イギリス軍政下のリビア

イギリス軍政下のリビア
British military administration of Libya  (英語)
Amministrazione Militare Britannica della Libia  (イタリア語)
الإدارة البريطانية العسكرية في ليبيا (アラビア語)
イタリア領リビア 1942年 - 1951年 キレナイカ首長国
リビア王国
イギリス軍政下のリビアの国旗
イギリスの国旗
イギリス軍政下のリビアの位置
連合国によるリビア占領の地図
公用語 英語イタリア語アラビア語
首都 トリポリ
Chief Administrator(トリポリタニア)
1943年 - 1951年 トラバース・ブラックリー
Chief Administrator(キレナイカ)
1942年 - 1945年ダンカン・カミング英語版
1945年 - 1946年ピーター・アクランド英語版
1946年 - 1948年ジェームズ・ハウ
1948年 - 1948年アーサー・パーカー(仮)
1948年 - 1949年エリック・デ・カンドール英語版
変遷
連合国によるリビア占領 1943年5月13日
イタリアのリビア放棄1947年2月10日
キレナイカ首長国の設立1949年3月1日
国際連合による統治1949年12月10日
フェザーンキレナイカと統合してリビア王国を形成1951年12月24日
自治終了1963年4月27日
通貨トリポリタニア・リラ英語版(トリポリタニア)
エジプト・ポンド(キレナイカ)
現在リビアの旗 リビア

イギリス軍政下のリビア(イギリスぐんせいかのリビア、英語: British military administration of Libya)は、1943年からリビアが独立した1951年までの、旧イタリア領リビアキレナイカトリポリタニア地域がイギリスに支配されていた時期のリビアである。連合国によるリビア統治英語版の一部であった。

リビアの歴史
Coat of arms of Libya Tobruk Government.svg
この記事はシリーズの一部です。
リビアの先史時代英語版

リビア ポータル
· ·

歴史編集

 
第二次世界大戦中トリポリを占領し、ウォーターフロントに整列するイギリスの戦車と乗組員たち(1942年12月)

1942年11月、連合国軍はキレナイカを奪還した。1943年2月には、ドイツ兵とイタリア兵が全てリビアから追い出され、連合国軍によるリビアの占領が始まった。

 
トリポリタニアの10リラの切手(1950年)

トリポリタニアキレナイカは引き続きイギリスの統治下にあり、フェザーンはフランスが統治していた。1944年、イドリースは亡命先のカイロから帰国したが、1947年に外国の支配が一部解除されるまで、キレナイカでの永住は断念した。連合国との1947年の平和条約の条件の下で、トリポリタニアの植民地の維持を望んだイタリアとフェザーンを望んだフランスは、リビアへの要求をすべて放棄した。そのため、リビアは統一されたままであった。

連合国軍による北アフリカ解放後、1945年11月にトリポリタニアで起きた反ユダヤ人騒動英語版で130人以上のユダヤ人が殺された。1948年6月には、リビアの反ユダヤ暴徒がさらに12人のユダヤ人を殺害し、280戸のユダヤ人住宅を破壊した[1]。これらの反ユダヤ攻撃から生じた恐怖や不安と、イスラエル建国によって多くのユダヤ人がリビアから脱出した。1948年から1951年にかけて、30,972人のリビア系ユダヤ人がイスラエルに移住している[2]。1970年代になると、残りのリビア系ユダヤ人(約7,000人)はイタリアに疎開した。

イタリア植民地の処分は、対イタリア戦争を正式に終了させる平和条約の締結前に検討されなければならない問題であった。厳密にはリビアはイギリスとフランスの統治下にあったが、1945年のポツダム会談で連合国(イギリス、ソ連、アメリカ)は、戦争中に奪取したイタリア植民地をイタリアに返還すべきではないとの意見で一致した。この問題の検討は、フランス代表を含む連合国外相理事会に委ねられた。当初、すべての理事国が何らかの信託統治に賛成していたが、リビアの処分方法については決定打がないままであった。アメリカは、1945年10月に憲章が発効した国際連合の管理下で全土を信託統治し、自治を準備することを提案した。一方ソ連は、トリポリタニアを自国、フェザーンをフランス、キレナイカをイギリスとする地方信託統治を提案した。またフランスは、この議論に終わりはないと考え、イタリアへの領土返還を主張した。この状況を打破するために、イギリスはリビアの即時独立を勧告した[3]

1949年、キレナイカ首長国が誕生し、トリポリタニアだけがイギリス軍の直接統治下に置かれることになった。さらに、1年後の1950年には軍事政権から文民政権に移行した。キレナイカ首長でイスラム教スーフィー派サヌーシー教団の指導者であるイドリース・アス・サヌーシーは、リビアを代表して国連交渉に参加し、1951年12月24日にリビアは独立を宣言した。

独立編集

1951年、キレナイカ、トリポリタニア、フェザーンの代表が連合を宣言し、国をリビア連合王国と呼ぶことになり、イドリースは国王として即位した。 憲法に基づき、新国家はキレナイカ、トリポリタニア、フェザーンの3州が自治権を持つ連邦政府であった。また王国にはトリポリベンガジアルバイダの3つの首都があった。独立から2年後の1953年3月28日、リビアはアラブ連盟に加盟した。独立を宣言したリビアは、国連を通じて独立を果たした最初の国であり、アフリカで最初に独立を果たした旧ヨーロッパ植民地の国の一つでもある。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Goldberg, Harvey E. (1990). Jewish Life in Muslim Libya: Rivals and Relatives. University of Chicago Press. p. 97. ISBN 9780226300924. https://books.google.com/books?id=1_6XgrCXoTUC&pg=PA97 
  2. ^ History of the Jewish Community in Libya Archived July 18, 2006, at the Wayback Machine.". Retrieved July 1, 2006
  3. ^ Library of Congress: United Nations and Libya