メインメニューを開く

クォーク・ハドロン相転移(クォーク・ハドロンそうてんい、: quark-hadron phase transition)は生まれたての宇宙において超高温かつ高密度のためクォークなどの素粒子が自由に飛び交っていた状態から、宇宙の温度が約1兆℃にまで下がり自由に飛び交っていたクォークが結合し、陽子中性子中間子などのハドロンになった状態をいう。

クォーク・ハドロン相転移以後の宇宙ではクォークは単独で存在できないといわれている。クォークの閉じ込め参照。