2016年アメリカ合衆国大統領選挙

第58回目のアメリカ合衆国大統領選挙

2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2016)は、2016年11月8日アメリカ合衆国で実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙
United States presidential election, 2016
アメリカ合衆国
2012年 ←
2016年11月8日
→ 2020年

投票率 55.3%
  Donald Trump Pentagon 2017.jpg Hillary Clinton by Gage Skidmore 2.jpg
候補者 ドナルド・トランプ ヒラリー・クリントン
政党 共和党 民主党
州籍 ニューヨーク州 ニューヨーク州
副大統領候補者 Mike Pence by Gage Skidmore 6.jpg
マイク・ペンス
Tim Kaine crop.jpg
ティム・ケイン
獲得選挙人 304 227
勝利州数 30 + ME - 02 20 + DC
得票数 62,979,636 65,844,610
得票率 46.0% 48.1%

ElectoralCollege2016.svg

州別獲得選挙人分布図
     トランプ      クリントン     パウエル     サンダース     ポール     ケーシック     スポッテッド・イーグル

選挙前大統領

バラク・オバマ
民主党

選出大統領

ドナルド・トランプ
共和党

2期にわたって大統領を務めたバラク・オバマの立候補はアメリカ合衆国憲法修正第22条の規定によって認められないため、民主党ヒラリー・クリントン共和党ドナルド・トランプが対決し、多くの世論調査を覆しドナルド・トランプが勝利した。

得票数ではヒラリーがトランプを上回っていたが、選挙人獲得数ではトランプがヒラリーを上回っており、トランプの勝利が確定した。得票数で対立候補を下回った候補が選挙人獲得数により大統領に指名されるのは、ジョージ・W・ブッシュアル・ゴアを破った2000年アメリカ合衆国大統領選挙以来16年ぶりとなる。

また選挙人投票で誓約違反となる造反を、トランプの選挙人は2人、ヒラリーの選挙人は5人が行い、両党で計7人は史上最多の造反となった。

目次

概要編集

主な日程は以下のとおり(いずれも現地時間表示)。

2016年
2017年

立候補者編集

共和党編集

指名候補編集

2016年アメリカ合衆国大統領選挙の共和党指名候補
ドナルド・トランプ マイク・ペンス
大統領候補 副大統領候補
   
トランプ・オーガナイゼーションCEO インディアナ州知事
ニューヨーク州 インディアナ州
2015年6月16日出馬表明[1]
2016年7月19日正式指名[2]
2016年7月19日正式指名[3]
 

2016年7月、共和党の大統領候補指名を確実にしたドナルド・トランプは、ニュージャージー州知事クリス・クリスティ、元アメリカ合衆国下院議長ニュート・ギングリッチインディアナ州知事マイク・ペンスを副大統領候補として検討していると報じられた[4]

7月15日、トランプはペンスを副大統領候補に内定したことを発表する。7月19日、ペンスは共和党全国大会で副大統領候補に指名された[5]

予備選挙における主要候補編集

2016年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙の主要候補
テッド・クルーズ ランド・ポール マルコ・ルビオ ベン・カーソン カーリー・フィオリーナ マイク・ハッカビー
上院議員テキサス州選出
上院議員ケンタッキー州選出
上院議員フロリダ州選出
ジョンズ・ホプキンス大学附属病院小児神経外科部長
ヒューレット・パッカードCEO
アーカンソー州知事
2015年3月23日出馬表明[6]
2016年5月4日撤退[7]
2015年4月7日出馬表明[8]
2016年2月3日撤退[9]
2015年4月13日出馬表明[10]
2016年3月15日撤退[11]
2015年5月4日出馬表明[12]
2016年3月4日撤退[13]
2015年5月4日出馬表明[14]
2016年2月10日撤退[15]
2015年5月5日出馬表明[16]
2016年2月1日撤退[17]
リック・サントラム ジョージ・パタキ リンゼー・グラム リック・ペリー ジェブ・ブッシュ ボビー・ジンダル
上院議員ペンシルベニア州選出)
ニューヨーク州知事
上院議員サウスカロライナ州選出
テキサス州知事
フロリダ州知事
ルイジアナ州知事
2015年5月27日出馬表明[18]
2016年2月3日撤退[19]
2015年5月28日出馬表明[20]
2015年12月29日撤退[21]
2015年6月1日出馬表明[22]
2015年12月21日撤退[23]
2015年6月4日出馬表明[24]
2015年9月11日撤退[25]
2015年6月15日出馬表明[26]
2016年2月20日撤退[27]
2015年6月24日出馬表明[28]
2015年11月17日撤退[29]
クリス・クリスティ スコット・ウォーカー ジョン・ケーシック ジム・ギルモア
ニュージャージー州知事
ウィスコンシン州知事
オハイオ州知事
バージニア州知事
2015年6月30日出馬表明[30]
2016年2月10日撤退[31]
2015年7月13日出馬表明[32]
2015年9月21日撤退[33]
2015年7月21日出馬表明[34]
2016年5月4日撤退[35]
2015年7月30日出馬表明[36]
2016年2月12日撤退[37]

民主党編集

指名候補編集

2016年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党指名候補
ヒラリー・クリントン ティム・ケイン
大統領候補 副大統領候補
   
国務長官 上院議員バージニア州選出
ニューヨーク州 バージニア州
2015年4月12日出馬表明[38]
2016年7月26日正式指名[39]
2016年7月27日正式指名[40]
 

2016年6月、民主党の大統領候補指名を確実にしたヒラリー・クリントンは、マサチューセッツ州選出上院議員エリザベス・ウォーレンバージニア州選出上院議員ティム・ケインオハイオ州選出上院議員シェロッド・ブラウン住宅都市開発長官フリアン・カストロ英語版労働長官トーマス・ペレス英語版ニュージャージー州選出上院議員コリー・ブッカー英語版下院民主党議員総会議長ザビエル・ベセラ英語版ロサンゼルス市長エリック・ガルセッティ英語版オハイオ州第13選挙区選出の下院議員ティム・ライアン英語版を副大統領候補として検討していると報じられた[41]

7月22日、クリントンはケインを副大統領候補に内定したことを発表する[42]。7月27日、ケインは民主党全国大会で副大統領候補に指名された[43]

