クィントゥス・ホルテンシウス

クィントゥス・ホルテンシウス(ラテン語: Quintus Hortensius、? - 紀元前287年)は、古代ローマ独裁官平民の出身である。ホルテンシウス法を制定したことで知られる。

Rmn-social-header-1-.svg
クィントゥス・ホルテンシウス
Q. Hortensius
出生 不明
死没 紀元前287年
出身階級 プレブス
氏族 ホルテンシウス氏族
官職 独裁官(紀元前287年頃)
テンプレートを表示

経歴編集

紀元前287年頃、債権者である貴族の圧迫に耐え切れなくなった平民らがヤニクルムに退去してしまう事件が起こった。解決を任されたホルテンシウスは、プレブス民会の議決が元老院の承認を得ずともローマ国法となるホルテンシウス法を制定し、貴族と平民との闘争に終止符を打った。また、同じころに制定された、ヌンディナエ(市の日)をディエース・ファスチ英語版(法的な行為が許される日)とする法律にも彼が携わったとされている。

彼は独裁官の任期中に死去したとされている[1]。在任中に死去した独裁官は彼とユリウス・カエサルの2人のみである。

出典編集

  1. ^ リウィウス『ペリオカエ』11

参考文献編集

  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Hortensius, Quintus". Encyclopædia Britannica (英語). 13 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 741.

関連項目編集