会計士(かいけいし、英語: accountant)は、会計の実務を担う職業。経営者投資家、課税当局など意思決定者が必要とする、財務状況に関する計算、開示、証明書作成などを業務とする。

会計
主要概念
簿記 - 時価会計
現金主義 - 発生主義
環境会計
売上原価 - 借方 / 貸方
複式簿記 - 単式簿記
後入先出法 - 先入先出法
GAAP / US-GAAP
概念フレームワーク
国際財務報告基準
総勘定元帳 - 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 - 試算表
会計の分野
原価 - 財務 - 法定
基金 - 管理 -
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 - MD&A
監査
監査報告書 - 会計監査
GAAS / ISA - 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
JPCPA - ACCA - CA - CGA
CIMA - CMA - CPA - Bcom
税理士 - 簿記検定
テンプレートを表示

会計士の名「accountant」の語源は、フランス語の動詞「compter」、更にラテン語の動詞「computare」に遡る。中英語では「accomptant」と綴られたが、pの音が脱落し、綴りが現表記に変化した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Pixley, Francis William: Accountancy - constructive and recording accountancy (Sir Isaac Pitman & Sons, Ltd, London, 1900), p4[1]

関連項目編集

日本

アメリカ合衆国

イギリス

オーストラリア