予備選挙における主要候補編集

2016年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙の主要候補
バーニー・サンダース マーチン・オマリー リンカーン・チェイフィー ジム・ウェッブ ローレンス・レッシグ
上院議員バーモント州選出
メリーランド州知事
ロードアイランド州知事
上院議員バージニア州選出)
ハーバード大学法学部教授
2015年4月30日出馬表明[44]
2015年5月30日出馬表明[45]
2016年2月1日撤退[46][47]
2015年6月3日出馬表明[48]
2015年10月23日撤退[49]
2015年7月2日出馬表明[50]
2015年10月20日撤退[51]
2015年9月6日出馬表明[52]
2015年11月2日撤退[53]

第三党編集

リバタリアン党アメリカ緑の党をはじめ、二大政党以外の政党(第三の党)や無所属の候補も立候補している。アメリカでは、泡沫政党の候補はそもそもすべての州で選挙人を擁立していないため大統領を当選させることは(その支持率に関係なく)不可能であり、わずかでも当選可能性がある候補は二大政党以外にはリバタリアン党と緑の党に限られる。

リバタリアン党編集

ゲーリー・ジョンソンジョン・マカフィーオースティン・ピーターセン英語版らが立候補を表明。ノースカロライナ州ミズーリ州カリフォルニア州の各予備選にも複数の候補が名簿登録した。2016年5月には、元ミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラも出馬を検討していることを明らかにしていた[54][55]

指名候補編集
2016年アメリカ合衆国大統領選挙のリバタリアン党指名候補
ゲーリー・ジョンソン ウィリアム・ウェルド
大統領候補 副大統領候補
   
ニューメキシコ州知事 マサチューセッツ州知事
ニューメキシコ州 マサチューセッツ州
2016年1月6日出馬表明
2016年5月29日正式指名
2016年5月29日正式指名
 

2016年5月29日、フロリダ州オーランドで開かれたリバタリアン党大会でジョンソンが大統領候補に指名されるとともに、ジョンソンが推す元マサチューセッツ州知事ウィリアム・ウェルドが副大統領候補に指名された[56][57]。いずれも共和党出身の政治家である。

予備選挙における主要候補編集
2016年アメリカ合衆国大統領リバタリアン党予備選挙の主要候補
オースティン・ピーターセン ジョン・マカフィー
活動家
マカフィー創業者
2015年10月27日出馬表明
2015年12月24日出馬表明

アメリカ緑の党編集

マサチューセッツ州の医師ジル・スタインカリフォルニア州のミュージシャンで環境保護活動家のダリル・チャーニー英語版が立候補を表明した。マサチューセッツ州およびカリフォルニア州の予備選にはセディナム・キナモ・クリスティン・モヨワシフェ・カリー、ウィリアム・P・クレメル、ケント・メスプレイ英語版も名簿登録している。

指名候補編集
2016年アメリカ合衆国大統領選挙のアメリカ緑の党指名候補
ジル・スタイン アジャム・バラカ
大統領候補 副大統領候補
医師 人権活動家
マサチューセッツ州 ワシントンD.C.
2015年6月22日出馬表明
2016年8月09日正式指名
 
予備選挙における主要候補編集
ダリル・チャーニー
環境保護活動家
2015年12月11日出馬表明

立憲党編集

立憲党は他の第3党と比較すると若干勢力は小さい。

指名候補編集
2016年アメリカ合衆国大統領選挙の立憲党指名候補
ダレル・キャッスル スコット・ブラッドリー
大統領候補 副大統領候補
 
弁護士 作曲家
テネシー州 ユタ州

その他の政党編集

アメリカ党 独立アメリカ党英語版 栄養党 社会主義労働者党 社会主義解放党
トム・ホーフィング ファーレイ・アンダーソン ロッド・シルヴァ アリソン・ケネディ グロリア・ラ・リヴァ
         
活動家 活動家 レストラン経営者 活動家 活動家
2008年社会主義解放党大統領候補
アイオワ州[58] ユタ州[59] ニュージャージー州[60][61] インディアナ州 ニューメキシコ州[62]
禁酒党 トランスヒューマニスト党 アメリカ退役軍人党英語版
ジェイムズ・ヘッジ ゾルタン・イシュトヴァン クリス・ケイストン
     
元課税査定人 未来学者 信頼性技術者
ペンシルベニア州[63][64] カリフォルニア州[65][66][67] テキサス州[68]

無所属編集

ニューヨーク市長ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグが無所属での立候補を検討していたが[69]、2016年3月7日に立候補を断念したことを表明した[70]

民主党予備選への立候補を表明していたハーバード大学教授ローレンス・レッシグ[71]、リバタリアン党からの立候補を検討していた元ミネソタ州知事ジェシー・ベンチュラ[72]の無所属での立候補も複数のメディアで取り沙汰された。

主要な無所属候補者編集

エヴァン・マクマリン ミンディー・フィン
大統領候補 副大統領候補
 
CIA職員 起業家
  ユタ州 テキサス州
2016年8月8日出馬表明[73][74]

その他の無所属候補者編集

ダン・ビルツァーリアン ケン・フィールズ テリー・ジョーンズ マーリン・ミラー ジョー・シュライナー
         
プロポーカープレイヤー 起業家、環境活動家 ダブ・ワールド・アウトリーチ・センター英語版牧師 映画監督 画家
  カリフォルニア州   ニューヨーク州   テネシー州   オハイオ州
2015年6月[75] 2015年11月[76][77] 2013年7月[78][79] 2015年7月[80] 2014年10月[81]
ガイ・シュワルツ ロン・ホワイト ロビー・ウェルズ
     
音楽家 コメディアン
俳優
サバンナ州立大学英語版サッカーヘッドコーチ
  テキサス州   ノースカロライナ州
2015年11月[83] 2016年3月[84][85]

このほか、ラッパーのワカ・フロッカ・フレイム[86]、声優のテッド・ウィリアムズ英語版[87]も立候補していたが、それぞれ撤退している。また、ジョン・マカフィーは「サイバー党」を結成し、無所属での立候補を表明していた[88]。その後、リバタリアン党からの出馬を模索するも、同党の指名は得られなかった。

