グリュックスブルク


グリュックスブルクデンマーク語: Lyksborg )はドイツ最北端の小さな町。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュレースヴィヒ=フレンスブルク郡に属し、フレンスブルク(デンマーク語読みではフレンスボー)の北東にある。人口6,124人[1]

Glücksburg
Lyksborg

グリュックスブルク
グリュックスブルク城
グリュックスブルク城
Coat of arms of グリュックスブルク
Map of Germany, Position of グリュックスブルク highlighted
赤色がグリュックスブルクの位置
Gluecksburg in SL.png
行政
ドイツ
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
シュレースヴィヒ=フレンスブルク郡
Burgomaster Kristina Franke
基礎統計
面積 39.70 km2 (15.33 sq mi)
標高 19 m  (62 ft)
人口 6,124  (2019年9月30日)
 - 人口密度 154 /km2 (400 /sq mi)
その他
標準時 CET/CEST (UTC+1/+2)
ナンバープレート SL
郵便番号 24960
電話番号 04631
ウェブサイト https://stadt.gluecksburg.de/

バルト海の入り江であるフレンスボーフィヨルド英語版の南側にある。フレンスブルクからは北東におよそ10キロメートル。町はもともと、1863年からのデンマーク王家で、1905年からのノルウェー王家であるシュレスヴィヒ・ホルシュタイン・ゾンダーブルク・グリュックスブルク家(または単にグリュックスブルク家)の故地だった。

グリュックスブルクにはドイツ海軍の基地がある。基地の施設の中には送信機、コールサインDHJ58がある。北緯54度50分、東経9度32分に位置するDHJ58は、2002年に長波周波数68.9 kHzでの送信を停止し、2004年に長波アンテナは解体された。


宗教編集

グリュックスブルクには、北ドイツ福音ルター派教会南シュレースヴィヒデンマーク教会英語版のプロテスタント会衆がある。ドイツ語を話す福音ルーテル教徒は、1960年代までグリュックスブルク城の礼拝堂を使用していた。1963年から1965年にかけて、グリュックスブルク復活教会ドイツ語版が墓地の端に建てられた[2]

グリュックスブルクデンマーク教会ドイツ語版は1954年にPaulinenalleeに立てられた[3]

フレンスブルクの悲しみの聖母教会ドイツ語版の教区(Dekanat)に属するカトリックグリュックスブルク聖ローレンティウス教会ドイツ語版はベルクシュトラーセにある[4]

新使徒教会英語版は財政上の理由で2006年10月に閉鎖され、ミュルヴィクドイツ語版の新使徒教会に組み込まれた[5]

著名人編集

 
1978年撮影、カイ=ウヴェ・フォン・ハッセル
 
グリュックスブルク
 
グリュックスブルク復活教会

脚注編集

外部リンク編集

Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Glücksburg" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.