サーカス

動物を使った芸や人間の曲芸など複数の演目で構成される見世物
Georges Seurat 019.jpg
Arturo Michelena 00.JPG

サーカス(circus)とは、見世物円形広場・劇場で催す形態を指す。その見世物は、動物人間曲芸が多い。

多くの観客がその舞台を取り巻き見下ろせる設備を備えることが多く、また天幕を広場などに設営することも少なくない。

歴史的に円形広場で催される見世物は、古代エジプト時代ローマ時代に原型がある。

近代サーカスは、1770年イギリス「アストリー・ローヤル演芸劇場」で開催されたことに始まり、その円形劇場で催された新機軸が評判となった。その後、これを「サーカス」と呼ぶことが広まった。

歴史編集

語源は諸説ある:

  • ラテン語円周回転を意味する語であるとする
  • 古代ローマにおいて人間と猛獣の格闘などに使用された円形競技場(キルクス)であるとする

なお動物の芸や人間の曲芸が見世物として成立したのは古代エジプト時代である。それらを円形の劇場において実施するという形態が取られ始めたのが古代ローマ時代とされている。

近代サーカスの歴史編集

近代サーカスはイギリス人退役軍人のフィリップ・アストリーによって確立され、ヨーロッパからロシアアメリカへと広がったとされる。しかしアストリー自身は「サーカス」という用語を使っていない[1]。従来より見世物として確立していた動物芸、人間の曲芸に加え、アストリーは道化芸という概念を新たに取り入れている。道化芸は19世紀初頭に活躍したパントマイム役者ジョセフ・グリマルディジーン・オリオールらによって、「喜劇中のふられ役・失敗ばかりして観客の笑いを取る」というスタイルが確立され、真っ白に塗った顔にだぶついた服装というお決まりのピエロ姿で、近代サーカスでは欠かせない要素のひとつとなった。 ロシアではバレエなど様々な芸術を取り入れることで発展し、サーカスは子供向けの芸術ジャンルとして認知されている[2]ソ連時代にはサーカス団は公団として組織され、アトラクションと呼ばれる大規模な動物演技や大編成のグループアクロバットによって国内外で広く知られていた[2]

1980年代以降、欧米ではニューサーカスと呼ばれる新らしい形態のサーカスが盛んになった。ニューサーカスはストーリー性やコンセプトに重きを置き、最新の音響・視覚効果を積極的に取り入れたライブイベント的なエンターテイメントであり、リングマスターやピエロによる狂言回しを用いず、動物の演技や円形劇場も使用しないことで従来のサーカスとの差別化を図っている[2]

日本での歴史編集

 
フランスの曲馬団による浅草での興行。歌川国輝 (2代目)、1871年

日本にはじめてサーカスが訪れたのは1864年で、『アメリカ・リズリー・サーカス』により横浜で興行がなされた。それまで日本でも見世物は存在したが、「芸種別に一座を組んで個々に興行を行う」というスタイルが一般的で、「様々な演目を一度に見せる」というサーカスは大きな反響を呼んだ。1886年には、イタリアのチャリネ一座が来日する(東京での初演は9月1日から10月30日まで秋葉原の火除け地であった。連日大盛況であった)[3]。この公演に強い衝撃を受けた五代目尾上菊五郎は12月、黙阿弥の『鳴響茶利音曲馬』という猛獣使いなどが登場する歌舞伎を千歳座で上演している[4]

日本人のサーカスとしては、チャリネ一座から名前をとり、1899年に山本政七らによって設立された「日本チャリネ一座」が最初であるとされる。日本チャリネ一座では馬や象、熊なども用いて曲芸や猛獣芸などを披露した。その後、大正末から昭和にかけて有田サーカス木下大サーカスシバタサーカスなどが続々と創立し、人気を博した。ただし、各団体が「サーカス」の呼称で名乗るようになるのは、1933年ハーゲンベック・サーカスの来日以後のことである。

1948年児童福祉法が制定され、「公衆の娯楽を目的として曲馬または軽業を行う業務」に満15才未満の児童を使用する事が禁止された。これにより、年少期に芸を仕こまなければならないサーカス芸の後継者を育てる事が困難となった。現在の日本のサーカスに子供達が出演しないのはこの法によるものである。ただし、労働基準監督署はサーカスを家業継承する団体で、子供に義務教育を受けさせ、かつ出演料も発生しない場合には児童のサーカス出演を認めるとしている。

高度経済成長期以降に「ボリショイ・サーカス」というCMが日本テレビ系で頻繁に打たれ(初期には東京都体育館、そのあと後楽園から東京ドームで開催)、その印象が強烈に残っている人を中心に「ボリショイ・サーカス」というサーカス団があると誤解するものがいた。しかし、これは日本の興行会社(呼び屋)がソ連のさまざまなサーカス団を呼び「ボリショイ・サーカス」という共通呼称で毎年興行を打ったためにそういった誤解が生まれたのである(後にその興行会社が「ボリショイ・サーカス」という法人名を取得する ボリショイ・サーカス )。ただし、その後平成になって、ロシアで既存のサーカスが「ボリショイ・モスクワ国立サーカス」と「ボリショイ・サンクトペテルブルク国立サーカス」と改名された。

