773787 et 9780199899913, lire en ligne )
  • Marc Jordan, The Oxford Companion to Western Art (ISBN 9780198662037 et 9780191727597, lire en ligne )
  • Nathalie Volle, Grove Art Online (ISBN 9781884446054, lire en ligne )