結果編集

 
投票用紙

獲得選挙人

e • d    2016年アメリカ合衆国大統領選挙 2016年施行)
候補者 選挙人投票 一般投票
大統領候補
州籍
副大統領候補
州籍
所属政党 獲得選挙人 獲得率 得票数 得票率
ドナルド・トランプ
ニューヨーク州
マイク・ペンス
インディアナ州
共和党 304* 56.5%* 62,979,879 45.95%
ヒラリー・クリントン
ニューヨーク州
ティム・ケイン
ヴァージニア州
民主党 227
42.2% 65,844,954 48.04%
ゲーリー・ジョンソン
ニューメキシコ州
ウィリアム・ウェルド
マサチューセッツ州
リバタリアン党 0 0% 4,488,919 3.28%
ジル・スタイン
マサチューセッツ州
アジャム・バラカ
イリノイ州
合衆国緑の党 0 0% 1,457,044 1.06%
エヴァン・マクマリン
ユタ州
ミンディー・フィン
コロンビア特別区
無所属 0 0% 725,902 0.53%
ダレル・キャッスル
テネシー州
スコット・ブラッドリー
ユタ州
憲法党 0 0% 202,979 0.15%
グロリア・ラリバ英語版
カリフォルニア州
ユージン・パーイヤー英語版
コロンビア特別区
社会主義解放党 0 0% 74,402 0.05%
一般投票での無得票者および追記投票のみの得票者 7* 1.3%* 1,103,554 0.81%
その他諸派・無所属候補総計 0 0% 176,283 0.13%
有効票 不明
無効票・白票 不明 不明
投票総数 538 100.00 137,053,916 100.00
有権者(投票率) 100.00 [90]
出典:Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections 2016年12月23日閲覧時点

*大統領選挙ではトランプ304票・非立候補者7票だが、副大統領選挙ではペンス305票・非立候補者6票。

誓約違反投票
共和党・トランプ/ペンスへの誓約選挙人の誓約違反
選挙人の州 大統領選挙得票者 政党 票数 副大統領選挙得票者 政党 票数
テキサス州 ジョン・ケーシック 共和党 1 カーリー・フィオリーナ 共和党 1*
ロン・ポール リバタリアン党 1
民主党・クリントン/ケインへの誓約選挙人の誓約違反
選挙人の州 大統領選挙得票者 政党 票数 副大統領選挙得票者 政党 票数
ワシントン州 コリン・パウエル 共和党 3 エリザベス・ウォーレン 民主党 1
スーザン・コリンズ 共和党 1
マリア・カントウェル英語版 民主党 1
フェイス・スポッテド・イーグル英語版 無所属 1 ウィノナ・ラデューク 緑の党 1
ハワイ州 バーニー・サンダース 民主党 1 エリザベス・ウォーレン 民主党 1

* テキサス州では大統領選挙での誓約違反投票が計2票、副大統領選挙での誓約違反投票が計1票である。同州の選挙人投票は秘密投票であるため、各選挙人がどのようなペアに投票したかは証明できない。

