ファンク

音楽ジャンル

ファンク(funk)は、音楽ジャンルの1つであり、アフリカ系アメリカ人黒人起源ブラック・ミュージックのジャンルである。

ファンク
Funk
様式的起源 ゴスペル[1]
ソウル[1]
ジャズ・フュージョン[1]
リズム・アンド・ブルース[1]
ブラックロック[1]
文化的起源 1960年代中盤[2]
アメリカ合衆国
使用楽器 ベース・ギター
エレクトリック・ギター
ドラムス
ドラムマシン
キーボード
ボンゴ
クラビネット
シンセサイザー
ホーン
コンガ
派生ジャンル ディスコ
ヒップホップ
ポストパンク
ダンス・パンク
ブギー
コンテンポラリー・R&B
エレクトロ
ブレイクビーツ
ニュージャックスウィング
オールドスクール・ジャングル
ニューロ・ファンク(en)
リキッド・ファンク(en)
クラウトロック
ハウス
ファンク・ステップ(en)
サブジャンル
Go-Go
P-Funk
Deep funk
Nu-funkなど
他多数
融合ジャンル
Acid jazz
Afrobeat
Free funk
Funk rock
Funky house
G-funk
Go-Go
Jazz funk
UK funky
テンプレートを表示

概要編集

ファンキーとファンクの違いは、ファンキーがアメリカ南部の田舎を連想させるのに対し、ファンクは都会的な印象を与える点に特徴がある[3]。ファンキーは、60年代にファンクが誕生する以前の50年代に、すでにファンキー・ジャズ(ソウル・ジャズ)に対して使われていた[4]。ファンク、R&Bなどの音楽用語は、黒人生活全般を指す面があった。英和辞典的な解釈では、”ジャズをベースにしたビートの強い音楽”[5]という訳語もある。体臭セックスの匂いを、ファンキー・スメルと呼ぶ場合があり、「ファンク」という言葉は感覚的な言葉であり、明確に日本語に訳すことは難しい[6]

詳細編集

ファンクは1960年代(1964年ごろ)にジェームス・ブラウン[7]の曲「アウト・オブ・サイト」が契機となり、原型が形成された。ジェームス・ブラウンのファンクは、西アフリカのポリリズムと、戦前アメリカのアフロアメリカンによるワーク・ソングからの影響が指摘されている[8]。その後、ベーシストのブーツィー・コリンズ[9]が、ジョージ・クリントン[注 1]によりPファンクに招かれ、Pファンク黄金時代を築き上げた(Pファンクを参照)。一方、1970年代初頭サンフランシスコから、白人・黒人混成バンドスライ&ザ・ファミリー・ストーンが登場し、彼らのロック的要素を取り入れたファンクが、白人にも受け入れられるようになった[10][11] 。また、ファンクはラテンとも融合し、ウォーの曲「シスコ・キッド」(1972年)のようなラテン・ファンクがうまれた。ファンクはアフリカへも紹介され、ファンクにアフリカのリズムも融合したアフロビートへ繋がり、フェラ・クティマヌ・ディバンゴらにより発展していった[12]

ファンクは1970年代前半にはポップ、ソウル・チャートともに好調だった。だが、1970年代後半には、ディスコ・ブーム[注 2]により、ファンクは一時的に後退期を迎える。1980年代前半でもソウル・チャートでは人気だったが、1980年代後半にはニュー・ジャック・スウィングやグラウンド・ビート[注 3]、ハウスなどの台頭により、ファンクは勢いを失っていった。

歴史編集

1960年代前半にジェームス・ブラウンが「アウト・オブ・サイト」を発表した後、ブルース・ミュージシャンがいち早く反応し、ローウェル・フルソンの曲「トランプ」に象徴される「ファンク・ブルース」が生まれた[13]。1960年代末から1970年代初頭にはスライ&ザ・ファミリー・ストーン[14]が、白人にも受け入れられるようなロックの要素をファンクに取り入れ、ウッドストックへの出演もあいまって、人気グループとなった。さらに1970年代には、ジョージ・クリントンPファンクパーラメント - ファンカデリック)として活動し、黒人層を中心に支持された[15]。その他の1970年代ファンクの代表的アーティストとしては、ブーツィー・コリンズ(Pファンク)、クール・アンド・ザ・ギャングオハイオ・プレイヤーズ、BTエクスプレス[16]、ジミー・キャスター・バンチ[注 4]、ジョー・テックス、ブリック[注 5]グラハム・セントラル・ステーション[17]アース・ウィンド・アンド・ファイアースレイブ[注 6]、ファットバック、ヴァーノン・バーチ、コモドアーズ[注 7](デビュー時)などが挙げられる。

