ガレス・ジョーンズ

ガレス・ジョーンズGareth Jones1971年8月10日 - )は、イングランド出身でオーストラリア国籍のプロゴルファー、ゴルフ指導者。

TransparentPlaceholder.svg ガレス・ジョーンズ Golf pictogram.svg
Gareth Jones
基本情報
名前 ガレス・ジョーンズ
生年月日 (1971-08-10) 1971年8月10日(50歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 イングランドの旗 イングランド
プロ転向 1995年
2021年6月14日現在
テンプレートを表示

経歴・人物編集

1971年8月10日イングランド出身。

1995年にオーストラリアでプロゴルフ界入りし、1996年から3年間プロ選手として活動し、ツアートーナメントの試合にも出場した[1]

2000年からはオーストラリア国立スポーツ研究所でアシスタントコーチとして勤務、その後にゴルフオーストラリア(オーストラリアゴルフ連盟)入りしてビクトリア州や南オーストラリアなどでコーチを務める[2][1]

2014年の世界アマチュアゴルフチーム選手権(長野・軽井沢72ゴルフ東コース)で世界各国を前に惨敗を喫し、育成年代の強化施策の大改革を決断した日本ゴルフ協会から招聘を受け、アマチュアナショナルチームのヘッドコーチに就任[1][3]

ガレスは日本チームのヘッドコーチに就任すると、チームとしてのプレー戦略をロングゲーム(第1打の飛距離を中心にゲームを組み立てる)重視のスタイルからショートゲーム(グリーンを狙うアプローチショットなどを考える)重視のスタイルに改めさせ、オーストラリアでの指導法も日本でも取り入れ、いわゆる“勝利の方程式”ゴルフを確立させる[3]

このガレスの指導により男子の金谷拓実、女子の畑岡奈紗古江彩佳西村優菜安田祐香などの選手を輩出している[1][3][4]

指導役職編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 金谷拓実ら育てたガレス氏に世界水準の強化聞いた 日刊スポーツ 2020年12月19日
  2. ^ Gareth Jones bio Gareth Jones Official Site
  3. ^ a b c ミレニアム世代の源泉は何か? 「惨敗」が招いた育て方の大転換 ゴルフダイジェスト・オンライン 2020年12月27日
  4. ^ 畑岡ら育てたゴルフ界の「ジョーンズ」韓国勢も驚き 日刊スポーツ 2019年10月15日

外部リンク編集