プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカラテン語: Publius Cornelius Scipio Nasica, 紀元前227年 - 紀元前171年頃)は、共和政ローマの政治家、軍人。アグノーメン(第四名)の「ナシカ」とは「とがった鼻」の意。

Rmn-social-header-1-.svg
プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ
P. Cornelius Cn. f. L. n. Scipio Nasica
出生 紀元前227年
死没 紀元前171年
出身階級 パトリキ
一族 スキピオ家
氏族 コルネリウス氏族
官職 クァエストル(紀元前200年頃)
ウェヌシア入植3人委員(紀元前200年)
上級按察官(紀元前197年)
法務官(紀元前194年)
前法務官(紀元前193年)
執政官(紀元前191年)
プロコンスル(紀元前190年)
アクイレイア入植3人委員(紀元前183年)
レガトゥス(紀元前183年)
ヒスパニア行政監査団(紀元前171年)
指揮した戦争 ヒスパニア戦争
ローマ・ガリア戦争
テンプレートを表示

一族編集

パトリキの名門コルネリウス氏族スキピオ家の出自。一族も皆執政官経験者ばかりである。

略歴編集

紀元前197年に上級按察官(アエディリス・クルリス)、紀元前194年に法務官(プラエトル)に就任。ヒスパニアルシタニア人を相手に勝利を収める。紀元前191年マニウス・アキリウス・グラブロと共に執政官(コンスル)を務める。コンスル職にある間は北イタリアのケルト人部族を制圧した。

紀元前189年紀元前184年と検察官(ケンソル)に立候補したが、選ばれなかった。

公職
先代:
ルキウス・クィンクティウス・フラミニヌス
グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス
執政官
同僚:マニウス・アキリウス・グラブリオ
紀元前191年
次代:
スキピオ・アシアティクス
ガイウス・ラエリウス