州別編集

クリントン/ケインが勝利した州
トランプ/ペンスが勝利した州
  • WTA (勝者総取り方式)/ CD(全州集計(勝利したら獲得)以外では、州内各国会選挙区別集計があり、各選挙区で勝利したら1選挙人を獲得。)
ヒラリー・クリントン
民主党
ドナルド・トランプ
共和党
ゲーリー・ジョンソン
リバタリアン党
ジル・スタイン
合衆国緑の党
エヴァン・マクマリン
無所属
その他 合計
選挙人選出法 #  % 選挙人数 #  % 選挙人数 #  % 選挙人数 #  % 選挙人数 #  % 選挙人数 #  % 選挙人数 # 集計状況
アラバマ州 WTA 729,547 34.36% 1,318,255 62.08% 9 44,467 2.09% 9,391 0.44% 21,712 1.02% 2,123,372 AL 公式[91]
アラスカ州 WTA 116,454 36.55% 163,387 51.28% 3 18,725 5.88% 5,735 1.80% 14,307 4.49% 318,608 AK 公式[92]
アリゾナ州 WTA 1,161,167 45.13% 1,252,401 48.67% 11 106,327 4.13% 34,345 1.33% 17,449 0.68% 1,476 0.06% 2,573,165 AZ 公式[93]
アーカンソー州 WTA 380,494 33.65% 684,872 60.57% 6 29,829 2.64% 9,473 0.84% 13,255 1.17% 12,712 1.12% 1,130,635 AR 公式[94]
カリフォルニア州 WTA 8,753,788 61.73% 55 4,483,810 31.62% 478,500 3.37% 278,657 1.96% 39,596 0.28% 147,244 1.04% 14,181,595 CA 公式[95]
コロラド州 WTA 1,338,870 48.16% 9 1,202,484 43.25% 144,121 5.18% 38,437 1.38% 28,917 1.04% 27,391 0.99% 2,780,220 CO 公式[96]
コネチカット州 WTA 897,572 54.57% 7 673,215 40.93% 48,676 2.96% 22,841 1.39% 2,108 0.13% 508 0.03% 1,644,920 CT 公式[97]
デラウェア州 WTA 235,603 53.35% 3 185,127 41.92% 14,757 3.34% 6,103 1.38% N/A N/A 441,590 DE 公式[98]
D.C. WTA 282,830 90.48% 3 12,723 4.07% 4,906 1.57% 4,258 1.36% 7,858 2.52% 312,575 DC 公式[99]
フロリダ州 WTA 4,504,975 47.82% 4,617,886 49.02% 29 207,043 2.20% 64,399 0.68% 25,736 0.28% 9,420,039 FL 公式[100]
ジョージア州 WTA 1,877,963 45.64% 2,089,104 50.77% 16 125,306 3.05% 7,674 0.19% 13,017 0.32% 1,668 0.04% 4,114,732 GA 公式[101][102]
ハワイ州 WTA 266,891 60.98% 4 128,847 29.44% 15,954 3.65% 12,737 2.91% 13,235 3.02% 437,664 HI 公式[103]
アイダホ州 WTA 189,765 27.49% 409,055 59.26% 4 28,331 4.10% 8,496 1.23% 46,476 6.73% 8,132 1.18% 690,255 ID 公式[104]
イリノイ州 WTA 3,090,729 55.83% 20 2,146,015 38.76% 209,596 3.79% 76,802 1.39% 11,655 0.21% 1,627 0.03% 5,536,424 IL 公式[105]
インディアナ州 WTA 1,039,126 37.91% 1,557,286 56.82% 11 133,993 4.89% 7,841 0.27% 2,712 0.10% 2,740,958 IN 非公式[106]
アイオワ州 WTA 653,669 41.74% 800,983 51.15% 6 59,186 3.78% 11,479 0.73% 12,366 0.79% 28,348 1.81% 1,566,031 IA 公式[107]
カンザス州 WTA 427,005 36.05% 671,018 56.65% 6 55,406 4.68% 23,506 1.98% 6,520 0.55% 947 0.08% 1,184,402 KS 公式[108]
ケンタッキー州 WTA 628,854 32.68% 1,202,971 62.52% 8 53,752 2.79% 13,913 0.72% 22,780 1.18% 1,879 0.10% 1,924,149 KY 公式[109]
ルイジアナ州 WTA 780,154 38.45% 1,178,638 58.09% 8 37,978 1.87% 14,031 0.69% 8,547 0.42% 9,684 0.48% 2,029,032 LA 公式[110]
メイン州 (全州) CD[注釈 1] 357,735 47.83% 2 335,593 44.87% 38,105 5.09% 14,251 1.91% 1,887 0.25% 356 0.05% - 747,927 ME–a/l 公式[111]
メイン州第1区 CD[注釈 1] 212,774 53.96% 1 154,384 39.15% 18,592 4.71% 7,563 1.92% 807 0.20% 209 0.05% - 394,329 ME-1
メイン州第2区 CD[注釈 1] 144,817 40.98% 181,177 51.26% 1 19,510 5.52% 6,685 1.89% 1,080 0.31% 147 0.04% - 353,416 ME-2
メリーランド州 WTA 1,677,928 60.33% 10 943,169 33.91% 79,605 2.86% 35,945 1.29% 9,630 0.35% 35,169 1.26% 2,781,446 MD 公式[112]
マサチューセッツ州 WTA 1,995,196 60.01% 11 1,090,893 32.81% 138,018 4.15% 47,661 1.43% 2,719 0.08% 50,559 1.52% 3,325,046 MA 公式[113]
ミシガン州 WTA 2,268,839 47.27% 2,279,543 47.50% 16 172,136 3.59% 51,463 1.07% 8,177 0.17% 19,087 0.40% 4,799,284 MI 公式[114]
ミネソタ州 WTA 1,367,716 46.44% 10 1,322,951 44.92% 112,972 3.84% 36,985 1.26% 53,076 1.80% 51,113 1.74% 2,944,813 MN 公式[115]
ミシシッピ州 WTA 485,131 40.11% 700,714 57.94% 6 14,435 1.19% 3,731 0.31% 5,346 0.44% - 1,209,357 MS 公式[116]
ミズーリ州 WTA 1,071,068 38.14% 1,594,511 56.77% 10 97,359 3.47% 25,419 0.90% 7,071 0.25% 13,177 0.47% 2,808,605 MO 公式[117]
モンタナ州 WTA 177,709 35.75% 279,240 56.17% 3 28,037 5.64% 7,970 1.60% 2,297 0.46% 1,894 0.38% 497,147 MT 公式[118][119]
ネブラスカ州 (全州) CD 284,494 33.70% 495,961 58.75% 2 38,946 4.61% 8,775 1.04% 16,051 1.90% 844,227 NE–a/l 公式[120]
ネブラスカ州第1区 CD 100,126 35.46% 158,626 56.18% 1 14,031 4.97% 3,374 1.19% 6,181 2.19% 282,338 NE-1 [120]
ネブラスカ州第2区 CD 131,030 44.92% 137,564 47.16% 1 13,245 4.54% 3,347 1.15% 6,494 2.23% 291,680 NE-2 [120]
ネブラスカ州第3区 CD 53,290 19.73% 199,657 73.92% 1 11,657 4.32% 2,054 0.76% 3,451 1.28% 270,109 NE-3 [120]
ネバダ州 WTA 539,260 47.92% 6 512,058 45.50% 37,384 3.32% 36,683 3.26% 1,125,385 NV 公式[121]
ニューハンプシャー州 WTA 348,526 46.98% 4 345,790 46.61% 30,777 4.15% 6,496 0.88% 1,064 0.14% 9,232 1.24% 741,885 NH 公式[122]
ニュージャージー州 WTA 2,148,278 54.99% 14 1,601,933 41.00% 72,477 1.86% 37,772 0.97% 46,249 1.18% 3,906,709 NJ 公式[123]
ニューメキシコ州 WTA 385,234 48.26% 5 319,666 40.04% 74,541 9.34% 9,879 1.24% 5,825 0.73% 3,173 0.40% 798,318 NM 公式[124]
ニューヨーク州 WTA 4,547,562 58.40% 29 2,814,589 36.15% 176,296 2.26% 107,762 1.38% 12,807 0.17% 7,786,881 NY 公式[125]
ノースカロライナ州 WTA 2,189,350 46.17% 2,362,697 49.83% 15 130,134 2.74% 12,093 0.26% 47,391 1.00% 4,741,665 NC 非公式[126]
ノースダコタ州 WTA 93,758 27.23% 216,794 62.96% 3 21,434 6.22% 3,780 1.10% 8,594 2.49% 344,360 ND 公式[127]
オハイオ州 WTA 2,394,164 43.56% 2,841,005 51.69% 18 174,498 3.17% 46,271 0.84% 12,574 0.23% 27,975 0.51% 5,496,487 OH 公式[128]
オクラホマ州 WTA 420,375 28.93% 949,136 65.32% 7 83,481 5.75% N/A N/A 1,452,992 OK 公式[129]
オレゴン州 WTA 1,002,106 50.07% 7 782,403 39.09% 94,231 4.71% 50,002 2.50% 72,594 3.63% 2,001,336 OR 公式[130]
ペンシルベニア州 WTA 2,926,441 47.85% 2,970,733 48.58% 20 146,715 2.40% 49,941 0.82% 2,220 0.04% 21,572 0.35% 6,115,402 PA 公式[131]
ロードアイランド州 WTA 252,525 54.41% 4 180,543 38.90% 14,746 3.18% 6,220 1.34% 10,110 2.18% 464,144 RI 公式[132]
サウスカロライナ州 WTA 855,373 40.67% 1,155,389 54.94% 9 49,204 2.34% 13,034 0.62% 21,016 1.00% 9,011 0.43% 2,103,027 SC 公式[133]
サウスダコタ州 WTA 117,458 31.74% 227,721 61.53% 3 20,850 5.63% 4,064 1.10% - 370,093 SD 公式[134]
テネシー州 WTA 870,695 34.72% 1,522,925 60.72% 11 70,397 2.81% 15,993 0.64% 11,991 0.48% 16,062 0.64% 2,508,027 TN 公式[135]
テキサス州 WTA 3,877,868 43.24% 4,685,047 52.23% 38 283,492 3.16% 71,558 0.80% 42,366 0.47% 8,895 0.10% 8,969,226 TX 公式[136]
ユタ州 WTA 310,674 27.46% 515,211 45.54% 6 39,608 3.50% 9,438 0.83% 243,685 21.54% 12,701 1.12% 1,131,317 UT 公式[137]
バーモント州 WTA 178,573 55.72% 3 95,369 29.76% 10,078 3.14% 6,758 2.11% 629 0.20% 29,060 9.07% 320,467 VT 公式[138]
バージニア州 WTA 1,981,473 49.75% 13 1,769,443 44.43% 118,274 2.97% 27,638 0.69% 54,054 1.36% 31,870 0.80% 3,982,752 VA 公式[139]
ワシントン州 WTA 1,742,718 54.30% 12 1,221,747 38.07% 160,879 5.01% 58,417 1.82% 3,209,214 WA 非公式[140]
ウェストバージニア州 WTA 188,794 26.48% 489,371 68.63% 5 23,004 3.23% 8,075 1.13% 3,807 0.53% 713,051 WV 公式[141]
ウィスコンシン州 WTA 1,382,536 46.45% 1,405,284 47.22% 10 106,674 3.58% 31,072 1.04% 11,855 0.40% 38,729 1.30% 2,976,150 WI 公式[142]
ワイオミング州 WTA 55,973 21.63% 174,419 67.40% 3 13,287 5.13% 2,515 0.97% 9,655 3.73% 255,849 WY 公式[143]
全米合計 65,844,954 48.04% 227 62,979,879 45.95% 304 4,488,919 3.28% 1,457,044 1.06% 725,902 0.53% 1,557,218 1.14% 137,053,916 US

