グナエウス・ナエウィウス

グナエウス・ナエウィウスGnaeus Naevius紀元前270年頃 - 紀元前201年頃)は、古代ローマ劇作家詩人。『ポエニ戦役』(it:Bellum Poenicum)は断片で65行しか現存していないが国民的叙事詩である[1]。後世には古代ローマの劇作家、プラウトゥス[1]共和政ローマ時代の作家エンニウスや古代ローマの詩人、ウェルギリウスに影響を与えた[2]。主に古代ギリシア喜劇悲劇を混合させ新しいジャンルを創造した[1][2]

第一次ポエニ戦争に参戦表明し、戦後に作家活動を始めた。なお、ナエウィウスは自らの戦争体験を『ポエニ戦役』に著している。

しかし今日では、喜劇はほとんど散逸しており断片が現存している程度で、悲劇が6編[3]、断片で200行ほどで表題が伝わっているだけである[3]

脚注・参考文献編集

  1. ^ a b c 高津春繁・手塚富雄、西脇順三郎、久松潜一 『万有百科大事典 1 文学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1973年8月10日)、初版(日本語)、433ページ。
  2. ^ a b ナエウィウス - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年10月30日閲覧。
  3. ^ a b ナエウィウスとは - コトバンク、2012年10月30日閲覧。

関連項目編集