ガンダムヘビーアームズ

ガンダムヘビーアームズ(Gundam Heavyarms)は、1995年に放送されたテレビアニメ新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。

多彩な火器で武装した砲撃戦用ガンダムタイプMSで、主要人物の1人である「トロワ・バートン」の搭乗機。機体名の「ヘビーアームズ」は、そのまま「重火器」を意味する。敵組織である「OZ(オズ)」からは「ガンダム03(ゼロスリー)」のコードネームで呼ばれる。劇中後半では、改修型であるガンダムヘビーアームズ改として登場する。

メカニックデザイン大河原邦男が担当。テレビ放送終了後に発表されたOVAおよび劇場用アニメ新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメの手により再デザインされたヘビーアームズ改が登場する。これに伴い、改修前のヘビーアームズも再デザインされた。以降、大河原デザインの機体は「テレビ版」、カトキデザインの機体は「EW版」として区別されているが、設定上は同一機あつかいとなっている。改修前の機体は、当初は「アーリータイプ」とも呼ばれていた(詳細は後述)。

本項では小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』(FT)に登場する「プロメテウス」、外伝作品『新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場する「ガンダムデリンジャーアームズ」の解説も記述する。

目次

機体解説編集

諸元
ガンダムヘビーアームズ
Gundam Heavyarms
型式番号 XXXG-01H
頭頂高 16.7m
重量 7.7t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 バルカン×2
マシンキャノン×2
胸部ガトリング砲×2
ホーミングミサイル×6(EW版は×32)
マイクロミサイル×24(EW版は×56)
ビームガトリング
アーミーナイフ
追加装備 大型ミサイルポッド×2
脚部クローラーユニット
大型ビームキャノン×1
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル110
ウエポンズアビリティ:レベル160
スピードアビリティ:レベル110
パワーアビリティ:レベル140
アーマードアビリティ:レベル140
リーオーをオールレベル100として換算)
搭乗者 トロワ・バートン
ヒイロ・ユイ

アフターコロニー(A.C.)195年、地球圏統一連合の圧政に反発する一部のコロニー独立派勢力が計画した一大テロ作戦、「オペレーション・メテオ」の中核として投入された5機のガンダムの1機。

元連合所属の技術者チームの一人ドクトルSが、同僚たちと共同設計したウイングガンダムゼロ(ウイングゼロ)のデータを元に、故郷のL3コロニー群にて極秘に開発した。当初は、コロニー独立派のスポンサーであるバートン家の庶子トロワ・バートンが専任パイロットとなる予定だったが、作戦開始直前のトラブルで彼が殺害されたことで、偶然整備員として現場に居合わせた名無しの少年がトロワの名とともにパイロットの座を引き継いだ。

単機での制圧能力を重視した結果[1]、本機は全身に多彩な火器を内蔵した重砲撃機として設計された。その戦力は戦艦3隻から5隻にも匹敵するが[2]、弾切れ時は極端に攻撃力が低下する欠点をもつ[1]。ただし、本機はサーカスにおいて卓越した腕前を持つ[2]トロワの操縦センスによってアクロバティックな近接戦闘が可能となっている[1]

Endless Waltz版編集

劇場作品『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇 』公開時に、OVAでカトキハジメによってリファインされたEW版ガンダムヘビーアームズ改から逆算して、テレビ版ヘビーアームズをリファインした機体。大河原デザインのテレビ版に対し、この機体はカトキ本人のイニシャルを取って「Ver.Ka.」、もしくは「アーリータイプ」とも呼ばれていたが、漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光(敗栄)』で当デザインの機体が登場することなどをきっかけとして、EW版と呼称されるようになった。カラーリングはテレビ版と同じ赤系統となっている。

