キャスト (バンド)

キャスト (Cast) は、イギリスリヴァプール出身のロックバンド

キャスト
出身地 イギリスの旗 イギリス
リヴァプール
ジャンル ブリットポップ
インディー・ロック
活動期間 1992年 - 2001年
2010年 -
レーベル ポリドール
キャスト・レコーディングス
共同作業者 ザ・ラーズ
公式サイト castband.co.uk
メンバー ジョン・パワー
リアム・ "スキン" ・タイソン
キース・オニール
ジェイ・ルイス
旧メンバー ピーター・ウィルキンソン

概要編集

1992年、元ザ・ラーズのジョン・パワーを中心に結成。ブリットポップ・ムーブメントに沸いた当時のUKロック界を担うバンドのひとつとして人気を集め、デビュー曲から10枚連続でシングルが全英トップ20入りを記録、1stアルバム『オール・チェンジ』は全世界で100万枚を超えるヒットとなるなど、ザ・ラーズを上回る大きな成功を収めた。

また、キャストのライブを見たオアシスノエル・ギャラガーからは「宗教的経験(religious experience)」と評されるなど、ライブバンドとして定評があり、当時のプレスからは「90年代版ザ・フー」とも呼ばれていた。

2001年に一旦解散、メンバーのソロ活動を経て2010年に再結成。2012年と2015年にサマーソニック出演のため来日。2019年10月には単独来日公演を行った。

来歴編集

リー・メイヴァース率いるバンドザ・ラーズ(The La's)のベーシストとして活動していたジョン・パワーは、バンド活動が中々進展しないこと(詳細は「ザ・ラーズ」の項を参照)、また自身が書き溜めていた楽曲を発表する機会を求めていたことから、1991年にザ・ラーズを脱退。翌年ジョンはベースからギターに転向し、同郷リヴァプール出身の元シャック(Shack)のピーター・ウィルキンソン(ベース)をともにキャストを結成。その他のメンバーは流動的だったが、リアム・ "スキン" ・タイソン(リードギター)、キース・オニール(ドラムス)が加わり、不動のラインナップとなる。1994年、エルヴィス・コステロオアシスのライブの前座を務めたことがきっかけとなり、ポリドールと契約。

1995年7月、デビュー・シングル「ファイン・タイム」を発表。全英チャートの17位を記録し、オアシスの「スーパーソニック」が持っていた新人バンドのデビュー・シングル初登場順位(31位)の記録を更新した。同年10月にはジョン・レッキーをプロデューサーに迎えて制作された1stアルバム『オール・チェンジ』を発表。ブリットポップ全盛の時期にあって、親しみやすいポップさを持つキャストの楽曲は大衆から熱狂的に支持され、アルバムは最高位7位、1年半もの間全英チャート入りするロング・セラーとなり、ポリドール所属アーティストのデビュー作としては最も高い売上を記録した。アルバムからは「オールライト」(13位)や名バラード「ウォークアウェイ」(9位)といったヒット曲が生まれた。

1996年、アルバム未収録の新曲「フライング」は全英4位とバンドにとって最大のヒットを記録。1997年4月、2ndアルバム『マザー・ネイチャー・コールズ』を発表。前作と同じくジョン・レッキーがプロデュースしたアルバムは、最高位3位を記録、前作同様プラチナ・ディスクを獲得する成功をおさめた。アルバムからは「フリー・ミー」(7位)、「ガイディング・スター」(9位)など4枚のヒット・シングルが生まれた。

1999年5月発表の3rdアルバム『マジック・アワー』では、プロデューサーにギル・ノートン、ストリングス・アレンジにデヴィッド・アーノルドをそれぞれ起用し、オーケストラを導入するなどよりスケール感を増した路線へシフト。アルバムからは「ビート・ママ」(9位)、「マジック・アワー」(28位)の2枚がシングル化された。アルバムは全英6位を記録したものの、前作までのようなビッグヒットとはならずセールス的には落ち込んだ。この時期にはブリットポップは完全に終焉を迎えており、同じようにキャストの勢いも少しずつ下降線をたどっていった。

2001年7月、4thアルバム『ビートルート』を発表。このアルバムは主にジョン・パワーと共同プロデューサーのトリスティン・ノーウェルによってレコーディングされ、ジョン以外のメンバーはほとんどレコーディングに参加しなかったという。当時ジョンがハマっていたというファンクやレゲエの影響を全面に取り入れたアルバムの音楽性は、旧来からのファンからの反発を招き、先行シングル「デザート・ドラウト」は45位、アルバムは全英78位とセールス面では完全に失敗に終わった。予定されていた全英ツアーをキャンセルとなり、そのまま活動停止(実質的には解散)となった。

