キングのメッセージ

キングのメッセージ』(原題:Message from the King)は2016年に公開された合作のスリラー映画である。監督はファブリス・ドゥ・ヴェルツ、主演はチャドウィック・ボーズマンが務めた。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Netflixによる配信が行われている。

キングのメッセージ
Message from the King
監督 ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
脚本 スティーヴン・コーンウェル
オリヴァー・ブッチャー
製作 スティーヴン・コーンウェル
サイモン・コーンウェル
デヴィッド・ランカスター
製作総指揮 ザヴィエル・マーチャンド
ベネディクト・カーヴァー
ロードリ・トーマス
チャドウィック・ボーズマン
アレクセイ・ボルソ
アッシュ・R・シャー
スティーヴン・ケンパー
ジョエル・ティブー
デヴィッド・アトラン=ジャクソン
出演者 チャドウィック・ボーズマン
ルーク・エヴァンス
テリーサ・パーマー
ナタリー・マルティネス
音楽 ヴァンサン・カエイ
フェリックス・ペニー
撮影 モニカ・レンチェフスカ
編集 ベアトリス・シスル
製作会社 エンターテインメント・ワン
ジ・インク・ファクトリー
ザ・ジョーカー・フィルムズ
Entre Chien et Loup
配給 フランスの旗レス・ブックメーカーズ
公開 フランスの旗2017年5月10日
上映時間 103分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 英語
興行収入 世界の旗$268,837[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

南アフリカ共和国ケープタウン。ジェイコブ・キングの元に長らく疎遠だった妹、ビアンカから助けを求めるメールが届いた。そこで、ジェイコブは妹が暮らすロサンゼルスへと急行した。ビアンカの自宅についたジェイコブだったが、そこに彼女はいなかった。近所の人から「ビアンカの夫は少し前に失踪した」「ビアンカは要らないものを処分した後にどこかへ行ってしまった」という情報を得たが、ビアンカの行き先がどこなのか見当もつかなかった。

ジェイコブはビアンカに家を貸し出していた女性の下を訪ね、ビアンカがジーコと名乗る男に誘拐されたと聞かされた。ジェイコブはすぐさまジーコを探し出して問い詰めたが、ジーコは何も知らないと答えるばかりであった。その後、立ち寄った店の店主から「死体安置所をチェックしてみたどうか」とアドバイスされ、ジェイコブはそれに従った。そして、ついにビアンカの遺体を発見したが、遺体には凄惨な拷問を受けた形跡があった。

ビアンカの所持品をくまなく調べたところ、ジェイコブはビアンカがジーコ一味と一緒に映っている写真を複数枚発見した。怒ったジェイコブはジーコをぶん殴りに行き、「お前を殴ったのは上役(デューク)へのメッセージだと伝えろ」と言い、ジーコの携帯を盗んでから立ち去った。その後、ジェイコブはビアンカの家の近所に暮らすトリッシュが開いたパーティーに参加して情報収集に励み、ビアンカが麻薬を買っていた売人の名前を突き止めた。ジェイコブはフランキーをおびき出して脅しつけた後、彼のの携帯電話を盗んで立ち去った。ジェイコブがモーテルに戻ると、売春婦(ケリー)に出くわした。ケリーはジェイコブが見て見ぬふりをしてくれたことに喜び、「私の自動車を好きに使って」と言ってくれた。

ジェイコブはビアンカの紹介と称して彼女が通っていた歯科医(ウェントワース)に接触した。ウェントワースからビアンカが夫の借金の埋め合わせに売春を強要されていたことを聞き出したが、どうにも釈然としないものを感じた。そこで、ジェイコブはウェントワースを尾行することにした。行き着いた先はハリウッドの大物プロデューサー、マイク・プレストンの邸宅であった。驚くべきことに、邸宅にはビアンカの息子(アーマンド)の姿があった。さらなる捜査の結果、ジェイコブは真実に辿り着くが、それはあまりにもおぞましいものであった。

キャスト編集

製作編集

2014年11月4日、チャドウィック・ボーズマンが本作に出演することになったとの報道があった[3]。2月、ルーク・エヴァンスの出演が決まった[4]2015年3月16日、ナタリー・マルティネスがキャスト入りした[5]

公開・マーケティング編集

2016年9月8日、本作は第41回トロント国際映画祭でプレミア上映された[6]。9月14日、Netflixが本作の配信権獲得に乗り出していると報じられた[7]。2017年7月25日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[8]

評価編集

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには10件のレビューがあり、批評家支持率は40%、平均点は10点満点で4.9点となっている[9]。また、Metacriticには5件のレビューがあり、加重平均値は40/100となっている[10]

出典編集

  1. ^ キングのメッセージ”. 映画.com. 2019年9月5日閲覧。
  2. ^ Message from the King (2017)”. The Numbers. 2019年9月5日閲覧。
  3. ^ Chadwick Boseman to Star in Thriller ‘Message From the King’”. Variety (2014年11月4日). 2019年9月5日閲覧。
  4. ^ Luke Evans, others join Chadwick Boseman’s revenge thriller Message From The King”. A.V.Club (2015年2月13日). 2019年9月5日閲覧。
  5. ^ Natalie Martinez Helps Track A Killer In ‘Message From The King’”. Deadline.com (2015年3月16日). 2019年9月5日閲覧。
  6. ^ Chadwick Boseman Investigates L.A’s Underbelly In Neo-Noir ‘Message from the King’”. The Playlist (2016年9月9日). 2019年9月5日閲覧。
  7. ^ ‘Message From The King’ Headed Toward Exclusive Netflix Negotiation”. Deadline.com (2016年9月14日). 2019年9月5日閲覧。
  8. ^ Message from the King Official Trailer Netflix”. YouTube (2017年7月25日). 2019年9月5日閲覧。
  9. ^ Message from the King”. Rotten Tomatoes. 2019年9月5日閲覧。
  10. ^ Message from the King (2017)”. Metacritic. 2019年9月5日閲覧。

外部リンク編集