メインメニューを開く

富山化学工業株式会社(とやまかがくこうぎょう、英語:TOYAMA CHEMICAL CO., LTD.)は、かつて存在した医療用医薬品を製造・販売する製薬会社である。

富山化学工業株式会社
TOYAMA CHEMICAL CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4518
1961年9月30日 - 2008年8月11日
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿三丁目2番5号
設立 1936年昭和11年)11月15日
業種 医薬品
法人番号 8011101014590
事業内容 医薬品の生産及び販売
代表者 菅田益司
資本金 100億円(2012年3月末現在)
従業員数 830名(2012年3月末現在)
決算期 3月
主要株主 富士フイルム株式会社:100%
外部リンク www.toyama-chemical.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

元々富山県で化学薬品の製造・販売・研究を行う会社として1930年に富山化学研究所として創業。1936年に法人化(株式会社化)された。1961年に東京へ本社移転したが、富山県富山市にも事業所が所在する。

2002年9月に大正製薬と資本・業務提携を行い、同年10月に同社との合弁で医療用医薬品の販売を行う大正富山医薬品を設立。2008年には富士フイルムホールディングスを加えた3社で戦略的資本・業務提携を結んだうえで、株式公開買付けにより富士フイルムホールディングスの傘下に入った。その際、富士フイルムホールディングスが保有する株式の一部を大正製薬に譲渡したことにより、富士フイルムホールディングスと大正製薬が出資する企業となった。

2018年7月31日付けで富士フイルムホールディングスの完全子会社となった[1]後、同年9月30日に富士フイルムの完全子会社を経て、翌10月1日付で富士フイルムRIファーマと合併し、解散。存続会社の富士フイルムRIファーマは富士フイルム富山化学へ社名変更した。

沿革編集

  • 1930年11月 - 富山化学研究所を創立
  • 1936年11月 - 富山化学工業株式会社を設立し、富山化学研究所の事業を継承
  • 1961年
  • 1967年2月 - 「コルベン」マークを制定
  • 1972年4月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所の各第1部に指定替え
  • 1978年2月 - 東京都新宿区西新宿に「富山化学ビル」を竣工、本社を移転
  • 1994年11月 - コンシューマー・ヘルスケア関連製品(一般用医薬品など)の販売を開始
  • 1999年2月 - 株式会社ニデック、株式会社INAX(現・株式会社LIXIL)との共同出資により、ベンチャー企業の株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングを設立
  • 2002年
  • 2003年
    • 2月 - 一般用医薬品を大正製薬株式会社(外用消炎鎮痛剤「ピロカット」、胃腸薬「リズム」、鎮咳去痰薬「トックス」)及び杏林製薬株式会社へ承継
    • 10月 - 大阪証券取引所の上場廃止
  • 2008年
    • 3月 - 株式公開買い付けにより富士フイルムホールディングス株式会社の連結子会社となる。また、大正製薬株式会社が同社保有の株式の一部を取得したことにより、富士フイルムホールディングスと大正製薬が出資する企業となる
    • 8月 - 東京証券取引所の上場廃止
  • 2012年1月 - 大正製薬グループ内の組織再編による現物配当に伴い、主要株主の大正製薬株式会社から同社の親会社である大正製薬ホールディングス株式会社に変更
  • 2018年
    • 7月 - 大正製薬ホールディングス株式会社保有分の株式の買取に伴って富士フイルムホールディングス株式会社の完全子会社となり、同時に、大正富山医薬品株式会社の当社保有分の株式を大正製薬ホールディングス株式会社へ売却。これにより、当社と大正富山医薬品株式会社の資本提携が発展的に解消される[1][2]
    • 9月 - 合併準備に伴う株式譲渡により、富士フイルム株式会社の完全子会社となる
    • 10月 - 富士フイルムRIファーマ株式会社へ吸収合併され、解散。富士フイルムRIファーマ株式会社は富士フイルム富山化学株式会社に商号変更する

主要事業所編集

グループ企業編集

  • 大正富山医薬品株式会社
  • 北陸メディカルサービス株式会社
  • 株式会社トミカ(2010年2月に太陽産業株式会社が富山工営株式会社と株式会社トミックスを吸収合併し改称)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集