メインメニューを開く

グロウラー ITV英語: Growler ITV(Internally Transportable Vehicle)は、アメリカ合衆国で開発された軽汎用車両である。

グロウラー ITV
USMC Growler.jpg
M1161 ITV-LSV
種類 軽汎用車両
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 2009年-現在
配備先 Seal of the United States Marine Corps.svgアメリカ海兵隊
開発史
製造業者 ジェネラル・ダイナミクスアメリカン・グロウラー
製造期間 2009年-現在
派生型 M1161/M1163
諸元
重量 Curb 2,058kg(4,537lb) or 3,872kg(8,536lb、最大積載時)
全長 160.63インチ (408.0 cm)
全幅 59.5インチ (151 cm)
全高 76.45インチ (194.2 cm)
55インチ (140 cm)に減高可能
要員数 1

エンジン ディーゼル
搭載容量 2,000ポンド (910 kg)(不整地)
懸架・駆動 四輪駆動
燃料タンク容量 20米ガロン (76 l)
燃料:ディーゼル/JP
MPG:17
速度 最大65マイル毎時 (105 km/h)
テンプレートを表示

アメリカ海兵隊のITV計画に応じて開発されたもので、従来の軽汎用車両(ジープM151 MUTT)よりも小型・軽量となっている。

概要編集

アメリカ海兵隊は2003年より、ドイツメルセデス・ベンツ・GクラスSUVを元にしたIFAVを配備してきた。しかし、この車両は中型のCH-46 シーナイトMV-22B オスプレイでは空輸できず、大型のCH-53E スーパースタリオンを投入する必要があった。このことから、MV-22Bの機内に収容して輸送できる新しい軽汎用車両として、ITV(Internally Transportable Vehicle)を開発する計画が開始された。開発契約は2004年に締結された。

開発は当初、前任者であるM151 MUTTの設計をベースとして着手された。しかし、MV-22Bの貨物室(幅5フィート (1.5 m)×高さ5フィート (1.5 m)×17フィート (5.2 m))に収容するという要求は極めて厳格なものであり、まもなく全面的に改設計されることとなった。

配備は2008年9月より開始され、まず各大隊に15両が配備された。2011年8月15日までにM1161x209両、M1163x102両が調達されている。最終的には694両が調達される予定である。

バリエーション編集

グロウラーには下記の2種がある。

M1161 ITV-LSV(Light Strike Variant)
強襲・輸送車両型。兵員3名を搭乗させるか、機関銃Mk19 自動擲弾銃などで武装して使用される。
M1163 ITV-PM(Prime Mover)
重迫撃砲牽引車型。同時期に採用されたM327 120mm重迫撃砲(EFSS)と組み合わせての運用が行われており、HIMARSM777 155mm榴弾砲とともに火力の3本柱の一角と位置付けられている。

参考文献編集

Andrew Tilghman (2008年1月8日). “Corps set to begin fielding ITV this summer” (英語). 2011年8月25日閲覧。