ガンメルオスト

ノルウェーのブルーチーズ

ガンメルオスト (Gammelost) はノルウェーで生産されるブルーチーズ。"gammel"は「古い」を、"ost"は「チーズ」をあらわすノルウェー語で、すなわち"Gammelost"は「古いチーズ」の意[3]ヴァイキングが活躍していた時代から存在すると言われる[2][4]。ポロポロした粒状の身は青緑色のカビを含み、脂肪分は1%ほどしか含んでいない[3]。そして冷蔵しなくても長期保存できるという[3]

ガンメルオスト
Gammelost
Gamalost-NorwegianOldCheese.jpg
分類 青かびタイプ[1][2]
原料 牛乳
原産国 ノルウェー
生産場所 酪農場、酪農工場
生産期間 一年中
形状 円筒形
大きさ 直径 13-14cm、高さ 14-15cm
重量 2-3kg
脂肪分 0.5-3%以内
表皮 褐色、凸凹
熟成 本文参照
テンプレートを表示

製造工程の凝固にあたっては酵素を用いず[5]、酸凝固という製法で行う[3]。そしてカビをつけて熟成させる。伝統的な製法ではジュニパーのエキスを浸透させたの上で熟成させる[2]。この場合は短いもので 1箇月以上、長いと6箇月の熟成期間をとる[2]。工場製に分類されるものは主に Vik(en) にある Tine社(en)が製造している[3]。工場製の熟成期間は4-5週間である[2]

味は「刺激的[2]」と表現されるもので、クラッカーパンにのせてもよいし、果物やナッツ類との相性もよい[3]。飲料は黒ビールジン、冷やしたアクアビットがあう[3]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献『チーズ図鑑』による。
  2. ^ a b c d e f 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編 『チーズ図鑑』(7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、210頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c d e f g Gamelost: Bold, Old Norwegian Cheese”. Norway At Home. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ チーズで世界旅行”. 雪印メグミルク. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ NPO法人チーズプロフェッショナル協会 『世界のチーズ図鑑』 マイナビ、2015年、160頁。ISBN 9784839954802https://books.google.co.jp/books?id=W4mYCgAAQBAJ 

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、ガンメルオストに関するカテゴリがあります。