解散後、ジョンはソロ活動を開始、フォークやブルース色の強いソロ・アルバムを3枚発表する一方、2005年にはザ・ラーズの再結成ツアーにも参加した。ベースのピーターは、エコー&ザ・バニーメンのサポートや再結成したシャックに再加入した。ギターのリアムは、ロバート・プラントのバックバンド、ストレンジ・センセーション(Strange Sensaton)のメンバーとして活躍。ドラムのキースは、ベイビーシャンブルズジョニー・マーなどのツアーマネージャーへ転向した。

キャスト解散から9年が経ち、2010年にジョンはキャストの楽曲を演奏するソロツアーを敢行。そのツアーでジョンが新たに作って演奏していた曲が、ソロではなくキャストとして発表するに相応しい楽曲群だと感じたジョンは、すぐに各メンバーに連絡を取り、同年オリジナル・メンバーで再結成することを発表。デビュー作である『オール・チェンジ』発表から15周年に当たるということで、同作の再現ライヴを行う形で再結成ツアーを敢行した。

2011年、再結成後初のアルバム(通算5作目)『トラブルド・タイムズ』を制作。まずは同年11月に、制作資金のクラウドファンディングを募るサイト、PledgeMusicを通じてリリースされ、翌2012年2月に一般発売された。プロデュースには初期2作を手掛けたジョン・レッキーを迎え、ブリットポップ全盛期の音楽性を取り戻そうとするようなアルバムとなった。なお、ツアーマネージャー業で忙しかったドラムのキースはレコーディングに参加できず、代わりにジョンのソロやポール・ウェラーのサポートとして活動するスティーブ・ピルグリムがドラムを担当した。

2012年8月、サマーソニックへの出演のため来日。これは約15年ぶりとなる来日公演となった。

2014年2月、『オール・チェンジ』から『ビートルート』までのスタジオアルバム4作品が、レア音源やDVDを付属したデラックス・エディションで再発された。

2015年3月、ベースのピーターが自身のソロ活動であるアビエイター(Aviator)に専念するため脱退。後任には再結成時のザ・ラーズでサポートを務めたジェイ・ルイスが加入し、同年2度目のサマソニ出演のため来日。

2017年4月、前作から5年ぶりとなる6作目『キッキング・アップ・ザ・ダスト』を発表。前作同様、PledgeMusicを通じて制作資金をクラウドファンディングし、自主レーベルから発表したにも関わらず、久々に全英チャートのトップ50に食い込む健闘を見せた。

2018年11月、ポリドール時代の4作とシングル集『Singles 1995-2017』をレコード盤で発売。併せてグレイテスト・ヒッツ・ツアーとして、2019年2月に来日することを発表した(のちに、同年10月に延期された)。なお、単独の来日公演としては22年ぶりとなる。

ディスコグラフィー編集

以下の順位は全て全英チャートによるもの

スタジオ・アルバム編集

  • オール・チェンジ / All Change (1995年)
    7位、プラチナ・ディスク獲得
  • マザー・ネイチャー・コールズ / Mother Nature Calls (1997年) 
    3位、プラチナ・ディスク獲得
  • マジック・アワー / Magic Hour (1999年) 
    6位、シルヴァー・ディスク獲得
  • ビートルート / Beetroot (2001年) 
    78位
  • トラブルド・タイムズ / Troubled Times (2012年)
    117位
  • キッキング・アップ・ザ・ダスト / Kicking Up the Dust (2017年) 
    49位(UKインディーチャート5位)

編集盤編集

  • The Collection (2004年)
  • The Complete BBC Sessions (2007年)

シングル編集

1st『All Change』より
  • Finetime (1995年) - 17位
  • Alright (1995年) - 13位
  • Sandstorm (1996年) - 8位
  • Walkaway (1996年) - 9位
アルバム未収録
  • Flying (1996年) - 4位
2nd『Mother Nature Calls』より
  • Free Me (1997年) - 7位
  • Guiding Star (1997年) - 9位
  • Live the Dream (1997年) - 7位
  • I'm So Lonely (1997年) - 14位
3rd『Magic Hour』より
  • Beat Mama (1999年) - 9位
  • Magic Hour (1999年) - 28位
4th『Beetroot』より
  • Desert Drought (2001年) - 45位
5th『Troubled Times』より
  • See That Girl (2011年)
  • Time Bomb (2012年)
  • Hold On Tight (2012年)
6th『Kicking Up the Dust』より
  • Do That (2016年)
  • Paper Chains (2017年)

外部リンク編集