メインメニューを開く

ギョズデ・ソンスルマ(Gözde Kırdar Sonsırma, 旧姓: クルダル、女性、1985年6月25日 - )は、トルコバレーボール選手。トルコ代表キュタヒヤ出身。

ギョズデ・ソンスルマ
Gözde Kırdar Sonsırma
ワクフバンクSK
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Gözde Kırdar Sonsırma 2 Vakıfbank SK TWVL 20180426 (6).jpg
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 (1985-06-25) 1985年6月25日(34歳)
出身地 キュタヒヤ県キュタヒヤ
ラテン文字 Gözde Kırdar Sonsırma
身長 183cm
体重 70Kg
選手情報
所属 トルコの旗 ワクフバンクSK
ポジション WS
利き手
スパイク 297cm
ブロック 292cm
 
獲得メダル
Flag of Turkey.svg トルコ
ワールドグランプリ
2012 中華人民共和国の旗中国
欧州選手権
2003 トルコの旗トルコ
2011 イタリアの旗イタリア/セルビアの旗セルビア
テンプレートを表示

来歴編集

所属クラブと代表のオズゲ・チェンベルジは双子の妹である。

プロバスケットボール選手のオヌル・ソンスルマと結婚している。

2003年トルコ代表に初選出され、同年のワールドカップに出場し、7位に入った。

2010年10-11月開催の世界選手権に出場し、過去最高の6位入賞した。 欧州チャンピオンズリーグ2010-2011年シーズンではワクフバンク・テュルクテレコムで優勝した。そのとき自身もベストレシーバーに輝いた。

2011年欧州選手権でレギュラーとしてトルコチームを引っ張り、銅メダルへ導いた。2012年ロンドンオリンピックに出場。

2012-13シーズン、所属するワクフバンクの主将としてチームを牽引し、トルコリーグ欧州チャンピオンズリーグなど公式戦無敗に大きく貢献した。

2013年FIVBワールドグランプリ、欧州選手権に出場した。同年10月の世界クラブ選手権で初優勝を果たし、自身もベストアウトサイドに選ばれた。

2014年、2013-14シーズンにて欧州チャンピオンリーグで準優勝、トルコリーグで連覇を果たした。リーグではMVPとベストレシーバー賞を受賞した[1]。同年より代表チームの主将を務め、ワールドグランプリでは4位となった。

球歴編集

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ [1]

外部リンク編集