グラシン

グラシン紙から転送)
写真包装に使うグラシン

グラシン (glassine) は、の種類。グラシン紙(グラシンし)ともいう。

目次

概要編集

長時間、細かく叩解した亜硫酸パルプを原料とし、スーパーカレンダー(super calender)という平滑なローラーを使って高圧加工する。この過程で、パルプの繊維は圧縮・平滑化され、隙間を失う。

性質編集

パラフィン紙編集

狭義では、パラフィン紙パラフィン塗布浸透させた紙である。元になる紙としてグラシンを使ったものが多いため、グラシンと混同されるが、本来は別物である。グラシンから作ったパラフィン紙は、単なるグラシンより特性が優れている。

広義では、単なるグラシン紙やグラシン混入紙が、パラフィンの加工をされたパラフィン紙に風合いが似ているため、通称として「パラフィン(紙)」「パラピン(紙)」と呼ばれる(例:薬包紙[1])。

用途編集

グラシンから作ったパラフィン紙の用途もほとんど同じであり、共に挙げる。

脚注編集

  1. ^ よくあるお問合せ(薬包紙) - AXEL(アズワン)