ガレノキサシン

ガレノキサシン(Garenoxacin, 略号: GRNX)は、富山化学工業で創製されたキノロン系経口抗菌剤である。商品名はジェニナック® (Geninax)。発売はアステラス製薬、販売提携は大正富山医薬品。海外での販売権はMSD(旧シェリング・プラウ)が持つ。

ガレノキサシン
Garenoxacin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 ジェニナック®
法的規制
  • 処方箋医薬品
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 79-80%
代謝 肝代謝(硫酸及びグルクロン酸抱合)
半減期 12.4±1.1時間
排泄 尿中及び糞中
識別
CAS番号
194804-75-6 ×
ATCコード J01MA19 (WHO)
PubChem CID: 124093
ChemSpider 110579 ×
UNII V72H9867WB チェック
KEGG D04031  チェック
化学的データ
化学式 C23H20F2N2O4
分子量 426.412 g/mol
ジェニナック錠200mg

目次

適応症編集

幅広い菌種に効能をもち、レジオネラマイコプラズマクラミジアにも感受性を持つ。

上気道: 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍
下気道: 急性気管支炎肺炎、慢性呼吸器病変(慢性気管支炎気管支拡張症など)の二次感染
耳鼻科領域: 中耳炎副鼻腔炎

適応菌種編集

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌;PRSPを含む)、モラクセラ・カタラーリス大腸菌クレブシエラ属エンテロバクター属、ヘモフィルス・インフルエンザ、レジオネラ・ニューモフィラ、クラミジア・ニューモニエ、マイコプラズマ・ニューモニエ

抗菌活性編集

  • Campylobacter jejuni: MIC50は0.032で、GFLXと同等、LVFXの2倍高い。
  • Helicobacter pylori: MIC90は0.008で、GFLX・TVFXの4倍高い。阻止率は3者とも≦1μg/mLで100%。[1]

処方の具体例編集

Rx) ジェニナック®200mg 2錠 1x夕食後/5日分

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1: Activity of BMS284756 (T-3811) tested against anaerobic bacteria, Campylobacter jejuni, Helicobacter pylori and Legionella spp. Diagn Microbiol Infect Dis. 2001 May-Jun;40(1-2):45-9.