武装編集

ビームガトリング
シールドと一体化した大型ガトリング砲で、本機唯一のビーム兵器。左前腕を覆うかたちで装着し、格納されたフォアグリップを展開することで両手もちも可能。不使用時はバックパックに懸架される。攻防の機能を集約した結果重量が増加しており、左側に重心が偏り機体挙動が不安定となるのが欠点。機体側の重心設定を変更すれば通常どおりの動きが可能だが、トロワは格闘戦で装備を投棄したときに発生する弊害を考慮し、あえて設定を変えず自らの技量のみで不安定さをカバーしている。
EW版では重心がさらに大型化し、腕を覆うのではなくグリップを握って保持する。不使用時はバックパック左側のラックに懸架される。ベルトでエネルギータンクと繋がっており、バックパック右側のラックにタンクは懸架されている。テレビ版と異なりシールドは装備されていないが、プラモデル「MG(マスターグレード) ガンダムヘビーアームズEW」で新たに設定された。シールドのみを腕に装備することも可能。
バルカン砲
頭部に2門内蔵された近接防御機関砲。小口径ゆえ威力・射程距離は攻撃用としては非力で、威嚇・牽制や対人戦などの補助的使用に限られる。
マシンキャノン
両肩に内蔵された機関砲。こちらは頭部バルカンに比べ大口径で、MSを充分に破壊可能な威力を持つ。
胸部ガトリング砲
胸部左右の開閉式装甲カバー下に隠されたガトリング砲。口径は頭部バルカンと肩部マシンキャノンの中間に位置し、砲門数を増やすことで総合的な威力を高めている。カバー開放時はコクピット前面の装甲ごと開く構造のため、一時的に耐弾性が低下する。
EW版では砲門部のみ開く構造になっている。
ホーミングミサイル
テレビ版では両肩アーマーに、EW版では両脚ランチャーポッドに内蔵。標的の熱紋、電磁波を探知しこれを自動的に追尾する。
EW版のマスターグレードではフロントアーマー内に8発追加装備されている。
マイクロミサイル
テレビ版では両脚ランチャーポッドに、EW版では両肩アーマーおよび腰アーマーに内蔵。こちらは追尾機能はなく、複数目標に対し飽和攻撃を仕掛ける「面の制圧」を目的とする。
アーミーナイフ
右腕に固定装備されたガンダニュウム合金製ナイフ[1]。基本的に弾切れ時や敵機に接近を許した場合に使用される予備武装だが、トロワの技量をもってすれば充分に強力な攻撃手段となりうる。15話では、横に錐もみ回転しながらエアリーズを何度も切りつけるという技を披露する。
EW版では当初は装備されていなかったが、MGキット用に改めて設定された。着脱式のため、当初の非装備状態に組むことも可能。作中ではテレビ版と同じく腕部後方に装備されているが、MGではフレーム流用の都合から、装備位置が腕部側面に変更されている。
ビームサーベル
左腕内部に仕込まれたウイングガンダムのビームサーベル。
本機の正式な武装ではなく、南極でゼクス・マーキストールギスとの決闘に臨むヒイロ・ユイに本機を貸し与えた際に、左腕を負傷したヒイロにビームガトリングをあつかうのは酷だろうと考えたトロワがヘビーアームズの左前腕を外して仕込んでおいたもの。ビームガトリング投棄時に接続部が炸裂ボルトによって外れるよう改造されており、その際露出する肘関節部にグリップホルダーが露出する仕掛けとなっている。
イーゲル装備
『敗栄』に登場。
大型ミサイルポッド
両肩に追加装備される多連装ミサイルポッド。前方だけでなく後方や横にも発射口があり、全方位に攻撃が可能。
脚部クローラーユニット
脚部に装備された高速移動用のユニット。クローラー部分を接地させることで、高速移動中の砲撃が可能となっている。
大型ビームキャノン
トレーラーに外付けした大型のビーム砲。威力は強大だが砲身自体の強度が低く、作中では1射のみで自壊する。
ダムゼルフライ装備
『敗栄』に登場。6枚式のプロップローターと補助ジェットエンジンを各2基ずつ装備した大気圏内飛行ユニット。バックパック中央に装着されるため、ガトリングやマガジンに干渉しない構造になっている。トップヘビーな装備ゆえ、降着時はユニット中央の支持脚を伸ばして機体を支える。「ダムゼルフライ(Damselfly)」は「イトトンボ」を意味する。