メイン州とネブラスカ州では勝者総取り方式を採用しておらず、候補者間で選挙人を分割できる。[注釈 1] 下院の選挙区1つごとに、勝者が選挙人1人を獲得する. さらに州全体で勝利した候補が選挙人2人を獲得する.[145][146] 出典はニューヨークタイムズより.[147]

 
Swing from 2012 to 2016 in each state.

接戦だった州編集

青字は民主党、赤字は共和党が勝利したことを示す。数字は得票率の差。

得票率差1%未満 (選挙人数50):

  1. ミシガン州, 0.22%
  2. ニューハンプシャー州, 0.37%
  3. ペンシルベニア州, 0.72%
  4. ウィスコンシン州, 0.76%

得票率差1%以上5%未満 (選挙人数83):

  1. フロリダ州, 1.20%
  2. ミネソタ州, 1.52%
  3. ネブラスカ州第2区, 2.24%
  4. ネバダ州, 2.42%
  5. メイン州, 2.96%
  6. アリゾナ州, 3.55%
  7. ノースカロライナ州, 3.66%
  8. コロラド州, 4.91%

得票率差5%以上10%未満 (選挙人数96):

  1. ジョージア州, 5.13%
  2. バージニア州, 5.32%
  3. オハイオ州, 8.13%
  4. ニューメキシコ州, 8.21%
  5. テキサス州, 9.00%
  6. アイオワ州, 9.41%

選挙特別番組編集

日本における選挙特別番組に関しては2016年のテレビ特別番組一覧#2016年アメリカ合衆国大統領選挙を参照

注釈編集

  1. ^ a b c d Maine split its electoral votes for the first time since 1828.[144]