1992年、テレビ局のタイアップでシルク・ドゥ・ソレイユが来日。再びサーカスブームが訪れる。その効果からテレビアニメのカレイドスターやテレビCMの鉄骨飲料などサーカスを取り上げたものが多く放送された。

2001年、NPO法人国際サーカス村協会が運営する4年制の沢入国際サーカス学校(学校法人ではない)が日本唯一のサーカス学校として創立される。

1930年代から1960年代までは20~30団体があったがその後激減し、1995年には国際サーカス、1996年には矢野サーカスが活動を休止。木下大サーカス、キグレサーカス、カキヌマ大サーカスの3団体を残すのみとなったが、同年12月にポップサーカスが旗揚げした。その後、カキヌマ大サーカスは拠点を海外に移した後、破産・解散した。

キグレNewサーカス・木下大サーカス・ポップサーカスが日本三大サーカスと呼ばれていたが、2010年にはキグレNewサーカスが事業を停止している[5]

演目編集

近代サーカスで上演される演目は無数にあり、多様化の一途を辿るが、一般的な演目としては以下のものが挙げられる。

動物曲芸
馬を使用した曲馬芸が最も一般的で、その他ライオンクマトラなどが使用される。調教された動物による火の輪くぐりや三輪車、自転車、縄跳び、シーソーなどを使用した芸が披露される。
空中曲芸
綱渡りやトランポリン、空中ブランコなどを使用した空中での技の難易度や美しさを見せる曲芸。
地上曲芸
ワイングラスを重ね、足や額に乗せて平衡感覚を見せるものや、人間同士が重なり合ってその重厚な美しさを見せる(人間ピラミッドなど)曲芸。
道化芸
道化師(ピエロ)が手品や軽業などを見せながら時折失敗を混ぜつつ、観客の笑いを誘うなど、主に観客の緊張を解くことを目的として上演する曲芸。

主なサーカス団の一覧編集

問題編集

動物の取り扱いが不適切で、例えば野生のアフリカゾウは60歳まで生きるが、サーカスでは30歳に達しないと指摘される[6]

動物が市街地に脱走[7]したり、調教師が襲撃を受ける[8]といった事件も発生する。

都市伝説編集

サーカス団は旅をしながら芸をする、いわば余所者であるため「芸人はもともとさらわれたり買われたりした子供だ」といういわれのない偏見に晒されることがあった。 特に大正から昭和にかけては、夕方遅くまで遊んだり行儀の悪い子供に対して「サーカスに売られる」「身体を柔らかくするためにを飲まされる」(実際は酢にそのような効果はない。酢#迷信を参照)などと叱る光景がよく見られた [9]

これは、ロマのような移動型少数民族(ジプシー)が滞在先の住人や国家から白眼視されたのと背景は同じと考えられる[10]

昭和初期のサーカスに関する作品には三島由紀夫の『サーカス』、加藤まさをの『消えゆく虹』など、サーカスの少年少女の悲恋と死を描いた小説や、サーカス芸人の哀切を詠んだ詩や唄などが多い[11]

その他編集

F1グランプリのシリーズ戦で世界中を転戦する様子をサーカスの巡業になぞらえて、「F1サーカス」と呼ぶことがある。

題材とした作品編集

※発表順

文学
絵画
  • ハーゲンベックのサーカス(1936年) - 長谷川利行の油彩画。1933年に来日したハーゲンベック・サーカス団を描いている。福岡市美術館
映画

サーカス映画リストも参照のこと。

テレビドラマ
音楽
漫画 アニメ

脚注編集

  1. ^ 田中未知子『サーカスに逢いたい』pp.22
  2. ^ a b c 長塚英雄(編)『ロシアの文化・芸術』 生活ジャーナル 2011年、ISBN 978-4-88259-148-1 pp.311-323.
  3. ^ 東京日日新聞
  4. ^ 続々歌舞伎年代記 田村成義編
  5. ^ キグレサーカスが事業停止…新型インフル打撃」『読売新聞』2010年10月20日。「倒産速報(株)キグレサーカス」東京商工リサーチ、2010年10月20日。2012年9月14日閲覧。
  6. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、80頁。
  7. ^ アムステルダムでサーカスの動物脱走、犯人はキリン”. ロイター (2008年7月1日). 2019年10月27日閲覧。
  8. ^ サーカスのクマ、公演中に調教師襲撃 柵なく観客も悲鳴”. CNN (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  9. ^ 蘆原英了『サーカス研究』新宿書房 1984年
  10. ^ 日本迷信調査会『なぜ秋ナスを嫁に食わせてはいけないのか?迷信を科学する』 扶桑社 2010年
  11. ^ 中元さおり 「三島由紀夫 二つの『サーカス』――虚構性への欲望」 『国文学攷』 203号 広島大学国語国文学会、1-13頁、2009年9月

参考文献編集

  • 目森一喜『日本見世物世紀末』1996年、ISBN 9784884815066
  • 田中未知子著、クリストフ・レノー・ド・ラージュ写真『サーカスに逢いたい――アートになったフランスサーカス』現代企画室、2009年。 ISBN 978-4-7738-0903-9

関連項目編集