クリスティアン2世 (プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公)

クリスティアン2世(Christian II., 1637年6月22日 - 1717年4月26日)は、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー公(在位:1654年 - 1717年)、プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公(在位:1671年 - 1717年)。父はプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー公クリスティアン1世、母は同族のプファルツ=ツヴァイブリュッケン=フェルデンツ公ヨハン2世の娘マグダレーナ・カタリーナ。

クリスティアン2世
Christian II.
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト
Christian II. (Pfalz-Zweibrücken-Birkenfeld).jpeg
在位 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー公:1654年 - 1717年
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公:1671年 - 1717年

出生 (1637-06-22) 1637年6月22日
死去 (1717-04-26) 1717年4月26日(79歳没)
配偶者 カタリーナ・アガータ・フォン・ラッポルトシュタイン
子女 一覧参照
家名 プファルツ=ビルケンフェルト家
父親 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー公クリスティアン1世
母親 マグダレーナ・カタリーナ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=フェルデンツ
テンプレートを表示

1654年に父の遺領を相続、弟のヨハン・カールに領土を分割、プファルツ=ビルケンフェルト=ゲルンハウゼンの成立に繋がった。1671年に息子の無いまま亡くなった従兄のプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公カール2世オットーの領土を継承、1673年に舅のラッポルトシュタイン伯ヨハン・ヤーコプが死去、妻と共にラッポルトシュタインを相続したが、1699年に息子のクリスティアン3世に譲った。1717年に死去、クリスティアン3世がビルケンフェルトを継承した。

子女編集

1667年リボヴィレでラッポルトシュタイン伯ヨハン・ヤーコプの娘カタリーナ・アガータと結婚、7人の子を儲けた。

  1. マグダレーナ・クラウディーネ(1668年 - 1704年) - 1689年にハーナウ=リヒテンベルク伯フィリップ・ラインハルト(1664年 - 1712年)と結婚
  2. ルートヴィヒ(1669年 - 1670年)
  3. エリーザベト・ソフィア・アウグスタ(1671年 - 1672年)
  4. クリスティアーネ・カタリーナ(1671年 - 1673年)
  5. シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ(1672年 - 1673年)
  6. クリスティアン3世(1674年 - 1735年)
  7. ルイーズ(1679年 - 1753年) - 1700年にヴァルデック侯フリードリヒ・アントン・ウルリヒと結婚
先代:
クリスティアン1世
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビシュヴァイラー公
1654年 - 1717年
次代:
クリスティアン3世
先代:
カール2世オットー
プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公
1671年 - 1717年
次代:
クリスティアン3世