メインメニューを開く

アフターコロニーAfter Colony: A.C.)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、『新機動戦記ガンダムW』およびその派生作品の舞台となった架空の紀年法

コロニーへの宇宙移民が開始された年を元年とする。慣用的に3桁の整数で表示され、例えばA.C.195は「アフターコロニー195年(いちきゅうごねん)」と発音されることが多い。

また、それらの作品の世界観そのものを指して「アフターコロニー世界」「コロニー暦」という場合がある。ただし、宇宙世紀作品と比して、該当する作品数は少ないため派生作品も「ガンダムW」でまとめて呼ばれる場合もある。ほかにも『機動武闘伝Gガンダム』に続いて描かれた宇宙世紀ではない世界観のため、次回作である『機動新世紀ガンダムX』と3作品あわせて「アナザーガンダム」「アナザー3部作」などと呼ばれる場合もある。

アフターコロニーの世界観編集

アフターコロニー世界のうち、アニメ作品で描かれたのは『新機動戦記ガンダムW』の舞台となったA.C.195 と、『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の舞台となったA.C.196 である。

この時代においての設定の大半は『機動戦士ガンダム』の宇宙世紀と基本的に同じである。地球圏、すなわち地球の周囲に多数のコロニーが建設され、そこに多数の人々が生活している。しかしこれらコロニーの自治権を巡り、コロニー住民との間で衝突を繰り返すのは地球圏統一連合という組織である。そしてA.C.195 連合に反目する一部のコロニー居住者達は、流星に偽装した5機のMSガンダムを地球に降下させる作戦に出た。これがオペレーションメテオであり、ここから物語は始まる。

ただし、宇宙世紀系の作品とは異なる点もいくつか見られる。例えばコロニーは宇宙世紀の作品に登場するようなシリンダー状の島3号型ではなく、トーラス型(円環状)及びその派生型である。また、最初のコロニー建造開始からその完成までに約100年の歳月を要している。宇宙世紀におけるミノフスキー粒子に相当する設定は存在せず、レーダー技術やジャミング技術、ステルス技術の発展と、コロニー建設に用いられた汎用機器からモビルスーツが誕生したとされる。

なお、小説版『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』で明らかになったものに、この世界におけるコロニー市民の多くは、試験管出産により、精子レベルで遺伝子操作を受けた親あるいは先祖を持つ、という設定がある。これはコロニーへの移住が始まった当初、コロニーにおける胎児および母親の死亡率が胎児死亡率79%、母体死亡率55%と極めて高かったことがその背景にある。これには宗教的理由から反対する声があり、アラブ系のウィナー家は当初、試験管出産および精子の遺伝子操作を神への冒涜として反対していた。その姿勢を改めたのが、ガンダムサンドロックのパイロット、カトル・ラバーバ・ウィナーの父であるザイード・ウィナーであり、カトルは母胎出産だが29人いるカトルの姉は全員試験管出産である。また、この遺伝子操作は、あくまでもこの問題を解決し、人口を安定させるために行われたものであるため、『機動戦士ガンダムSEED』におけるコーディネイターとは異なり、身体能力等には差はない。

アフターコロニー年表編集

A.C. 出来事
001 宇宙移民およびコロニー建設開始に伴いコロニー暦(アフターコロニー)制定。しかし、未知の疾病や未発達なコロニーに起因する計画の失敗や、コロニー同士の紛争衝突が多発。
102 最初のコロニーがラグランジュポイント1、通称L1ポイントにて完成。続いてL1コロニー群と呼ばれる軌道集落群が形成される。一方、地球上では国家間紛争が頻発し始める。
133 紛争解決手段として「地球圏統一連合」発足、つづいて、統一連合軍創設。激化していた紛争は圧倒的な軍事力をもつ連合軍によって制圧。以降紛争の沈静化にともない、連合軍による組織存続のためのコロニーを含む小国への軍事介入が増加。
147 地球圏統一連合、圧倒的軍事力によってコロニーへの武力侵攻、駐留を開始。
149 各コロニーが母国の主導、管轄下で運営されることが承認され、一時的な安定を取り戻す。各コロニーに第2次移民時代到来。
165 指導者ヒイロ・ユイ登場。各コロニーの連帯感が啓蒙され、さらに高揚。
175
  • 指導者ヒイロ・ユイ暗殺。コロニーは再び統一性を喪失、混乱に陥る。
  • コロニーの治安維持を名目に連合軍が再派遣され、各コロニー間の連絡は断絶。
  • 北欧のサンクキングダムにおいて連合軍の介入による軍事クーデター発生。王は死去、王子と姫を含む一族は行方不明。
195
196
19X コロニーキャノン爆破事件。崩壊するコロニーキャノンから離脱するガンダムが確認される。

関連項目編集