劇中での活躍編集

地球に降下後は最初にドーバー基地を襲撃。上層部が降伏後、サーカス団がOZの基地でショーを行った際にはOZの基地を破壊後に自爆を決意するも、同行していたキャスリンの制止により中止される。トロワがヒイロと行動を共にするようになってからは、ノベンタの遺族の元やゼクスとの決闘の地へヒイロを送り届ける際に機体のないヒイロに代わって活躍、ゼクスのトールギスとの決闘では本機を借り受けて使用する。トロワが宇宙に上がる際に地球に残されるが、サリィ・ポォに回収され、ピースミリオンでヘビーアームズ改に改修される[3]

小説版ではトロワと一緒に宇宙に上がるが、宇宙用には調整されず、トロワがOZに潜入活動に赴くために長く放置されるが、月面基地から脱出したデュオが発見して管理する。

ガンダムヘビーアームズ改編集

諸元
ガンダムヘビーアームズ改
Gundam Heavyarms Kai
型式番号 XXXG-01H2
全高 16.7m
重量 8.2t
装甲材質 ガンダニュウム合金
出力 3,190kW(EW版設定)
推力 73,750kg(EW版設定)
武装 バルカン×2
マシンキャノン×2
胸部ガトリング砲×2(EW版は×4)
ホーミングミサイル×6(EW版は×32)
マイクロミサイル×24(EW版は×56)
2連装ビームガトリング
(EW版はダブルガトリングガン×2)
アーミーナイフ(テレビ版・小説版)
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル120
ウエポンズアビリティ:レベル170
スピードアビリティ:レベル120
パワーアビリティ:レベル140
アーマードアビリティ:レベル140
搭乗者 トロワ・バートン

超大型宇宙戦艦ピースミリオンに収容されたヘビーアームズを、トールギス、ウイングゼロの開発スタッフの1人ハワード博士が改修した姿。バックパックや腰まわりのスラスター類が換装・増設され、宇宙空間での機動性が強化されている[1]。武装は2連装化されたビームガトリングを除きほぼ手が加えられていない。

Endless Waltz版 (ヘビーアームズ改)編集

OVAおよび劇場版アニメ新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(EW)』では、メカデザイナーカトキハジメの手によって作中のガンダムのデザインが一新された。ただし、これらの機体はテレビ版の強化発展型ではなく、物語上はまったくの同一機体だが"作品の制作バージョンによるデザイン違い"というものである。OVA公開当時に発売されたプラモデル等の商標名や関連ゲームにおける名称は、テレビ版と区別できる様に「ガンダムヘビーアームズカスタム」と呼称されていたが、リデザインされた同一機ではなく改良機と誤解を招くことから、徐々に「ガンダムヘビーアームズ改(EW版)」という名称表記へと移行していった。

カトキ版ガンダムの特徴として、テレビ版に比べよりキャラクター性を強調した有機的な形状が挙げられるが、ヘビーアームズは元の機体特性上無骨な形状であるため、ほかの機体に比べ際立った差異はない(ただし、EW劇中ではサーカス団員でもあるトロワのキャラクター性を反映し、左顔面にピエロを模したマスクが追加されている)。最大の違いはカラーリングで、テレビ版では赤系統だが、こちらは暗青緑に変更されている。なお、EW劇中にも改修前の機体が登場しているが、この頃は改修前の姿が設定されていなかったため、改修後と同じ暗青緑カラーであった。 シールドとアーミーナイフがオミットされて携行装備であるガトリングガンが両腕に装備されているため、より射撃戦特化な機体となっている。また、携行武装である2連装ガトリングガンは実体弾を用いるものに変更されている。

