クンティー (: कुंती、IAST:Kunti) は、インド叙事詩マハーバーラタ』の登場人物。ヤドゥ族の王シューラの娘で、クル王パーンドゥの妃。カルナユディシュティラビーマアルジュナの母、ナクラサハデーヴァの育ての親。クンティーの名は、父シューラの叔父クンティボージャの養女となったことに由来する[1]

クンティー
Raja Pandu and Matakunti LACMA M.69.13.6.jpg
クンティーと夫パーンドゥ
詳細情報
別名 プリター
家族シューラ英語版
養父クンティーボージャ
兄弟ヴァスデーヴァ
配偶者 パーンドゥ
子供 カルナユディシュティラビーマアルジュナ
テンプレートを表示

若い頃、ドゥルヴァーサス仙によって神々を呼び出すマントラを授かったクンティーは、好奇心から太陽神スーリヤを呼び出し、父と同じ輝く鎧を身に着けるという条件でスーリヤの子カルナを産んだが、カルナを捨ててクル王パーンドゥの妃となった。しかし、パーンドゥは呪いのために女性に近づくことができなかったため、クンティーは再び神々を呼び出して子供を産んだ。すなわち、ダルマ神からユディシュティラ、風神ヴァーユからビーマ、雷神インドラから大英雄アルジュナを産んだ。また、第2王妃マードリーのためにアシュヴィン双神を呼び出し、マードリーはナクラとサハデーヴァを産んだ。これらの子供たちはパーンダヴァと呼ばれる。パーンドゥが死んだとき、マードリーはサティーの慣習に従った。そのため、クンティーはナクラとサハデーヴァも自分の子として育てた。

後にパーンダヴァが森林に12年間追放されたときは、高齢のためにヴィドラのもとに残った。

脚注編集

  1. ^ 山際素男『マハーバーラタ』1巻

外部リンク編集