メインメニューを開く
ガンビアのグリオ

グリオまたはグリオー(griot)は、西アフリカの伝統伝達者。世襲制。グリオの主要なグループは、マンディング諸語では jeliya、 djéliと呼ばれ、語根のjeliは後述するマンデ系社会の知識階層に由来している。ウォロフ語ではgéwalgéwélgéwëlとも)と呼ばれ[1]トゥクロール族では gawloと呼ばれている。

目次

概説編集

グリオは単に楽器の演奏をするだけではなく、歴史上の英雄譚、遠方の情報、各家の系譜、生活教訓などをメロディーに乗せて人々に伝えることを本来の目的としている。文字のなかった時代には彼ら(jeli)の役割は大きく、その知識量の豊富さから王の側近などに取り立てられるグリオもいた。

セネガル出身で世界的なミュージシャン、ユッスー・ンドゥールはグリオの家系に生まれ育った。

楽器編集

グリオの楽器にはコランゴニ英語版ボロン英語版、太鼓のサバールタバラフランス語版ドイツ語版木琴の一種であるバラフォン英語版などが知られる。それぞれの家系は扱う楽器が決まっており、コラの家系はコラ、バラフォンの家系はバラフォンの演奏方法を肉親から引き継ぐ。

グリオに対して人々は畏敬の念を持っているため、彼らの楽器はとても神聖なものとされる。その昔、一般人は触れることすら許されなかったという。今でも、西アフリカの一般の人々がグリオの楽器に手を出すことは少ない。

脚注編集

参考文献編集

  • イブン・バットゥータ 『大旅行記』全8巻 イブン・ジュザイイ編、家島彦一訳、平凡社平凡社東洋文庫〉、1996-2002年。 - 14世紀のグリオ(ジュラー)についての記述がある。
  • Diouf, Jean Léopold (2003). Dictionnaire wolof-français et français-wolof. Paris: Éditions Karthala. ISBN 2-84586-454-X. 

関連項目編集