メインメニューを開く

概要編集

シングルファーザーの父とその息子の絆を描くドラマ映画。カルヴィンを演じたボビー・モートはアメリカ・カナダで行われたオーディションで選ばれ、今作が映画初出演となる。

あらすじ編集

シカゴの一流法律事務所で働くラッセルは、妻のケイト、息子のカルヴィンと幸せな生活を送っていた。しかし、ケイトが妹の結婚式に出かけると言って家を出たっきり戻らなくなってしまった。彼は子育てに時間を取られ仕事をクビになってしまう。

ある日、ラッセルはバツイチのベスと出会い、次第に彼女に惹かれていく。

だが、突然掛かってきたケイトからの電話を取ったベスが、ケイトがまだラッセルと愛し合ってるのだと勘違いしてしまい姿を消してしまう。

キャスト編集

制作編集

この映画の撮影はオンタリオ州リンジーおよびブルックリンで撮影された。

関連項目編集

外部リンク編集