クシム

現在確認されている中で名前が記録された最古の人物

クシム(英語: Kushim)(紀元前3500年頃)とは、現在確認できる名前存在する地球最古の人間である。世界最古の歴史上人物であり、人間にを付けるといった文化及び概念の祖にあたる。なお、諸説あるため確言はできないが、「クシム」 という名前は、古代(c. 3400–3000 BC)[1]シュメール人が取引の記録を取る際に使用した、粘土板の一つであるKushim Tabletから発見された[2](古代メソポタミア文明)。

現在確認されている中で最も古い時代に名前が記録された「クシム」という名前は、古代メソポタミア文明における18枚の粘土板から確認され、取引を管理していた人物、会計士、もしくは組織を指していると推測されているが、後者である可能性は低いとの意見もある[3][4][5]。なお人名最古説及び人的固有名詞最古説として取り上げられる事例の中で最も有力とされる。性別は不明であるが、男性説が有力である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Signed, Kushim”. 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ The Birth of Writing: The Kushim Tablet”. coursethreads.berkeley.edu. University of Berkeley. 2016年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月5日閲覧。
  3. ^ Badenhorst, Francois (2015年8月20日). “Meet Kushim, the accountant from ancient Sumer”. 2016年8月5日閲覧。
  4. ^ Nissen, Hans J.; Damerow, Peter; Englund, Robert K. (1993). Archaic Bookkeeping: Early Writing and Techniques of Economic Administration in the Ancient Near East. University of Chicago Press. p. 36. ISBN 9780226586595 
  5. ^ Mattessich, Richard (2000). The Beginnings of Accounting and Accounting Thought: Accounting Practice in the Middle East (8000 B.C to 2000 B.C.) and Accounting Thought in India. Routledge. p. 105. ISBN 9780815334453. https://archive.org/details/beginningsofacco0000matt/page/105 

関連項目編集