メインメニューを開く

クリスチャン・ヒップホップChristian hip hop)とは、ラップジャンルの1つである。別名「ゴスペル・ラップ」「クリスチャン・ラップ」とも呼ばれる。

Christian hip hop
様式的起源 イースト・コースト・ヒップホップ
ウエスト・コースト・ヒップホップ
キリスト教音楽
クリスチャン・ロック
ゴスペル
文化的起源 1980年代、アメリカ合衆国にて。
使用楽器 ターンテーブル, ヴォーカル, サンプラー, シンセサイザー, ドラムマシン, ピアノ

概要編集

1980年代、オールドスクール・ヒップホップが流行していたシーンに登場[1]

キリスト教徒人口が少ない日本においてはあまり注目を浴びることはないが、後述するLecraeなどはアメリカ本国において、根強い人気がある。

また、2pacケンドリック・ラマーカニエ・ウェストなども神を賛美する内容の楽曲を発表しており、それらの楽曲も広義のクリスチャン・ヒップホップとも言える。

歌詞の特徴編集

犯罪や性的逸脱などと結びつけられがちなヒップホップにおいて、聖書イエス・キリストの教えに基づいた教訓が含まれており、全体的に前向きでポジティブな歌詞が多い。

また、過去に犯した犯罪を神に懺悔する歌詞や、犯罪に走るギャング達へ更生のメッセージを込めた歌詞なども存在する。

代表的アーティスト編集

代表的なアーティストとして、これまで三度のゴールドディスクを獲得しているトビーマックなどがいる。Lecraeなどは、サザン・ヒップホップ黎明期から活動しており、有名ミュージシャンとの共演も多い。

その他にもP.O.D.マナフェスト などのアーティストがいる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “Christian Rap”. AllMusic (AllMusic). http://www.allmusic.com/style/christian-rap-ma0000002971 2012年7月27日閲覧。 

出典編集