キレナイカ首長国

かつてリビアに存在した国
キレナイカ首長国
إمارة برقة  (アラビア語)
イギリス軍政下のリビア 1949年 - 1951年 リビア王国
キレナイカ首長国の国旗 キレナイカ首長国の国章
国旗国章
国歌: النشيد الوطني لإمارة برقة(アラビア語)[1]
キレナイカ首長国の国歌
キレナイカ首長国の位置
リビアの中のキレナイカ
公用語 アラビア語アウジラ語
宗教 イスラーム
首都 ベンガジ
アミール
1949年 - 1951年 イドリース
イギリス駐在官
1949年 - 1951年エリック・デ・カンドール英語版
変遷
独立 1949年3月1日
リビア王国成立1951年12月24日
通貨エジプト・ポンド
時間帯UTC +2
現在リビアの旗 リビア

キレナイカ首長国(キレナイカしゅちょうこく、アラビア語: إمارة برقة‎)は、1949年3月1日にサイイド・イドリースイギリスの支援を受け、キレナイカサヌーシー教団の独立した首長国として一方的に宣言したことにより誕生した[2]。イドリースはベンガジで開かれた「国民会議」で自らをキレナイカ首長と宣言した[3]。イギリスによる承認は国連の出方に影響を与えることができず、イギリスとフランスは1949年11月21日の決議でリビアの独立を準備するよう指示された。1951年12月24日にリビア王国の独立が宣言され、12月27日にイドリースはイドリース1世として即位した[2][4][3]

1947年に首長に就任したイドリースが採用したのは、白い星と三日月英語版のシンボルが入った黒い旗である。この旗は1951年のリビアの国旗の基礎となり、トリポリタニアフェザーンをそれぞれ表す赤と緑のストライプが加えられた。リビア国王となったイドリース1世は、首長国の旗を個人的な王室旗として使用し、上部ヘイストに白い王冠を追加した[5]

2012年3月6日、63年前の出来事と同じように、ベンガジでキレナイカの自治と連邦制の拡大を求める同様の会合が開かれた。国王イドリース1世の親戚であるアハメド・アル・サヌーシー英語版が、自称キレナイカ暫定評議会のリーダーとして発表された[6]

脚注編集

  1. ^ Himno Nacional de Cirenaica (1949-1951): "النشيد الوطني لإمارة برقة العربية"”. YouTube. 2022年5月閲覧。
  2. ^ a b Minahan, James (2002). Encyclopedia of the Stateless Nations: S-Z. Greenwood Publishing Group. p. 1659. ISBN 978-0-313-32384-3. https://books.google.com/books?id=Zu5GpDby9H0C 
  3. ^ a b Schulze, Reinhard (2002). A modern history of the Islamic world. I.B.Tauris. p. 135. ISBN 978-1-86064-822-9. https://books.google.com/books?id=ODfRbCkr9TAC 
  4. ^ Selassie, Bereket H. (1974). The executive in African governments. Heinemann. p. 94. ISBN 978-0-435-83100-4. https://archive.org/details/executiveinafric00bere 
  5. ^ Barraclough, Flags of The World (1965), p. 215.
  6. ^ Archived copy”. 2012年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月21日閲覧。