クラトゥKlaatu)は、ジョン・ウォロシャクとディー・ロングによって1973年に結成されたカナダ オンタリオ州 トロントプログレッシブ・ロック・バンド。結成当時にはメンバーの詳細が明らかにされていなかったが、スタジオ・ミュージシャンが集合したバンドである。ポップ・ミュージックの影響を受けたプログレッシブ・ロックという音楽性から、「カナダのビートルズ」として知られる[1][2]

クラトゥ
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州 トロント
ジャンル
活動期間
  • 1973年 - 1982年
  • 1988年
  • 2005年
レーベル
公式サイト www.klaatu.org
旧メンバー

バンド名の由来は、1951年のSF映画『地球の静止する日』においてマイケル・レニー演ずる宇宙からの訪問者「クラトゥ英語版」である。

来歴編集

 
地球の静止する日』の宇宙人クラトゥ(マイケル・レニー

初期のシングル『Anus Of Uranus/Sub-Rosa Subway』『Dr. Marvello/For You Girl』はGRT Recordsからリリースされ、シングル『California Jam』『True Life Hero』発売後にはドラマーとして参加していた テリー・ドレーパーが正式メンバーとなり3人編成となった。マネージメント業務を務めていたテリー・ブラウン英語版の尽力で キャピトル-EMI カナダ との専属契約が成立し、バンドの活動は更に活性化した。そしてブラウンは後に彼らのプロデューサーとなった。

最初のアルバム『3:47 EST』は、中期以降のサイケデリック要素を含めたビートルズ・サウンドに似ていたことから、アルバム発売当初はビートルズのメンバーが覆面で活動しているなどの憶測が各種音楽メディアから伝えられ、そのためバンドとアルバムが注目を集めることとなった。2つめのアルバム『Hope』では、ロンドン交響楽団が参加したが、ファースト・アルバムのサイケデリックな世界観からは遠ざかってしまった。1980年代に入り4枚めのアルバム『Endangered Species』がリリースされた頃にようやくバンドのメンバーが少しだけ紹介され、ドラマーのテリー・ドレーパー、キーボーディスト/ベーシストのジョン・ウォロシャク、ギタリストのディー・ロングの3人が明らかにされた。そして彼らからは、ビートルズからの音楽面の影響を否定する発言が飛び出した。

クラトゥは、元々がスタジオ・ミュージシャンの集合体であったため、バンドとしてライブ活動は行なっていなかったが、契約上の義務としてキャピトル/EMI カナダは1981年11月からしばらくの間、Max Webster and Nightwind からメンバーを呼び入れる形の6人編成にてコンサート・ツアーを組み、ライブ・パフォーマンスを行わせた。しかし、メンバーのうちディー・ロングは、ライブ・パフォーマンスに関しての意味合いを見いだせなかったため、ツアー途中の1982年4月にクラトゥから脱退してしまう。残されたジョン・ウォロシャクとテリー・ドレーパーはその後数ヶ月間ツアーをこなしパフォーマンスを続けたが、最終的に1982年8月にクラトゥは解散を迎えることになった。

解散後の1988年にメンバー 3人が集合し、ロンドンにあるジョージ・マーティンAIRスタジオで、ドイツのテレビ・シリーズ "Tatort" 用に、バンド・メンバー外の Paul Vincent Gunia が書いたシングル「Woman」をレコーディングした。そのシングルは西ドイツでのみリリースされたが、シングル・チャートに食い入ることは出来なかった。レア・アイテムのシングルとして知られていたが、後にコンピレーションの『rarities collections』などに収録された。その後数年を経た2005年5月7日には再び3人が集まり "Toronto's KlaatuKon" でアコースティック版のライブ・パフォーマンスを行っている。その時のセット・リストには "At the End of the Rainbow"、"I Don't Wanna Go Home"、"Cherie、Magentalane"、"Little Neutrino"、"All Good Things" などが選曲されていた。

その後編集

クラトゥのオリジナル・アルバムは、2000年代に入るとキャピトルを含む様々なレーベルからCD化して再リリースされた。レーベルによっては曲数や曲順などが変えられて販売されたが、カナダの Bullseye Records からはオリジナル・アルバムの曲順と曲数でリリースされ、さらに同レーベルからは『Around the Universe In Eighty Minutes』というクラトゥへのトリビュート盤もリリースされている。そして2005年には同レーベルから、2-CDのコレクション・セットとして『Sun Set: 1973-1981』がリリースされ、その中には レアリティーズ、デモ・トラック、初期のレア・シングル、その他音源が収録された。その中で一番興味深い音源には、キャピトルからリリースされた「Hope」のオリジナル・バージョンが挙げられる。以前のリリース時には、ロンドン交響楽団のパートがリリース直前の最終段階で全て未使用とされリリースされていたが、この音源によって、オーケストレーションがカットされていないオリジナルのバージョンを聴くことが出来るようになった。2-CD セットにはバンド・メンバーへのインタビューを綴った40ページに及ぶブックレットも付属。また同年2005年にはコンピレーション・アルバムの『Raarities』もリリースされたが、このコレクションはアナログ盤LPだけのリリースとなっている。『Raarities』ではKlaatuの熱心なファンに対して様々なマテリアルを提供していて、別ミックス音源やシングルのバージョン違いなど、『Sun Set: 1973-1981』とは異なり「Hope」を含む未発表音源などが多数収録されている。2009年3月にCDでリリースされた『Sology』には『Raarities』収録曲のライブ・レコーディング版音源が収録された。

メンバー編集

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

アルバム名 原題表記
3:47 EST / "KLAATU" for USA 3:47 EST 1976
ホープ Hope 1977
サー・アーミー・スーツ Sir Army Suit 1978
エンデインジャード・スピーシーズ Endangered Species 1980
マジェンタレーン Magentalane 1981

コンピレーション・アルバム編集

アルバム名 原題表記
クラトゥ・サンプラー Klaatu Sampler 1981
Klaasic Klaatu Klaasic Klaatu 1982
ピークス Peaks 1993
サン・セット Sun Set 2005
Raarities Raarities 2005
Solology Solology 2009
World Kontact Day, CD/DVD World Kontact Day, CD/DVD est 2009

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c Powers, Jim. Klaatu Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2022年4月17日閲覧。
  2. ^ a b Robert Arnone, John (202 1). Us and Them: Canada, Canadians and The Beatles. FriesenPress. p. 179. ISBN 9781039115729. "Klaatu's progressive rock sound was definitely Beatle-esque in a post-Revolver kind of way" 
  3. ^ Havers, Richard (2020年10月8日). “When The Carpenters Met Prog Rock”. UDiscoverMusic. 2022年4月17日閲覧。
  4. ^ 6 Pitchfork Staffers on the Best Albums They Found Based on the Cover Art”. Pitchfork. Condé Nast (2018年3月14日). 2022年4月17日閲覧。
  5. ^ Strange History. Portable Press. (2016). ISBN 1-62686-583-3 
  6. ^ Shindig! - Issue 35 / from Piccadilly Records” (英語). Piccadillyrecords.com. 2022年4月17日閲覧。