出典編集

  1. ^ “米不動産王トランプ氏、2016年大統領選に出馬表明”. ロイター. (2015年6月17日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OW29720150616 2016年1月24日閲覧。 
  2. ^ “米共和党、トランプ氏を大統領候補に正式指名 「大変な栄誉」”. AFPBBNews. (2016年7月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094526 
  3. ^ “トランプ氏「一生懸命働く」 大統領候補指名を正式獲得”. 朝日新聞. (2016年7月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7N23H2J7NUHBI007.html 2016年7月21日閲覧。 
  4. ^ “Team Trump Plans Public Event Friday With VP Pick”. NBC News (NBCニュース). (2016年7月12日). http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/team-trump-plans-public-event-friday-vp-pick-n608161 2016年7月21日閲覧。 
  5. ^ トランプ氏 大統領候補に正式指名 「米、再び偉大な国に」 共和党内の結束なお課題(2016年7月20日、日本経済新聞)
  6. ^ “米共和党クルーズ上院議員、2016年大統領選の出馬表明”. CNN.co.jp (CNN). (2015年3月24日). http://www.cnn.co.jp/usa/35062147.html 2015年4月5日閲覧。 
  7. ^ [1]
  8. ^ “米共和党、ポール氏が出馬宣言 指名争い、保守派の上院議員”. 47NEWS (共同通信社). (2015年4月8日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040801001365.html 2016年1月24日閲覧。 
  9. ^ “米大統領選、共和党のポール氏が撤退表明”. 日本経済新聞社. (2016年2月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H80_T00C16A2FF2000/ 2016年2月4日閲覧。 
  10. ^ “共和党のルビオ上院議員、米大統領選に出馬表明”. 日本経済新聞社. (2015年4月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK14H03_U5A410C1000000/?dg=1 2016年1月24日閲覧。 
  11. ^ “ルビオ氏が撤退表明 米共和大統領候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年3月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK16H1Y_W6A310C1000000/ 2016年3月16日閲覧。 
  12. ^ “フィオリーナ氏とカーソン氏、米大統領選に出馬表明”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2015年5月5日). http://jp.wsj.com/articles/SB10296650085267944885804580620872960975764 2016年1月24日閲覧。 
  13. ^ “米大統領選の共和党指名候補カーソン氏が撤退表明”. ロイター. (2016年3月5日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-carson-idJPKCN0W62RY 2016年3月5日閲覧。 
  14. ^ “米大統領選に初の女性共和党候補、HP元CEOが出馬表明”. ロイター. (2015年5月5日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0NP1CJ20150504 2016年1月24日閲覧。 
  15. ^ “米共和党候補7人に、州知事と元HPトップ撤退=大統領選”. ロイター. (2016年2月10日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-idJPL3N15P3AL 2016年2月11日閲覧。 
  16. ^ “元アーカンソー州知事、米大統領選に出馬表明 6人目の共和党候補”. ロイター. (2015年5月6日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0XW42420150505 2016年1月24日閲覧。 
  17. ^ “共和ハッカビー氏が撤退 米大統領選候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H2Z_S6A200C1EAF000/ 2016年2月2日閲覧。 
  18. ^ “米大統領選、サントラム元上院議員が出馬表明 共和党7人目”. ロイター. (2015年5月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OD04I20150528 2016年1月24日閲覧。 
  19. ^ “米共和党2候補が大統領選撤退、アイオワ州の結果無効とトランプ氏”. ロイター. (2016年2月3日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-santorum-trump-idJPKCN0VD0A4 2016年2月3日閲覧。 
  20. ^ “元NY州知事、大統領選共和党指名争いに出馬”. ロイター. (2015年5月29日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0OD25I20150528 2016年1月24日閲覧。 
  21. ^ “米大統領選 共和党のパタキ氏、指名争いから撤退”. 毎日新聞社. (2015年12月30日). http://mainichi.jp/articles/20151231/k00/00m/030/042000c 2016年1月24日閲覧。 
  22. ^ “オバマ外交批判のグラム上院議員、大統領選出馬を表明”. ロイター. (2015年6月2日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0OH2YL20150601 2016年1月24日閲覧。 
  23. ^ “米共和党のグラム上院議員、大統領選から撤退”. REUTERS (ロイター). (2015年12月22日). http://jp.reuters.com/article/us-republican-graham-idJPKBN0U422Y20151221 2015年12月23日閲覧。 
  24. ^ “共和、ペリー前テキサス州知事が出馬表明 10人目”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年6月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM05H6U_V00C15A6EAF000/ 2016年1月24日閲覧。 
  25. ^ “米大統領選指名争い、共和・ペリー氏が撤退”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年9月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150912-OYT1T50104.html?from=ytop_ylist 2016年1月24日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ “米共和党のジェブ・ブッシュ氏、大統領選出馬を正式表明”. ロイター. (2015年6月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OV2TV20150615 2016年1月24日閲覧。 
  27. ^ “ジェブ・ブッシュ氏、大統領選からの撤退を表明”. AFP. (2016年2月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3077708 2016年2月21日閲覧。 
  28. ^ “米共和党ジンダル知事が出馬表明”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年6月25日). http://www.sankei.com/world/news/150625/wor1506250016-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  29. ^ “共和・ジンダル氏、大統領選指名候補争い撤退”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20151118-OYT1T50078.html 2016年1月24日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ “米共和党のクリスティNJ州知事、大統領選出馬を表明”. ロイター. (2015年7月1日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0PA2R820150630 2016年1月24日閲覧。 
  31. ^ “共和クリスティー、フィオリーナ両氏が撤退発表 米大統領選”. 日本経済新聞社. (2016年2月10日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0PA2R820150630 2016年2月11日閲覧。 
  32. ^ “ウォーカー氏、米大統領選に出馬表明 「新鮮な指導力が必要」”. 日本経済新聞社. (2015年7月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H1Z_U5A710C1EAF000/ 2015年7月14日閲覧。 
  33. ^ “ウォーカー氏が撤退表明、米大統領選共和候補”. ロイター. (2015年9月22日). http://jp.reuters.com/article/2015/09/22/usa-election-walker-idJPL4N11S1A820150922 2016年1月24日閲覧。 
  34. ^ “オハイオ州知事が米大統領選出馬表明、共和党で16人目”. ロイター. (2015年7月22日). http://jp.reuters.com/article/2015/07/22/usa-election-kasich-idJPKCN0PW02B20150722 2016年1月24日閲覧。 
  35. ^ “共和党ケーシック氏が撤退表明 米大統領選”. 日本経済新聞. (2016年5月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN05H04_V00C16A5000000/ 2016年5月5日閲覧。 
  36. ^ “共和党から17人目の候補”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年7月31日). http://www.sankei.com/world/news/150731/wor1507310015-n1.html 2016年1月24日閲覧。 
  37. ^ “【米大統領選】ギルモア元バージニア州知事が撤退 アイオワではわずか12票 混戦の共和党候補は6人に絞られ”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年2月13日). http://www.sankei.com/world/news/160213/wor1602130022-n1.html 2016年2月13日閲覧。 
  38. ^ “クリントン氏が大統領選出馬を表明、「普通の米国人の擁護者に」”. ロイター. (2015年4月13日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0N30VY20150412 2015年4月13日閲覧。 
  39. ^ “クリントン氏、米大統領候補に正式指名 民主党全国大会”. 朝日新聞. (2016年7月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7W1PZ1J7WUHBI001.html 2016年7月27日閲覧。 