武装編集

2連装ビームガトリング
テレビ版の主武装。シールドと一体化した大型の2連装式ガトリング砲。
ダブルガトリングガン
EW版の主武装。改修後はテレビ版と同じ2連装式の設定を受け継ぎつつ、両腕に1対を装備。こちらは実体弾式であり、シールドは排除されている。不使用時はバックパックに懸架される。
胸部ガトリング砲
胸部の左右開閉式装甲カバー下に内蔵。テレビ版では改修前と変化はないが、EW版は砲門数が2から4に倍加している。
ホーミングミサイル
テレビ版では両肩アーマーに、EW版では両脚ランチャーポッドに内蔵されている。
EW版の1/144プラモデルではオリジナル武装としてフロントアーマー内に8発追加装備されている。
マイクロミサイル
テレビ版では両脚ランチャーポッドに、EW版では両肩アーマーおよび腰アーマーに内蔵されている。
アーミーナイフ
EW版では非装備とされているが、小説版『Endless Waltz』ではアーミーナイフを用いてサーペントと交戦する。

劇中での活躍編集

テレビ版
ピースミリオンで改修を受け、その後実戦に復帰する。なお、ほかの4機のガンダムが戦闘のダメージや自爆などで一度大破および拿捕されるなか、本機は唯一改修前から致命的な損壊を被ることなく、また拿捕もされずに最後まで戦い抜く。
EW版
機体廃棄のため他のガンダムと共に太陽に向け打ち上げられるが、マリーメイア軍が武装蜂起をきっかけに、急遽回収される。ブリュッセルの戦いでは信管を抜いた弾薬を装填し、1人の死者も出すことなく敵のサーペント部隊を無力化させる。紛争終結後、サンドロック改・デスサイズヘルとともに自爆させられる。

プロメテウス編集

A.C.年代よりさらに未来のM.C.(マーズセンチュリー)年代において、ドクトルTと名を変えたトロワが開発を担当したガンダニュウム合金製MS。その外観と機体特性はヘビーアームズを踏襲しており、全身に重機関砲やミサイルを満載している。最も特徴的なのが巨大な十字架を模した携帯式重機関砲で、各部にホーミングミサイルやマシンキャノンを併設した複合兵装として設計されている。カトリーヌ・ウード・ウィナーの手によって各部の装甲を欠いた未完成状態で強奪され、超微粒子マシンを遮蔽するナノディフェンサー・マントを纏った姿で実戦投入される。

ガンダムデリンジャーアームズ編集

新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場。ヘビーアームズの量産化を前提に開発されたMS。首都防衛用砲撃機として大戦時に量産されていたが、大半の機体は結局実戦配備される事はなかった。長距離移動の必要がないため、頭部のブレードアンテナが廃されているのが特徴。オリジナルのヘビーアームズよりも若干火力は上(ただし、オリジナルのヘビーアームズが改良されてからは、オリジナル機の方が上になった)である。

ガンダムヘビーアームズ改(EW版)をベースに、ガトリングは1門装備。機体色はガンダムヘビーアームズ・アーリータイプに近い。

ロームフェラ財団によって保管されていた機体のうち1機が、元OZ兵士トライノイ・リヴィンスキーにより奪取される。その後、追撃して来たガンダムデスサイズギルティガンダムサンドレオンと交戦し戦士の墓にて相打ち。トライノイも死亡する。

ゲーム作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 一迅社「新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1090-0) 46-51頁参照
  2. ^ a b プラモデルキット「1/144 ガンダムヘビーアームズ」組立説明書参照
  3. ^ 第3クールでのヘビーアームズは第27話の総集編以外での登場はない。
  4. ^ エンターブレイン『機動戦士ガンダム EXTREME VS. ファイナルコンプリートガイド 』P133。

関連項目編集