HIMARS

アメリカの装輪式自走多連装ロケット砲

M142 高機動ロケット砲システム[1](こうきどうロケットほうシステム、High Mobility Artillery Rocket System, HIMARS)は、長射程の阻止砲撃用としてアメリカ陸軍が開発した装輪式自走多連装ロケット砲

M142 High Mobility Artillery Rocket System
HIMARS - missile launched.jpg
基礎データ
全長 7m
全幅 2.4m
全高 3.2m
重量 13.7t
乗員数 3名
装甲・武装
主武装 227mm ロケット弾6連装発射機
機動力
速度 85km/h
エンジン
290hp
行動距離 480km
テンプレートを表示

HIMARS(ハイマース)と呼ばれ、MLRSの小型版として主にアメリカ軍の緊急展開部隊である空挺部隊海兵隊、迅速な輸送で集中的な運用が可能な軽歩兵師団に配備されている。

概要編集

従来から配備されていた自走多連装ロケット砲MLRSは、湾岸戦争時に絶大な破壊力と長距離支援能力を示した。一方で、車両重量が約25トンと、その輸送にはC-5 ギャラクシーC-17 グローブマスター IIIなど大型輸送機が必要で、海外への迅速な部隊展開には制約があることも明らかとなった。そこで、緊急展開部隊にも利用可能な面制圧可能な支援兵器として、FMTV(中型戦術車両ファミリー)5トントラック6輪駆動タイプの車体に装甲キャブ・FCS・MLRSの発射装置などを搭載して、C-130 ハーキュリーズ/C-130J スーパーハーキュリーズでも輸送可能な長距離火力支援兵器として開発された。

車体後部にM26 ロケット弾[2]なら6発、MGM-140 ATACMS地対地ミサイルなら1発を収納し、発射筒を兼ねるグラスファイバー製のLP(Launch Pod)と呼ばれるコンテナを1基収める箱型の旋回発射機を搭載しており、M270 MLRSで運用可能な各種のロケット弾ミサイルを含むMFOM(MLRS Family Of Munition rockets and artillery missiles)と呼ばれる兵器群を全て発射することができる。地対艦ミサイルとしての運用も想定されている[3]

MLRSと比べて軽量・小型化されたため、自走による長距離移動も可能になり、生産・整備維持費も安価になった。

実戦編集

アフガニスタン編集

2010年2月14日、アフガニスタンでのISAF活動で使用されているHIMARSが誤射してしまい、民間人12人を殺害した[4]。同年10月21日の『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道では、カンダハールにおける北大西洋条約機構(NATO)軍の攻勢は本システムの貢献によるものと評価されている[5]

対ISIL編集

アメリカ陸軍はイラクISILに対して使用した[6]

2016年9月3日、アメリカ中央軍は同国陸軍がトルコに配備された本兵器により、シリア北部にあるISILの戦術部隊と建築物を攻撃し、成功したことを発表した[7]

ウクライナ侵攻編集

2022年ロシアによるウクライナ侵攻を受けてアメリカはウクライナに対して大量の武器供与を決定。この中にHIMARSも含まれることとなった。ウクライナのオレクシー・レズニコウ国防大臣は同年6月23日に受領を明らかにした[1]。6月25日にはウクライナ軍総司令官ヴァレリー・ザルジニーが米国が供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」を実戦使用し「敵に命中させた」とFacebook上で発表した[8]

同年7月6日、ロシアはアメリカが供与したHIMARSを2基破壊したと主張したが、ウクライナはこれについて虚偽の情報だと主張した[9]。同年7月20日、アメリカ国防長官はHIMARSを4基追加供与することを発表[10]。更に同年9月28日に米国防総省はHIMARS18基、弾薬等の追加軍事支援を発表[11]。ロシア側に破壊されずに18基納入すれば合計34基がウクライナ国内に展開されることとなる。しかし、追加提供分のHIMARSは米軍在庫からの提供ではなく、企業が新たに製造したものを引き渡し、ウクライナの将来の防衛力強化のための支援(ウクライナ安全保障支援イニシアチブ(USAI))であるため、提供に時間がかかる[12]

2023年1月3日、ロシア国防省は、ロシアが併合を宣言したウクライナ東部ドネツィク州の都市マキイフカがHIMARSの攻撃を受け、軍関係者ら63人が死亡したと発表した。ロシアメディアは、多数のロシア兵が住んでいた職業訓練校が攻撃され全壊したと伝えた[13]

運用国編集

  アメリカ合衆国

  シンガポール

  UAE

  カナダ

  スペイン

  ウクライナ[1]

登場作品編集

映画編集

トランスフォーマー/リベンジ
終盤の対ディセプティコン戦で登場。MLRSなどとともにザ・フォールンを攻撃する。

ゲーム編集

バトルフィールドシリーズ
BF3
DLC「Armored Kill」にて、「M142」の名称で自走砲として実装される。
BF4
マルチプレイに自走砲として「M142」の名前で登場。
エースコンバット7
オーシア国防陸軍が運用している。

脚注編集

  1. ^ a b c 「ウクライナ 米のロケット砲到着 侵攻4か月 東部の攻防続く」『読売新聞』夕刊2022年6月24日1面
  2. ^ HIMARS Technical Manuals
  3. ^ 「米、沖縄で対艦ミサイル訓練/対中抑止 自衛隊に意向伝達」産経新聞』朝刊2019年1月3日1面(2019年1月25日閲覧)
  4. ^ ISAF Weapon Fails to Hit Intended Target, 12 Civilians Killed, http://www.isaf.nato.int/article/isaf-releases/isaf-weapon-fails-to-hit-intended-target-12-civilians-killed.html 
  5. ^ “Coalition Forces Routing Taliban in Key Afghan Region” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (2010年10月20日). http://www.nytimes.com/2010/10/21/world/asia/21kandahar.html 
  6. ^ The U.S. Army Hurls Hundreds of Rockets at Islamic State”. warisboring.com. 2015年11月28日閲覧。
  7. ^ “トルコ軍、シリア北部に新戦線 米軍は新配備兵器でISを攻撃”. AFPBB News. (2016年9月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099709 
  8. ^ 「敵に命中」 ウクライナ軍、ハイマースを「実戦使用」 米が供与”. THE SANKEI NEWS (2022年6月25日). 2022年6月26日閲覧。
  9. ^ ロシア、米供与のロケット砲システム2基破壊と主張 ウクライナは「偽情報」”. CNN (2022年7月7日). 2022年7月20日閲覧。
  10. ^ 米、ウクライナにハイマース4基を追加供与 計16基に”. AFP (2022年7月22日). 2022年7月20日閲覧。
  11. ^ 米、ウクライナにハイマース18基など11億ドル支援 納入には数年:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年9月29日). 2022年10月1日閲覧。
  12. ^ 米国がウクライナへの安全保障支援を発表、18輌のHIMARSを追加提供” (日本語). grandfleet.info (2022年9月28日). 2022年10月19日閲覧。
  13. ^ “【フォト】ハイマースで露側63人死亡 大みそか、軍批判も”. 産経新聞. (2023年1月3日). https://www.sankei.com/article/20230103-WDPWAIORCFORVD45AX4ZRKVIMU/?outputType=amp 2023年1月3日閲覧。 

関連項目編集