  40. ^ “民主党副大統領候補にティム・ケーン上院議員指名”. 日本経済新聞. (2016年7月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK28H06_Y6A720C1000000/ 2016年7月28日閲覧。 
  41. ^ Matthews, Dylan (2016年6月16日). “Hillary Clinton’s VP shortlist has leaked. Here are the pros and cons of each.”. Vox.com. 2016年7月11日閲覧。
  42. ^ 米民主副大統領候補にケーン上院議員 クリントン氏表明(2016年7月23日、日本経済新聞)
  43. ^ “【米大統領選】ケーン氏を副大統領候補に指名、オバマ大統領が勝利訴え”. 産経新聞 (産経新聞社). (2016年7月28日). http://www.sankei.com/world/news/160728/wor1607280006-n1.html 2016年7月28日閲覧。 
  44. ^ “米大統領選:サンダース氏出馬表明 民主、クリントン氏に対抗”. 毎日新聞. (2015年5月1日). http://mainichi.jp/articles/20150501/dde/007/030/045000c 2016年1月25日閲覧。 
  45. ^ “米大統領選、オマリー前メリーランド州知事が出馬 民主党3人目”. ロイター. (2015年6月1日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OG0Z620150531 2015年6月1日閲覧。 
  46. ^ “民主オマリー氏ら、米大統領選から撤退を表明”. 読売新聞. (2016年2月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20160202-OYT1T50106.html 2016年2月2日閲覧。 
  47. ^ “民主オマリー氏撤退へ 米大統領選候補争い”. 日本経済新聞社. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H2V_S6A200C1EAF000/ 2016年2月13日閲覧。 
  48. ^ “チェイフィー前州知事、米大統領選への出馬表明 民主党で4人目”. ロイター. (2015年6月4日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0YQ1AF20150604 2015年6月5日閲覧。 
  49. ^ “民主党候補チェイフィー氏、大統領選から撤退”. CNN.co.jp (CNN). (2015年10月26日). http://www.cnn.co.jp/usa/35072491.html 2016年1月25日閲覧。 
  50. ^ “民主党のウェッブ氏が立候補表明 米大統領選”. 日本経済新聞. (2015年7月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H15_T00C15A7EAF000/ 2016年1月25日閲覧。 
  51. ^ “米大統領選、民主党ウェッブ氏が指名争いから撤退を表明”. ロイター. (2015年10月21日). http://jp.reuters.com/article/usa-election-webb-announcement-idJPL3N12K51U20151020 2016年1月25日閲覧。 
  52. ^ “レッシグ教授、米大統領選に正式に出馬表明 100万ドルのクラウドファンディング達成”. ITmedia. (2015年9月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/07/news120.html 2016年1月25日閲覧。 
  53. ^ “米大統領選、ハーバード大教授が撤退 民主指名争い”. 日本経済新聞社. (2015年11月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H4E_T01C15A1000000/ 2016年1月25日閲覧。 
  54. ^ Funcheon, Deirdra (2016年3月7日). “Jesse Ventura Hints He'll Jump Into Presidential Race”. New Times Broward-Palm Beach. http://www.browardpalmbeach.com/news/jesse-ventura-hints-hell-jump-into-presidential-race-7633921 2016年4月30日閲覧。 
  55. ^ Will Jesse Ventura run for President?” (2016年4月22日). 2016年4月30日閲覧。
  56. ^ “米リバタリアン党、元共和党知事を大統領候補に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年5月30日). http://jp.wsj.com/articles/SB11290027141701334812004582097302785978704?tesla=y 2016年7月25日閲覧。 
  57. ^ “米リバタリアン党、元ニューメキシコ州知事を大統領候補に”. CNN.co.jp (CNN). (2016年5月30日). http://www.cnn.co.jp/usa/35083438.html 2016年7月25日閲覧。 
  58. ^ Ziggler, Jed (2016年1月1日). “Tom Hoefling Announces 2016 Presidential Campaign”. Independent Political Report. 2016年1月15日閲覧。
  59. ^ Ziggler, Jed (2015年11月8日). “Independent American Party Nominates Farley Anderson for President”. Independent Political Report. 2015年11月24日閲覧。
  60. ^ FEC Form 2: Statement of Candidacy”. fec.gov (2015年10月20日). 2015年12月22日閲覧。
  61. ^ My fellow Americans”. 2015年12月22日閲覧。
  62. ^ Winger, Richard (2015年7月24日). “Party for Socialism and Liberation Announces 2016 Presidential Ticket”. Ballot Access News. 2015年7月25日閲覧。
  63. ^ Prohibition Party Nominates National Ticket”. Ballot Access News (2015年7月31日). 2015年8月3日閲覧。
  64. ^ James Hedges FEC Filing”. Federal Election Commission (2015年10月27日). 2015年10月30日閲覧。
  65. ^ Hewitt, John (October 31, 2014) "An interview with Zoltan Istvan, leader of the Transhumanist Party and 2016 presidential contender", ExtremeTech.com. Retrieved March 7, 2015.
  66. ^ Bartlett, Jamie (2014年12月23日). “Meet the Transhumanist Party: 'Want to live forever? Vote for me'”. デイリー・テレグラフ. 2015年3月6日閲覧。
  67. ^ Zoltan Istvan Gyurko FEC filing”. FEC (2015年6月19日). 2015年6月21日閲覧。
  68. ^ Chris Keniston 2016”. Chris Keniston 2016. 06/01/2016閲覧。
  69. ^ Burns, Alexander; Haberman, Maggie (January 23, 2016) "Bloomberg, Sensing an Opening, Revisits a Potential White House Run", ニューヨーク・タイムズ. Retrieved January 28, 2016.
  70. ^ “マイケル・ブルームバーグ氏、2016年の米大統領選出馬を断念 (2)”. ブルームバーグ. (2016年3月8日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O3OWZZ6JIJV401.html 2016年3月8日閲覧。 
  71. ^ Foran, Clare (October 13, 2015) "Lawrence Lessig Reluctantly Weighs an Independent Presidential Bid", ナショナル・ジャーナル英語版. Retrieved October 15, 2015.
  72. ^ Shevardnadze, Sophie (November 25, 2013) "Jesse Ventura: Every baby born in US already $50,000 in debt", ロシア・トゥデイ. Retrieved November 25, 2013.
  73. ^ CIA’s McMullin Launches “Third Party” 2016 POTUS Campaign” (2016年8月8日). 2016年8月8日閲覧。
  74. ^ 反トランプ氏の元CIA職員が立候補NHK 2016年8月9日
  75. ^ Mulshine, Molly (June 25, 2015) "The notorious ‘King of Instagram' threw a raunchy presidential campaign launch party and I had a front row seat", ビジネスインサイダー. Retrieved July 2, 2015.
  76. ^ Ken Fields Announces Presidential Bid As Independent For 2016” (2016年1月8日). 2016年1月29日閲覧。
  77. ^ Ken Fields FEC filing”. FEC (2015年11月30日). 2016年1月29日閲覧。
  78. ^ Gavin, Patrick (November 29, 2013) "2016 already here for fringe hopefuls", ポリティコ. Retrieved November 30, 2013
  79. ^ Terry Jones FEC filing”. FEC (2013年12月11日). 2015年6月2日閲覧。
  80. ^ US Presidential Candidate Merlin Miller says, "Israel Did 911; Zionists Control US Politics."” (2015年8月23日). 2016年1月5日閲覧。
  81. ^ Joe Schriner's 2016 Declaration Speech”. 2016年7月22日閲覧。
  82. ^ Guy Schwartz FEC filing”. FEC (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  83. ^ " 'Blue Collar' comedian Ron White announces he's running for president", AOL News. November 11, 2015. Retrieved November 12, 2015.
  84. ^ FEC Form 2 : Robert Carr Wells Jr. (PDF)”. 2016年8月1日閲覧。
  85. ^ Press Release 03-09-16 | Robby Wells For President”. 2016年8月1日閲覧。
