メインメニューを開く

スティーヴン・グリーンリーフ

グリーンリーフから転送)

スティーヴン・グリーンリーフStephen Howell Greenleaf1942年[1] - )は、アメリカ合衆国推理作家

カリフォルニア州弁護士として働いたのち、作家に転身し、1979年サンフランシスコを舞台に私立探偵ジョン・タナーが活躍するハードボイルドシリーズでデビューし[2]、一躍有名になる[1]。主人公の正式名はジョン・マーシャル・タナーで、アメリカの連邦最高裁判所長官ジョン・マーシャルと、タナーという著者のバスケットボールのコーチから名前をもらった[2]

目次

作品リスト編集

私立探偵ジョン・タナー シリーズ編集

# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 致命傷 Grave Error 1979年 1982年4月 野中重雄 早川書房ハヤカワ・ミステリ
2 感傷の終り Death Bed 1980年 1983年8月 斎藤数衛
3 共犯証言 State's Evidence 1982年 1983年11月 佐々田雅子
4 探偵の帰郷 Fatal Obsession 1983年 1985年8月
5 無実の領域 Beyond Blame 1985年 1987年11月 大久保寛
6 深夜の囁き Toll Call 1987年 1989年5月 佐々田雅子
7 匿名原稿 Book Case 1991年 1992年11月 黒原敏行
8 血の痕跡 Blood Type 1992年 1994年6月
9 熱い十字架 Southern Cross 1993年 1995年4月
10 偽りの契り False Conception 1994年 1996年10月
11 欲望の爪痕 Flesh Wounds 1996年 1998年4月
12 過去の傷口 Past Tense 1997年 1999年1月
13 憎悪の果実 Strawberry Sunday 1999年 2001年3月
14 最終章 Ellipsis 2000年 2002年4月

その他編集

# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 離婚をめぐるラブ・ストーリー The Ditto List 1985年 1986年11月 佐々田雅子 早川書房〈ハヤカワ・ノヴェルズ〉
2 運命の墜落 Impact 1989年 1995年8月

短編編集

  • アイリス Iris (1984)
  • 1時から3時まで One to Three (1986)

受賞・ノミネート歴編集

  • 1985年:「アイリス」でシェイマス賞 短編賞ノミネート
  • 1992年:『匿名原稿』でディリス賞ノミネート
  • 1993年:『匿名原稿』でファルコン賞受賞
  • 1997年:『欲望の爪痕』でシェイマス賞 長編賞ノミネート
  • 2000年:『憎悪の果実』でエドガー賞 長編賞ノミネート
  • 2001年:『最終章』でシェイマス賞 長編賞ノミネート

出典編集

  1. ^ a b Stephen Greenleaf”. 2012年7月27日閲覧。
  2. ^ a b STEPHEN GREENLEAF: CREATOR OF CALIFORNIA’S NEXT GREAT PRIVATE EYE - by Ed Lynskey”. 2012年7月27日閲覧。