キャラハン (駆逐艦)

USS Callaghan (DD-792) off San Pedro, California (USA), on 4 February 1944 (BS 61307).jpg
艦歴
発注
起工 1943年2月21日
進水 1943年8月1日
就役 1943年11月27日
退役
その後 1945年7月28日戦没
除籍
性能諸元
排水量 2,050トン
全長 376 ft 4 in (114.7 m)
全幅 39 ft 6 in (12.1 m)
吃水 13 ft 8 in (4.2 m)
機関 蒸気タービン 2基、ボイラー 4基
2軸推進、60,000 shp (45 MW)
最大速力 38ノット (70 km/h)
航続距離 15ノットで6,500カイリ (12,000 km)
乗員 士官、兵員273名
兵装 Mk 12 12.7cm砲 5門
ボフォース 40mm機関砲 10門
エリコン20mm機関砲 7門
533mm5連装魚雷発射管 2基
爆雷軌条 2軌、爆雷投射機 6基

キャラハン (USS Callaghan, DD-792) は、アメリカ海軍駆逐艦フレッチャー級駆逐艦の一隻。艦名は第三次ソロモン海戦で戦死したダニエル・J・キャラハン海軍少将(1890年 - 1942年)に因む。少将は戦死後、作戦中の英雄的行動により勲章を授与された。

艦歴編集

キャラハンは1943年2月21日にカリフォルニア州サンフランシスコベスレヘム・スチールで起工した。1943年11月27日の進水式には故D・J・キャラハン婦人も参加し、艦長F・J・ジョンソン中佐の指揮の下就役した。

1944年2月5日にアメリカ西海岸で第五艦隊に編入され、タンカーの護衛および哨戒任務に従事する。6月から第五艦隊の一員としてマリアナへ侵攻サイパン島テニアン島グアム島攻略に参加し作戦終了後エニウェトク環礁に帰還した。

キャラハンはひき続きフィリピンへの反攻作戦に参加、ミンダナオ島ルソン島への空襲を行う米機動部隊を援護した。10月オーバーホールに入り、終了後間もない10月14日に大規模な航空攻撃を受けたが、キャラハンに大きな損害はなかった。その後はレイテ沖海戦硫黄島の戦い沖縄戦など大戦末期の各作戦に参加、米機動部隊の日本本土空襲にあたっては東京近海まで出撃したこともある。

キャラハンは沖縄戦最中の1945年7月9日から艦隊外周で搭載レーダーを使っての遠距離哨戒任務(レーダー・ピケット)に従事する。7月28日、突如ぎこちない操縦の木製複葉機(九三式中間練習機)が現れ、猛烈な対空砲火を低空でかいくぐりながら喫水線近くの機関室に突入・貫通して爆発した。特攻機がキャラハンの猛烈な対空砲火を耐え抜けたのは、近接信管が木製の機体に対しては作動しなかったためだった。キャラハンの乗員は機関室の消火・復旧作業に全力を尽くしたが、やがて火災は近接の弾薬庫に引火し、0235時に47名の乗組員とともに沈没した。なお、キャラハンは神風特別攻撃隊の攻撃で撃沈された最後の艦となった。

キャラハンは第二次世界大戦の戦功で8個の従軍星章を受章した。

関連項目編集

外部リンク編集