メインメニューを開く

クリストファー・ラウズ (編集技師)

クリストファー・ラウズChristopher Rouse1958年11月28日 - )は、アメリカ合衆国編集技師。『ボーン・アルティメイタム』(2007年)で英国アカデミー賞編集賞やアカデミー編集賞を受賞した。父は映画監督・脚本家・プロデューサーのラッセル・ラウズ。母は女優のビバリー・ミシェルズ。1980年代から編集補佐として活動しており、1990年の『逃亡者』で初めて編集者としてクレジットされた。また、ミニ・シリーズのAnne Frank: The Whole Storyでエミー賞にノミネートされた。

クリストファー・ラウズ
Christopher Rouse
生年月日 (1958-11-28) 1958年11月28日(60歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 編集技師
テンプレートを表示

2002年には、ダグ・リーマン監督作品『ボーン・アイデンティティー』に追加編集として参加し、製作者のフランク・マーシャルポール・グリーングラスに紹介したことでシリーズ第2作『ボーン・スプレマシー』、第3作『ボーン・アルティメイタム』の編集も行った[1]。その後も、グリーングラス監督作品に多く参加し、『ユナイテッド93』では複数の編集関係の賞を受賞した。『ジェイソン・ボーン』では脚本も手掛ける。

アメリカ映画編集者協会の会員である[2]

フィルモグラフィ編集

受賞歴編集

アカデミー賞
アメリカ映画編集者協会賞
英国アカデミー賞
オンライン映画批評家協会賞
サンディエゴ映画批評家協会賞

脚注編集

  1. ^ Frazer, Bryant (2007). "Film Editor Christopher Rouse on The Bourne Ultimatum", Film and Video Magazine, September 11, 2007. Online version retrieved May 31, 2008.
  2. ^ "American Cinema Editors > Members", webpage archived by WebCite from this original URL on 2008-03-04.

外部リンク編集