クラウス・ツムヴィンケル

クラウス・ツムヴィンケル(2007年

クラウス・ペーター・リヒャルト・オットー・ツムヴィンケルKlaus Peter Richard Otto Zumwinkel1943年12月15日 - )は、ドイツ実業家1990年から2008年までドイツポスト最高経営責任者(CEO)を務めた。

経歴編集

1974年からマッキンゼーコンサルタントとしてそのキャリアをスタートさせ、1984年よりケレAGのCEOを務めた後、1990年にドイツポストのCEOに就任した。同社の黒字化を達成させ、2005年には日本郵政民営化に関する基調講演を行った[1]。しかし2008年2月14日リヒテンシュタインに隠し口座を持っているとして脱税容疑により逮捕されると、即日釈放された後、CEO辞任を表明した[2]

脚注編集