メインメニューを開く

クーザサンスクリット語: Koozå)で宝箱を意味するシルク・ドゥ・ソレイユサーカス演目であり、移動公演のひとつ[1]

目次

歴史編集

2007年に初演。日本公演は2011年2月から2012年に、フジテレビ主催、ダイハツ工業特別協賛で開催。ビッグトップでの日本ツアーで、東京公演原宿国立代々木競技場オリンピックプラザ、大阪公演(中之島)、名古屋公演(ナゴヤドーム北)、福岡公演(箱崎宮外苑)[2]。2月の東京公演の途中2011年3月11日の東日本大震災の影響で一時公演中止、東京公演後の仙台公演は中止になったが、4都市で全463公演121万人を動員した[1]

キャスト編集

アーティスト64名[2]

パフォーマンス編集

[2]

  • Charivari シャリバリ(アクロバット)
  • Contortion コントーション(軟体芸)
  • Solo Trapeze ソロトラピス(エアリアル)
  • Unicycle Duo ユニサイクル・デュオ(男女2人が同時に同じ一輪車に乗る芸)
  • Double High Wire ダブル・ハイ・ワイヤー(空中上下2本の綱渡り)
  • Skeleton Dance スケルトン・ダンス
  • Wheel of Death ホイール・オブ・デス(両端に2つの輪のついた700キログラム超の装置が回り、2人のアーティストがその内外を出入りする芸)
  • Hoops Manipulation フープ・マニピュレーション(7本のフラフープを全身で回す芸)
  • Hand to Hand ハンド・トゥ・ハンド(2人の男女のバランス芸)
  • Balancing on Chairs バランシング・オン・チェアー (八丁椅子)
  • Teeterboard ティーターボード (シーソーを使ったアクロバット)

脚注編集

  1. ^ a b DAIHATSU OVO オーヴォ CIRQUE DU SOLEIL SOUVENIR PROGRAM
  2. ^ a b c DAIHATSU KOOZA クーザ CIRQUE DU SOLEIL (公式プログラム)