  86. ^ Andrews-Dyer, Helena (2015年10月21日). “Rapper Waka Flocka Flame wants to be House Speaker”. ワシントンポスト. 2015年10月30日閲覧。
  87. ^ I'm not running for President, I don't... - Ted Williams Golden Voice”. Facebook. 2015年10月24日閲覧。
  88. ^ JOHN MCAFEE ON RUNNING FOR PRESIDENT AND THE COMING CYBERWAR”. 2016年1月5日閲覧。
  89. ^ a b ミシガンはトランプ氏が勝利 米大統領選、全州で結果確定
  90. ^ 有効投票に基づく投票率(有効投票数÷有権者数)。
  91. ^ State of Alabama: Canvass of Results” (2016年11月29日). 2016年12月1日閲覧。
  92. ^ 2016 General Election Official Results” (2016年11月30日). 2016年12月1日閲覧。
  93. ^ Arizona Secretary of State” (2016年11月29日). 2016年12月7日閲覧。
  94. ^ Arkansas Secretary of State” (2016年11月23日). 2016年11月27日閲覧。
  95. ^ Election results”. California Secretary of State. 2016年12月20日閲覧。
  96. ^ Official Certified Results”. Colorado Secretary of State (2016年12月9日). 2016年12月10日閲覧。
  97. ^ Official Results, Statewide”. Connecticut Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  98. ^ State Of Delaware Elections System - Official Election Results”. 2016年11月17日閲覧。
  99. ^ Washington DC General Election 2016 - Certified Results”. 2016年11月18日閲覧。
  100. ^ Florida President of the United States Results”. 2016年11月23日閲覧。
  101. ^ Georgia General Election - OFFICIAL RESULTS”. 2016年11月22日閲覧。
  102. ^ 2016 votes cast for certified write-in candidates”. 2016年12月18日閲覧。
  103. ^ GENERAL ELECTION 2016 - State of Hawaii – Statewide”. 2016年11月16日閲覧。
  104. ^ Statewide Totals”. Idaho Secretary of State. 2016年12月3日閲覧。
  105. ^ Election Results”. Illinois State Board of Elections. 2016年12月6日閲覧。
  106. ^ Election Results”. Indiana Secretary of State (2016年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  107. ^ Federal/Statewide Races”. Iowa Secretary of State (2016年12月5日). 2016年12月10日閲覧。
  108. ^ Official Vote Totals”. Kansas Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  109. ^ Official 2016 General Election Results”. Kentucky Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  110. ^ Louisiana Secretary of State - Official Election Results”. 2016年11月23日閲覧。
  111. ^ Maine Certificate of Ascertainment”. National Archives. 2016年12月17日閲覧。
  112. ^ Official 2016 Presidential General Election results for President and Vice President of the United States”. Maryland State Board of Elections (2016年12月9日). 2016年12月10日閲覧。
  113. ^ Electors of President and Vice President”. Massachusetts Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  114. ^ Ruth Johnson, Secretary of State - Official Election Results” (2016年11月28日). 2016年11月30日閲覧。
  115. ^ 2016 General Election Results”. Minnesota Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  116. ^ Mississippi certificate of ascertainment”. National archives. 2016年12月17日閲覧。
  117. ^ Unofficial Results”. Missouri Secretary of State. 2016年12月13日閲覧。
  118. ^ 2016 Statewide General Election Canvass”. Montana Secretary of State. 2016年12月10日閲覧。
  119. ^ 2016 Statewide Write-In Canvass”. Montana Secretary of State. 2016年12月10日閲覧。
  120. ^ a b c d Official Report of the Board of State Canvassers”. Nebraska Secretary of State. 2016年12月7日閲覧。
  121. ^ Silver State Election Night Results”. Nevada Secretary of State. 2016年12月4日閲覧。
  122. ^ President of the United States - 2016 General Election”. New Hampshire Secretary of State. 2016年12月2日閲覧。
  123. ^ Candidates for President–For GENERAL ELECTION 11/08/2016”. State of New Jersey Department of State. 2016年12月8日閲覧。
  124. ^ Official Results General Election”. New Mexico Secretary of State (2016年11月25日). 2016年12月1日閲覧。
  125. ^ New York State General Election Official Results”. New York State Board of Elections. 2016年12月25日閲覧。
  126. ^ Unofficial General Election Results - Statewide”. North Carolina State Board of Elections. 2016年12月2日閲覧。
  127. ^ Official Results General Election - North Dakota”. 2016年11月18日閲覧。
  128. ^ Ohio State Election Board - OFFICIAL RESULTS”. 2016年12月7日閲覧。
  129. ^ Oklahoma State Election Board - OFFICIAL RESULTS”. 2016年11月17日閲覧。
  130. ^ November 8, 2016, General Election Abstract of Votes”. Oregon Secretary of State. 2016年12月10日閲覧。
  131. ^ 2016 Presidential Election”. 2016年12月13日閲覧。
  132. ^ 2016 General Election–Presidential Electors For:”. State of Rhode Island Board of Elections. 2016年12月23日閲覧。
  133. ^ 2016 Statewide General Election - South Carolina”. 2016年11月16日閲覧。
  134. ^ South Dakota certificate of ascertainment”. National archives. 2016年12月17日閲覧。
  135. ^ State of Tennessee November 8, 2016 State General United States President”. Tennessee Secretary of State. 2016年12月15日閲覧。
  136. ^ Race Summary Report, 2016 General Election”. Texas Secretary of State. 2016年12月1日閲覧。
  137. ^ Statewide Federal Election Results”. Utah Election Results. 2016年12月4日閲覧。
  138. ^ Vermont US President and Vice President - Official Results”. 2016年11月23日閲覧。
  139. ^ Virginia President and Vice President - Official Results”. 2016年11月23日閲覧。
  140. ^ November 8, 2016 General Election Results”. Washington Secretary of State. 2016年12月4日閲覧。
  141. ^ Statewide Results”. West Virginia Secretary of State. 2016年12月7日閲覧。
  142. ^ County by County Report (PDF)”. WEC Canvass Reporting System. Wisconsin Elections Commission (2016年12月13日). 2016年12月13日閲覧。
  143. ^ Wyoming Official Election Results”. 2016年11月16日閲覧。
  144. ^ Maine Splits its Electoral Votes for First Time Since 1828”. ballot-access.org. 2017年1月5日閲覧。
  145. ^ State of Maine Certificate of Ascertainment of Electors”. 2012年12月18日閲覧。
  146. ^ Official Results of Nebraska General Election – November 6, 2012”. 2012年12月26日閲覧。
  147. ^ “Presidential Election Results: Donald J. Trump Wins”. The New York Times. http://www.nytimes.com/elections/results/president 2016年12月20日閲覧。 

関連項目編集