1980年代に入るとザップ[18]ロジャー・トラウトマン、プリンス、リック・ジェームスがファンク界を牽引する存在となった。他にもバーケイズ、カメオ、コン・ファンク・シャン、ワン・ウェイ、レイクサイド、ダズ・バンド、ギャップ・バンド、オーラ[19]らのファンク・アーティストが、ソウル・チャートを中心に人気となった。だが、1980年代後半から1990年代、2000年代とファンクは不振だった。2010年代の前半まではファンクは消滅したような状態だったが、2010年代の後半に入ってマーク・ロンソン[注 8]ブルーノ・マーズ[注 9]らが1980年代風のファンク曲をヒットさせ、話題となった。

ファンクはジャズ・シーンにも大きな影響を与え、マイルス・デイヴィスハービー・ハンコックジミー・スミスオーネット・コールマン(フリー・ファンク)[注 10]、ヘッドハンターズなどがファンクを取り入れ、彼らのサウンドはジャズ・ファンクと呼ばれた[20]。80年代後半には、レア・グルーヴ[注 11]のブームも発生した。


ファンク・ロック編集

ファンクとロックを融合した音楽を、ファンク・ロックにジャンル分けする場合がある。黒人が演奏した場合は、ブラック・ロックとも呼ばれる。フリーの「ザ・スティーラー」、デヴィッド・ボウイの「フェイム[21](1975年)、ローリング・ストーンズの「ホット・スタッフ」(1975年)、エアロスミスの「ラスト・チャイルド」(1976年)、INXSの「ニード・ユー・トゥナイト」(1988年)[注 12]などは、ファンクのリズムを持ったロック曲である。主なアーティストとしては、1970年代にはリック・デリンジャー[注 13]、レッドボーン[注 14]ファンカデリック、マザーズ・ファイネスト、初期のバーケイズ、ワイルド・チェリーらがいた。1980年代はINXS、ファイン・ヤング・カニバルズ[注 15]レッド・ホット・チリ・ペッパーズフィッシュ・ボーン、後期のカメオらが、1990年代にはキザイア・ジョーンズスティーヴィー・サラスシールらが活動した。

主なファンク・アーティスト編集

世界(アルファベット順)編集

日本(五十音順)編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ パーラ/ファンカなどPファンクの総帥。
  2. ^ ドナ・サマー、ビージーズ、ヴィレッジ・ピープルらがブームの中心だった。
  3. ^ UKのソウルIIソウルによるサウンド。音楽用語としては日本独自の表現。
  4. ^ 代表曲は「イッツ・ジャスト・ビガン」「バーサ・バット・ブギー」「キング・コング」など。
  5. ^ 「ダズ」「デュージック」などがアメリカでヒットした。
  6. ^ 「「スライド」「ジャスト・ア・タッチ・オブ・ラブ」などで知られる。
  7. ^ 74年のデビュー時、「マシン・ガン」「ザ・バンプ」がファンキーだった。
  8. ^ プリンスたザ・タイムのサウンドを彷彿とさせる「アップタウン・ファンク」が全米1位となり、なおかつロング・ヒットとなった。
  9. ^ 80sファンクを再現した「24Kマジック」がヒットした。
  10. ^ アルバム「ボディ・メタ」「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」などはファンクの影響を受けている。
  11. ^ 1960年代後半~1970年代ごろの有名ではないファンキーな曲など。
  12. ^ 他に「ワット・ユー・ニード」などもヒットした。
  13. ^ 代表曲は「ロックンロール・フーチークー」
  14. ^ ヒットした「カム・アンド・ゲット・ユア・ラブ」はブルーアイドソウルだが、他の曲はファンキーなロックが多い。
  15. ^ UKのザ・ビートの一部のメンバーが結成。89年には全米1位の大ヒットを飛ばした。
  16. ^ 「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」「カット・ザ・ケイク」などのヒット曲は、白人バンドであることがわからないほどファンキーな楽曲だった。
  17. ^ 「ヒット・アンド・ラン」「ムーブ・ユア・ブギー・ボディ」など、ソウルチャートでのヒット曲多数。
  18. ^ カーティス・ブロウによるヒップホップの歴史に関する編集盤にファンク曲「ラブ・ザ・ライフ・ユー・リブ」が収録された。
  19. ^ 1976年にはファンク曲「ストレッチン・アウト・イン」がソウルチャートでヒット。
  20. ^ ディスコ+ジャズ=「ダズ」や、「デュージック」などのファンク曲がヒット。
  21. ^ Pファンク一派の女性グループ。
  22. ^ ファンク曲「24カラット・マジック」が全米チャートで大ヒットした。
  23. ^ 「ドゥ・イット」「エクスプレス」がヒットした。
  24. ^ ソウルチャートで「シーズ・ストレンジ」、ポップチャートで「ワード・アップ」などがヒットした。
  25. ^ イアン・デューリーのファンク曲「ヒット・ミー・ウィズ・ユア・リズムスティック」などの作曲者。「愛のコリーダ」の作曲者でもある。
  26. ^ ファーストアルバムの「マシンガン」「ザ・バンプ」などがファンクサウンドだった。セカンド・アルバム以降、ファンク度は後退した。
  27. ^ スーパーフライがファンクの名盤とされている。
  28. ^ ファンク・ナンバー「スコーピオ」が71年にポップチャートでもヒット。
  29. ^ 82年のファンク・ヒット「レット・イット・ウィップ」はポップ・チャートでもヒットした。
  30. ^ オハイオ出身のファンク・バンド。サンを継承したグループ。
  31. ^ ワシントン・ゴーゴーの代表的なバンドである。
  32. ^ アメリカ。1986年に「ハイ・ファッション」がソウルチャートでヒットした。
  33. ^ 81年の「バーン・ラバー」はポップ、ソウル両チャートでヒット。
  34. ^ 75年に「ハイジャック」がヒット。
  35. ^ 元ザ・タイム。85年に「ビー・ユア・マン」「アイ・ウォント・マイ・ガール」がソウル・チャートでヒット。タマラ&ザ・シーンの「エブリバディ・ダンス」の作曲者で、同曲はポップでもヒットした。
  36. ^ 77年にファンク曲「リアル・マザー・フォー・ヤ」がヒットした。
  37. ^ 「バーサ・バット・ブギー」「キングコング」などのファンク曲で知られる。日本ではディスコと紹介されたが、実際はファンクの音楽家である。72年の「イッツ・ジャスト・ビガン」は有名なレア・グルーブ曲。
  38. ^ 72年に大ヒットした「アイ・ガッチャ」など、ファンク曲も多い。
  39. ^ JBファミリーの女性シンガー。「シンク」などがラップのバックトラックとしてさかんに使用された。
  40. ^ 97年の「リターン・オブ・ザ・マック」がヒット。
  41. ^ 「キューティー・パイ」がソウルチャートでヒット。
  42. ^ 「パーティー・ナウ」がファンクの曲として位置づけられている。
  43. ^ オハイオ出身のファンク・バンド。
  44. ^ ワシントンDCのファンキーなGOGOバンド。
  45. ^ 曲はフォークではなくファンキー。
  46. ^ 作品にザップのグレッグ・ジャクソン、Pファンクのブーツィー・コリンズザップのボビー・グローヴァーが参加。

