メインメニューを開く

グナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウス

グナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウスラテン語: Gnaeus Cornelius Scipio Calvus,? - 紀元前211年)は、第二次ポエニ戦争初期の共和政ローマの軍司令官、政治家。父はルキウス・コルネリウス・スキピオ、弟にプブリウス・コルネリウス・スキピオ。子にプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ、甥にスキピオ・アフリカヌス

グナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウス
Cn. Cornelius L.f. L.n. Scipio Calvus
出生 不明
死没 紀元前211年
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 執政官(紀元前222年)
指揮した戦争 キッサの戦い(紀元前218年)
エブロ川河口の海戦(紀元前217年)
デルトサの戦い(紀元前215年)
バエティス川の戦い(紀元前211年、戦死)
後継者 プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ
テンプレートを表示

第二次ポエニ戦争の際、弟のプブリウスと共にヒスパニアのカルタゴ領を攻略、キッサでカルタゴの将軍ハンノを敗る。しかし紀元前211年、ハンニバルの弟ハスドルバルと別のカルタゴ武将ハスドルバル・ギスコ配下のイベリア人の部隊に敗れ、戦死した(バエティス川の戦い)。

関連項目編集