クリスチャニティ・トゥディ

クリスチャニティ・トゥディ英語Christianity Today)は、福音主義 に立つクリスチャンのため、イリノイ州から発行される福音派の定期刊行物である。

概要編集

1956年に、メインラインと呼ばれるエキュメニカル派に対抗する、福音主義のクリスチャンコミュニティのため始まった。古屋安雄は、この雑誌が福音派だけではなく、キリスト教の代表的雑誌になってきているとしている[1]

マガジンは、伝道者ビリー・グラハムと編集長カール・ヘンリーにより創刊された。初期の執筆者には福音派で有名なフレドリク・ブルースハロルド・リンゼルらがいる。

二代目の編集長ハロルド・リンゼルの時代に、聖書無謬について議論が起こった。リンゼルは、聖書の無誤性(イネランシー、全く誤りがない)を強調し、1976年に『聖書のための戦い』を出版した([2])。

最近の有名な執筆陣はフィリップ・ヤンシーフラー神学大学リチャード・ムーイェール大学ステファン・カーターである。

1996年には、インターネット記事掲載も始められた。

なお、日本のキリスト教新聞インターネットメディアである、クリスチャントゥデイと名前が似ているが、クリスチャニティ・トゥディとの関係はない。

政治的なスタンス編集

福音派は、長らく共和党の支持基盤であり続けてきた。2016年アメリカ合衆国大統領選挙で当選したドナルド・トランプも支持している。しかしながらクリスチャニティ・トゥディ誌は、トランプの移民政策に批判的な姿勢を採ったほか、2019年にはドナルド・トランプとウクライナ論争に端を発する大統領弾劾手続きを賛成するなど一線を画した編集方針を示している[3]

脚注編集

  1. ^ 古屋安雄著『激動するアメリカ教会-リベラルか福音派か』ヨルダン社 p.98
  2. ^ 『日本における福音派の歴史』中村敏 いのちのことば社
  3. ^ 米福音派の有力誌、トランプ大統領の罷免呼びかけ”. CNN (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。

外部リンク編集