出典編集

  1. ^ a b c d e Tammy Kernodle, Horace Maxille, Emmett G. Price III "Encyclopedia of African American Music" Greenwood, 2010, p337
  2. ^ Presence and pleasure: the funk grooves of James Brown and Parliament, p.3
  3. ^ 魂のゆくえ、p.51、ピーター・バラカン、新潮社
  4. ^ ソウルジャズ 2021年12月15日閲覧
  5. ^ 研究社ニュースクール英和辞典p.529
  6. ^ ピーター・バラカン 「魂(ソウル)のゆくえ」p.50 新潮文庫版 1989年
  7. ^ ジェームス・ブラウン All music 2021年11月12日閲覧
  8. ^ Collins, W. (January 29, 2002). James Brown. St. James Encyclopedia of Popular Culture. Retrieved December 10, 2019.
  9. ^ http://www.allmusic.com/artist/bootsy-collins-mn0000107139
  10. ^ Sly and the Family Stone”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum, Inc. 2019年12月12日閲覧。
  11. ^ http://www.allmusic.com/album/anthology-mw0000199351
  12. ^ Ogunnaike, Lola. “Celebrating the Life and Impact of the Nigerian Music Legend Fela”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2003/07/17/arts/celebrating-the-life-and-impact-of-the-nigerian-music-legend-fela.html?pagewanted=1 2022年1月20日閲覧。 
  13. ^ ローウェル・フルソン AllMusic 2022年1月24日閲覧
  14. ^ http://www.allmusic.com/artist/sly-the-family-stone-mn0000033161
  15. ^ Hua Hsu. “How George Clinton Jr Made Funk a World View”. The New Yorker. 2021年11月10日閲覧。
  16. ^ http://www.allmusic.com/album/1980-mw0000379110
  17. ^ [1] AllMusic 2022年1月24日閲覧
  18. ^ http://www.thezappband.com/roger
  19. ^ http://www.allmusic.com/album/aurra-mw0000248963
  20. ^ ジャズ・ファンク AllMusic 2022年1月24日閲覧
  21. ^ http://www.discogs.com/David-Bowie-Fame/master/50555
  22. ^ Atlantic Starr”. 2020年8月24日閲覧。
  23. ^ Bass Player - William "Bootsy" Collins
  24. ^ Brass Constraction”. 2020年8月24日閲覧。
  25. ^ https://www.allmusic.com/artist/chic-mn0000092942
  26. ^ Con Funk Shun”. 2020年8月24日閲覧。
  27. ^ Hit me with your rhythm shtick: Ian Dury 2022年1月24日閲覧
  28. ^ https://www.allmusic.com/artist/kay-gees-mn0000369516
  29. ^ http://www.allmusic.com/artist/skyy-mn0000018896

関連項目編集