グラニュライト

結晶が伸ばされて生成された変成岩

グラニュライト白粒石英語: Granulite)は、玄武岩泥岩斑れい岩など様々な岩石を原岩とする変成岩の一種[1]である。

概要編集

 
グラニュライトの顕微鏡画像

約800〜1000度および約5000〜13000気圧と、比較的高温高圧で生成される変成岩である[1]。一般にグラニュライトは上記のような高温高圧状態において、二酸化炭素を含む蒸気が通過することによって脱水が進行するため生成される[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 広域変成岩”. 倉敷市立自然史博物館. 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ Origin of Granulites” (英語). Dave Waters - Oxford Earth Sciences (1994年10月). 2019年10月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集